懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

クレジットカードで税金を支払うメリットとデメリット、支払方法とは?

更新

最近はショッピング以外に公共料金などをクレジットカードで支払う人も増えてきましたね。実は、税金もクレジットカードで支払えるようになったことはあまり知られてはいないようです。

かつては税金は現金のみの支払いだったため、時間を割いて金融機関やコンビニなどまで足を運んでいました。しかし、ここ数年で住民税はもちろん、源泉所得税や法人税などの国税までもクレジットカードで支払いが可能になっています。

税金をクレジットカードで支払うと、ポイントは貯まるの?手数料はかかる?分割はできる?など、さまざまな疑問が頭をよぎります。この記事では、税金をクレジットカードで支払う際のメリットとデメリット、支払方法などを解説します。

クレジットカードで支払える税金は?

平成28年度(2016年)の税制改正により、クレジットカードでの税金支払い(納付)が可能になりました。納税者の利便性を向上しつつ、税金の早期納付を目的として国税もクレジットカードで納付することができるようになっています。

数多くの税金がクレジットカードでの支払いが可能となっていますので、一覧をご覧ください。

【国税一覧】

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 法人税(連結納税)
  • 地方法人税(連結納税)
  • 消費税及び地方消費税
  • 申告所得税
  • 消費税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税(告知分)
  • 復興特別法人税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 酒税
  • 石油石炭税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 国際観光旅客税
  • 復興特別法人税
  • 酒税
  • 自動車重量税(告知分)
  • 登録免許税(告知分)
  • 印紙税
【地方税】

  • 住民税
  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 個人事業税
  • 都市計画税
  • 売却資産税
  • 不動産取得税など
【都税】

  • 法人都民税
  • 法人事業税
  • 地方法人特別税
  • 宿泊税
  • ゴルフ場利用税
  • 自動車所得税
  • 自動車税
  • 軽油引取税など
【利用できるクレジットカードの種類】

  • visa
  • mastercard
  • JCB
  • American Express
  • diners club
  • TS cubic card

税金をクレジットカードで払うと手数料がかかる

税金をクレジットカードで払う際には決済手数料がかかります。さらに、複数の件数を支払う場合には1件ごとに手数料が発生するので覚えておきましょう。

税額 決済手数料(税抜)
1~10,000円  73円
10,001~20,000円 146円
20,001~30,000円 219円
30,001~40,000円 292円
40,001~50,000円 365円

以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円+消費税がブラスされていきます。

税金をクレジットカードで支払うメリット5つ

現金でも支払える税金ですが、クレジットカード払いの方がメリットがあります。いつもクレジットカードで買い物をしている人に特におすすめです。

納付額に応じてポイント還元

クレジットカードを日々利用してポイントを貯めている人にとって、税金もクレジットカード払いにするとポイントが増えることが最大のメリットです。今はポイントは現金のように利用されているため、上手に貯めていきたいですね。

さまざまな税金をクレジットカードで払うと、支払う金額が大きくなるため付与されるポイント数も大きくなっていき、貯まりやすくなります。

クレジットカード会社によってはクレジットカード利用額で年会費が半額になる場合もあります。また、Yahoo!カードでは自動車税やふるさと納税、固定資産税、住民税などの税金を支払うことが可能で、Yahoo!ショッピングなどですでに貯まったポイントで支払いすることもできます。

クレジットカード会社によって対応に違いがあるのでチェックして、暮らしにちょっとした楽しみを与えてはいかがでしょうか。

クレジットカードなら手元に現金がない時でも支払い可能

うっかり忘れていて現金が手元にないという場合や忙しくてATMにさえ行く時間が惜しい時、金額が大きすぎて盗難などが心配でATMからおろせないという場合もあります。

さまざまな理由で現金が手元にない時でもクレジットカード支払いなら納付期日を守りながら支払うことができます。

クレジットカード払いなら24時間いつでも支払い可能

現金のみの支払いだった時は、わざわざ税金の支払いに時間を割く必要がありました。税務署や金融機関などの窓口は時間が限られているため、支払うのに困っていた人も多いはず。

