懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

就職・転職を目指すなら覚えておきたい!優良企業の見極め方とは

更新

就職や転職を考える時、仕事内容や待遇などさまざまな希望条件がありますが、長く安心して働ける職場を求めて「優良企業」への就職を目指す人は多いのではないでしょうか?

しかし、優良企業と呼ぶ判断基準を理解していなくては比べられませんし、自分が重視する条件を満たしていなくては自分にとっての優良企業は見極められるはずもありません。

そこで今回はどのような企業のことを優良企業と呼ぶのか、その特徴と自分に合う優良企業の選び方をご紹介していきます。


優良企業に明確な定義はないが判断材料は押さえておこう

企業情報や求人情報のどこを見れば優良企業だと判断できるのでしょうか?就職や転職活動を始めるにあたり、その条件や判断基準を覚えておきたいと思いますが、実は優良企業の明確な定義はありません。

しかし、優良企業と呼ばれる企業にはこのような条件が当てはまることが多いので覚えておきましょう。

業績や売り上げが安定している
企業のサービスを利用するユーザーや株主が安心して取引できるのは、業績や売り上げが安定している企業でしょう。
将来性があり今後の発展が期待できる
国内外から注目される技術を持つなど継続性の高い事業を展開したり、将来性がある企業は今後の発展が期待できるでしょう。
社会に貢献できる取り組みをしている
社会に貢献できる取り組みをしている企業は地域の人々から信頼され、親しまれる企業として更に成長することが見込まれます。
離職率が低く平均勤続年数が長い
離職率が低かったり平均勤続年数が長いということは、企業で働く多くの社員にとって働きやすい環境であることを表します。
銀行が取引をする上で正常先と判断する企業
銀行が企業との取引を続けていくためには財務内容で信用の格付けし、正常先と判断された企業の中でもさらに優良と判断された場合は有利な条件で融資を受けられることもあるようです。
このように、優良企業として認められるためには働く労働者の目線だけでなく、企業のサービスを利用するユーザーや地域社会にとっても信頼される企業であることがポイントとなります。

労働者目線から考える働き続けたい企業とは?優良企業の見極め方

就職・転職活動をする人が気になるのは、労働者目線の長く働き続けたいと思える環境であるかという部分でしょう。

優良企業を見分けるためには、労働者がチェックしておくべきポイントを念頭に置いて見比べる必要があります。

経営状態が良ければ倒産のリスクが低い

優良企業の条件で見てきた通り、業績や売り上げが安定し経営状態が良いということは労働者にとってもメリットと言えます。

業績や売り上げが安定し将来性があれば倒産やリストラのリスクが低くなるので、安心して働ける環境となるでしょう。

離職率や平均勤続年数から満足度が見える

先ほども優良企業を見分ける判断材料としてご紹介しましたが、離職率や平均勤続年数を見比べると実際に勤める社員の満足度を判断できるでしょう。

離職率は社内環境や制度などに不満を抱き「働き続けられない」と判断した人の数値であり、平均勤続年数は働き方に満足し「働き続けたい」と思った人の数値となるのです。

実際に働く社員の意見は聞けなくとも離職率や平均勤続年数の数値から社員の満足度見ると、労働者目線の優良企業であるか見極める材料となるはずです。

有給取得など労働者に優しい制度を設けているか

有給休暇は労働者に与えられた権利ですが、社内の雰囲気や暗黙のルールで有給を気軽に取れない職場は少なくありません。

優良企業は有給取得率アップのための対策を取っているケースも多く、そのほかにも労働者に優しい制度が設けられていることもあるようです。

労働者に優しい制度の例
  • 男性の有給休暇
  • 介護休暇
  • リモートワーク
  • 時短勤務
  • フレックスタイム
労働者に優しい制度が充実していればライフスタイルの変化にも対応しやすいので、長く働くことを想定するなら有給取得率や労働者に与えられる制度とその実績を見比べてみることをおすすめします。

残業代の支払い方法は要チェックポイント

残業代の支払い方法として誰もが一度は目にした事がある「固定残業制度」ですが、実はこの残業代の支払い方法には大きな穴があります。

固定残業制度は、残業の有無や残業時間に関係なく毎月一定の金額の残業代を支給するという制度ですが、この制度では決められた金額以上の残業代は支払われないという事になります。

本来残業手当の算出は、残業時間に見合った金額を支払うことが定められているため、あらかじめ決められた固定残業代以上は支給しないという企業を優良企業と呼ぶには疑問が出てきます。

中小企業の優良企業は「隠れ優良企業」と呼ばれることがある

インターネットで優良企業を検索すると数値から分析した大手優良企業の名前が挙がってくるかもしれませんが、知名度や規模は優良企業の条件ではありません。

優良企業は今見てきたようなポイントをクリアする企業が該当するため、あまり知られていない中小企業の中にも優良企業は存在しています。

企業間取引をする企業や専門的な分野に特化した中小企業にも注目してみると、自分にとっての優良企業が見つけられることもあるはずです。

優良企業を見つけるためにはポイントを押さえて情報収集しよう

優良企業への就職・転職を目指すなら積極的に情報収集をする必要がありますが、どのような方法でどこに注目して情報を見比べていけば良いのかを一緒にチェックしていきましょう。

求人情報サイトからまずはチェック

就職や転職を意識し始めた時、気軽に情報を入手する方法としてまず思い浮かべるのはPCやスマホからも閲覧できる求人情報サイトです。

求人情報サイトには企業の基本情報や待遇などが掲載されているので、その情報から「自分に合った働き方ができるのか」「優良企業と呼ぶにふさわしい制度が設けられているのか」などをチェックしていきます。

しかし、給与や待遇の項目が具体的に書かれておらず「応相談」などの表記が多い場合は、情報だけでは判断しかねるので、応募する場合は曖昧な部分をクリアにしてから判断する必要があるでしょう。

また、求人情報の内容だけでなく求人募集を掛ける頻度や期間にも注目し、いつ見ても求人募集をしていたり長期間募集し続けている企業は社員の定着率が低い可能性があるので要注意です。

企業のIR情報にも判断材料がある

企業のホームページには投資家向けにIR情報が掲載されており、そのデータから企業の強みだけでなく弱みとなり得る事実も把握できます。

業績の推移や経営戦略などは財務状況や将来性を読み取る手助けになりますし、今後の企業戦略を見ると自分の考え方や働き方に合っているか見極めることにも役立つでしょう。

ニュースの客観的な目線も重要

ニュースでは国内外で注目を集めている企業のサービスや商品を話題にしていますし、インターネット上で企業名を検索すればネットニュースでその企業について書かれた記事が出てくることもあるはずです。

企業以外から客観的な目線で発信された情報は良くも悪くも企業の特色が浮き彫りになりやすく、優良企業であるか判断するための重要な情報となり得るでしょう。

会社説明会やインターンシップで雰囲気がわかる

求人情報サイトや会社のホームページからデータは見られますが、会社説明会に参加すればデータの補足説明や生の声を聞けるでしょう。

また、説明を受けた上で気になることがあれば直接質問できるので、企業への理解は深まるに違いありません。

企業理解が深まり志望の意思がある場合はインターンシップに参加し、実際に働きながらリアルな職場の雰囲気や仕事内容をチェックすることもおすすめです。

じっくり情報収集して、あなたにとっての優良企業を見極めよう

優良企業に明確な定義はありませんが、安心して働くためにチェックすべきポイントは覚えておくと役立ちます。

優良企業への就職・転職を目指すなら企業情報によく目を通し、データから企業の将来性や社員の定着率をチェックすることは重要な判断材料となるでしょう。

また、制度や待遇などの観点からあなたにとっての優良企業を判断するためには、ライフスタイルやライフプランに合わせて重視するポイントをじっくり考えながら見極めていきましょう!

この記事をシェア

 
チャンスイット