懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

「青春18きっぷ」て何?知っておきたいことや上手な使い方

更新

旅行をする時、鉄道を使っていろんなところへ行きたいと思っても意外にかかるのが運賃です。

列車の旅を楽しみたいけれど思っていたよりも運賃がかかってしまうため、新幹線や飛行機を利用するという人もいます。

新幹線や飛行機は早く目的地に到着しますが、列車の旅のような移動時も旅行を楽しむと意味は薄れてしまいます。

列車の運賃を安くしたいと調べると、よく出てくるのが「青春18きっぷ」です。

名前は聞いたことあるけれど、実際に使ったことがないし、使い方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

青春きっぷを使う方法や購入方法、そもそも青春18きっぷとはどういうものかなど気になることについて紹介します。

青春18きっぷは購入時期や利用期間が決まっている

そもそも「青春18きっぷ」という言葉は聞いたころがあるけれど、使い方や詳細は知らないという人もいるかと思います。

青春18きっぷとは、

  • 全国のJR線の普通・快速列車(普通車自由席)
  • バス高速輸送システム(BRT)
  • JR西日本宮島フェリー

を自由に乗降できる切符になっています。

特定の行き先があっても、普通・快速列車の普通車自由席であれば途中下車が何度もできるということになります。

名前が「青春18きっぷ」となっているため18歳以下しか使えない、学生限定のものと思っている人もいるようですが、利用するのに年齢制限はありません。

青春18きっぷはちょっと独特で、次のような利用条件があります。

  • 1枚の切符で1人5回、もしくは5人で1回などの利用が可能
  • 1回の有効期間は乗車日当日限り
  • 利用期間内であれば5回に分けて使うことが可能
  • こども料金はない
  • グループでの利用は同一行程のみ利用可能

5日間連続で使えたり、5人で日帰り旅行ができたりといろいろな使い方ができるので、とても便利な切符です。

切符に日付の入ったスタンプを押してもらう方法なので、自動改札機ではなく駅員さんがいる駅改札口でスタンプを押してもらいます。

無人駅の場合は、車掌さんにお願いして日付の記入をしてもらう必要があるので注意しましょう。

青春18きっぷは発売期間や利用期間がある

そんな切符なら、列車旅行をする時は使ってみようと思いますよね。でも青春18きっぷはいつでも販売されているわけではありません。

発売期間や利用期間が決まっているので、その時期でしか使うことはできません。

発売期間や利用期間はある程度毎年決まっていますが、購入前に必ずJRのホームページなどでチェックするようにしましょう。

今回は、一例として今年の発売期間と利用期間を見てみましょう。

発売期間 利用期間
春季用 2019年2月20日(水)
  ~2019年3月31日(日)
2019年3月1日(金)
  ~2019年4月10日(水)
夏季用 2019年7月1日(月)
  ~2019年8月31日(土)
2019年7月20日(土)
  ~2019年9月10日(火)
冬季用 2019年12月1日(日)
   ~2019年12月31日(火)
2019年12月10日(火)
   ~2020年1月10日(金)

利用期間を見ると分かりますが、夏休みや冬休みといった長期休暇中も利用が可能です。

上手に使えば、夏休みや冬休みに列車旅行を楽しむことができるため、青春18きっぷは幅広い世代に人気です。

青春18きっぷにこども料金はない

電車の場合、おとな料金とこども料金がありますが、青春18きっぷにはこども料金はありません。

金額は5日分(5回分)で、一律12,050円になります。

購入できる場所は次の場所です。

  • JRの主要駅の窓口
  • 指定席券売機
  • 旅行会社

青春18きっぷは購入時の枚数制限はありません。また、基本的に指定席ではないので売り切れて購入できないということもありません。

ただし、青春18きっぷは販売期間が決まっているため、その期間以外は購入が出来ないので注意しましょう。

また、安いからといって大量購入しても使用期間が決まっています。その期間内に使い切らないとチケットは無効になってしまいます。

しかし、青春18きっぷを購入したけれど諸事情で使う期間がなくなった場合は、条件に当てはまれば払い戻しができます。

有効期間内かつ未使用の場合 11,875円-手数料220円(11,675円)
使用開始後の場合 払い戻しなし
1回でも使用したもの 払い戻しなし
運行不能・遅延の場合 払い戻しなし

払い戻しをする場合、全額戻ってくることはありません。また、運行不能や遅延でも払い戻しがないので、購入する際は注意が必要です。

鉄道が事故や災害で不通になった場合、代行バスが出ている場合はそちらでの利用は基本的に可能となりますが、対応していない可能性もあるので乗る際には必ず確認をしましょう。

青春18きっぷでも使い方でグリーン車などに乗ることもできる

青春18きっぷは基本的には普通・快速列車(普通車自由席)に利用できる切符です。

しかし、グリーン車や指定席に乗りたいということも出てくる可能性があります。

そういう時は切符を買いなおすのではなく、青春18きっぷを使って替えをすることも可能です。

普通・快速列車のグリーン車(自由席)を利用する場合、青春18きっぷの他に「グリーン券」を購入すれば、グリーン車の利用が可能となります。

また、普通・快速列車の普通車(指定席)を利用する場合、座席指定券を別途購入すれば青春18きっぷと併用して利用することができます。

指定席の場合、次期によっては購入できなかったり利用が難しいことがあります。

青春18きっぷを利用して普通車指定席を利用する場合は、JRの窓口で確認しながら購入するのをオススメします。

何度も記載していますが、青春18きっぷは普通・快速列車に使うことができますが、特急・急行列車には使うことができません。

しかし、一部の区間では例外的に特急列車に乗車することができます。その際も自由席のみとなります。

石勝線 新夕張~新得
奥羽本線 新青森~青森
宮崎空港線 宮崎~宮崎空港
佐世保線 早岐~佐世保

青春18きっぷで特典を受けることもできる

日帰り旅行の場合は宿泊を考えなくてもいいですが、長期の旅行になると宿泊も考えなくてはいけません。

青春18きっぷを使って列車の旅をする時、列車の費用は抑えられたけれど宿泊費がかかってしまうと何だか損をした気分になってしまいます。

青春18きっぷは、宿泊費の割引特典を受けることができる場合があります。

  1. 事前にJRホテルグループ予約センターで宿を申し込む
  2. チェックイン時に青春18きっぷを提示する

たったこれだけです。これで宿泊料金の割引などを受けることができます。

ただし、一部のホテルでは割引サービスに対応していないこともあるため、電話で予約する際に必ず確認をしておくようにしましょう。

また、第3セクターと呼ばれる鉄道の割引切符が購入できるところもあります。

全ての第3セクターが対応しているわけではないので、必ずホームページなどで情報を確認しておきましょう。

青春18きっぷを使って楽しく快適に旅をするには無理は禁物

青春18きっぷは当日であれば乗り放題です。そのため、欲で少しでも遠くへ!と無理をして疲れてしまうことがあります。

「もう青春18きっぷは使わない」という人の大半が無理をしたり、無謀なスケジュールを組んだりした人です。

青春181きっぷを使って楽しく快適に旅をするにはいくつかポイントを押さえておく必要があります。

その1.ラッシュ時や混み合う時期は避ける

当日は乗り放題なため、朝早くから列車での移動を考えると思います。

平日だからそんなに混み合わないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、出勤・通学ラッシュに巻き込まれる可能性があります。

ラッシュに巻き込まれると、せっかく旅行を楽しみにしていたのに疲れてしまい断念なんてことになりかねません。

また、夏休みや春休みも混み合う時期に利用すると移動だけで疲れてしまいます。

なるべく混み合う時期やラッシュ時は避けるようにスケジュールを組みましょう。

その2.時間に余裕をもってギリギリの乗車は避ける

青春18きっぷは自由席です。ギリギリの乗車だと席を確保することが難しくなる可能性があります。

自由席の場合、早くから並んで席を確保する人もいますが、最低でも発車10分前にはホームについておくようにしましょう。

列車によっては発車15~20分前から停車しているものもあるので、長時間列車に乗る場合には早め早めの行動を心がけるようにしましょう。

その3.乗車する際にトレイがどこにあるかチェックする

長時間列車に乗る場合、やはりトイレが気になります。お腹が弱い人やトイレが近い人は特にチェックしておく必要があります。

また、あまりトイレから離れた車両だと帰ってきた時に誰か他の人が座っていたなんてこともあるので、移動距離を短くすることも大事です。

その4.食事は車内ではなくお店でする

列車の旅の醍醐味の1つが駅弁です。車内でみんなで楽しく駅弁を食べるのが楽しいという人もいると思います。

車内で駅弁を食べるのもいいのですが、乗り継ぎが多い場合は駅弁を食べていると間に合わなかったり、慌ててしまいいろいろミスをしてしまう可能性があります。

また、車内で飲み食いばかりしているとトイレも近くなりますし、自由席なので周りの人に迷惑をかけてしまうことも。

その5.疲れた時はグリーン車や指定席を利用する

上記でも書きましたが、青春18きっぷは特急のグリーン車(自由席)や、普通・快速列車の指定席を利用することもできます。

旅行をしている時、少し疲れたなと感じた時は無理をせずにグリーン車や指定席を利用することも重要です。

無理をして自由席で移動して疲れてしまっては楽しい旅行が台無しになってしまいます。

青春18きっぷを上手に使って楽しい列車旅を満喫しよう

青春18きっぷは年齢関係なく利用することができる、お得な列車の切符です。

列車旅を楽しみたい人はもちろん、グループで日帰り旅行をしたい時や帰省などにも利用できます。

ただし、販売期間や利用期間が決まっているのでいつでも使えるわけではありません。

また、青春18きっぷは普通・快速列車の自由席のみ使えます。別額支払えば指定席や特急のグリーン車(自由席)も利用ができます。

青春18きっぷを上手に使えば、列車旅も楽しくなります。

いつも新幹線や飛行機で移動していた人も、青春18きっぷを使ってたまにはのんびり移動してみるのもいいかもしれませんね。

この記事をシェア

 
チャンスイット