しかし、クレジットカード払いのために移動することがなくインターネットが繋がる環境であれば、いつでもどこからでも支払うことが可能です。

夜中でも支払え、出張中や旅行先でも支払えます。税金を払うために時間を割いて銀行やATMに現金をおろしにいかなくて済むので時短にもなり、いつでも支払いができるので支払い漏れもなくなります。

クレジットカードなら税金も分割払い可能

現金での税金の支払いは原則1回でしか支払方法がありませんが、クレジットカードなら分割払いやリボ払いが可能です。

急な冠婚葬祭が立て続けにあったりと仕方のない出費が重なった時にクレジットカードなら遅れることなく税金を払うことができます。

各クレジットカード会社により違いがあるため、確認してから利用するようにしましょう。

クレジットカード払いなら金銭管理が楽チンに

日常の買い物をクレジットカードで行っているのに税金だけ現金となると、金銭管理に時間がかかっていたことでしょう。

しかし、税金の支払いもクレジットカードにすることでカード会社からの明細書に記載があるため管理の時間が短縮され、混乱することがなくなります。

いつでもカード会社からの明細で確認することができ、家計の収支が楽チンになります。

税金をクレジットカードで支払うデメリット3つ

税金をクレジットカード払いにするとメリットが多いですが、注意しておきたいこともあります。デメリットも把握して上手に税金をクレジットカードで支払いましょう。

手数料が発生する

最初に紹介した通り、税金をクレジットカードで支払うと金額によって決済手数料が発生します。

1件ごとの発生になるため、複数件数がある時にはいくらかかるのかを計算しましょう。また、金額が大きくなるほど手数料も大きくなるため注意が必要です。
手数料はポイント対象にはならないので覚えておきましょう。

領収書は発行されない

税金をクレジットカードで支払った場合、領収書は発行されません。クレジットカードで支払った場合にはカード会社から発行される明細書で確認することになります。

領収書が必要な場合には、金融機関などの窓口か、コンビニなどで支払いするようにしましょう。

また、納税証明書に関しては支払い手続き完了日から10日程度かかります。至急、納税証明書が必要な場合もクレジットカードでの支払いは避け、金融機関などの窓口かコンビニで支払うように気を付けましょう。

手続きの取り消しはできない

クレジットカードで一度税金を支払い手続きが完了すると、支払いの取り消しや変更ができません。さまざまな事情で税金の金額に変更があり、過払いになってしまった時には税務署での還付手続きが必要になります。

その際、クレジットカードで払った時に発生した決済手数料は戻りませんので確認してから支払うことをおすすめします。

クレジットカードでの税金の支払方法

クレジットカードで税金を払えるようになりましたが、コンビニなどでクレジットカードを使って税金を支払うことはできません。支払方法は主に2つです。

各自治体のHPから支払う

クレジットカードから税金を支払うには2つのHPにアクセスして、手続きを行います。

  • 国税クレジットカードお支払いサイト
  • 都税クレジットカードお支払いサイト

2つのHPはトヨタファイナンス株式会社が運営しているクレジットカード納付専用のサイトになります。どちらかにアクセスして支払いしましょう。

「Yahoo!公金支払い」を使う

Yahoo!JAPANではHPにアクセスすると、各税金が支払える「Yahoo!公金支払い」があります。支払える税金の幅が広く、すでに持っているポイントも使用できるため便利に利用できます。

【支払い可能な税金一覧】

  • 住民税
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税
  • ふるさと納税

ポイントも貯まっていくのでかなりオトクに支払いができます。しかし、対応している自治体が限られているので確認してみましょう。

税金をクレジットカードで支払ってみよう

クレジットカードを日々ショッピングで使用している人は税金でも利用してみるのがおすすめです。手数料がどれくらいかかるのかを把握していれば、ポイントも貯まりやすいのでオトクに。税金の支払う金額は大きいのでポイントも増えやすいのでおすすめです。

他にも現金が少ない緊急時でもクレジットカードなら支払いがすぐにできるということも◎です。延滞しないで済みますね。

仕事などで忙しく、出掛ける際にうっかりと支払用紙を忘れてしまったなんて時でもクレジットカードならすぐに空いた時間で税金を支払えるのも便利です。

日頃クレジットカードを利用している人もしていない人も税金をクレジットカードで払ってポイントをどんどん貯めましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット