懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

洋服代を節約する方法を紹介!無駄を減らしてオシャレを楽しもう

更新

皆さんは毎月洋服代でどのくらい使っていますか?

ショップに行くと、つい欲しくなって洋服を買ってしまう人もいるでしょう。最近はネット通販も増えているので、ネットで買ってしまう人もいるかもしれませんね。

洋服代を節約したいけど、うまくいかなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

洋服代を節約してもオシャレを楽しめる方法があればきっと洋服をたくさん買いすぎることはないはず。

ここでは、洋服代を節約しながらオシャレも楽しめる方法について紹介していきます。

洋服代にかける金額はいくらくらい?

自分の洋服代が多いのか少ないのか分からないという人もいるでしょう。

一般的には洋服代はどれくらいかかるものなのでしょうか。

総務省が発表した2017年度の家計調査では、次のようなデータが出ています。

男性の服飾費用 4,358円
女性の服飾費用 6,957円

上記は単身世帯で、1世帯あたりの1ヶ月の服飾費用となっています。

この金額だけを見るとあまり高く感じないのですが、1年(12カ月)だと83,484円。結構な金額になりますね。

ちなみに洋服代は「収入の2%が理想」とよくいわれます。それくらいが家計にも負担をかけない金額であるということです。

この方程式でいくと、月収20万円のひとは1ヵ月の洋服代は4,000円がベストということになります。

毎月洋服を買うわけではないので、このくらいでも十分かもしれません。とはいえ少ないと感じる人もいるでしょう。

洋服代を予算の範囲内に収めるには、どうすればいいか見ていきましょう。

洋服代の節約方法その1:流行りものばかり購入しない

洋服を買う時、その季節や年代にあった流行りのものがどうしても欲しくなります。

お店にもたくさん並んでいるので、つい流行り物ばかり買ってしまうというひともいるかもしれません。

流行りものはオシャレには必要不可欠ですが、来シーズンにはもう流行っていない可能性が高いです。

そうなると毎年新しい服に買いかえなくてはいけなくなり、出費がかさみます。

購入する洋服の全てを流行りものにせず、1~2アイテムぐらいに押さえるのがおすすめ。そうすることで節約にもつながります。

また、使い勝手のいいアイテムで購入すれば、流行りが終わって外出時に着られなくなっても自宅用として利用ができますね。

洋服代の節約方法その2:基本のアイテム・基本の色のものを揃える

着回しが分からない人は基本のアイテムや基本の色のものを揃えるのがおすすめ。無駄買いが減り、結果的に洋服代を節約することができます。

【基本の色】

  • グレー
  • ブラウン
  • ベージュ

上記の色が、洋服基本の色と言われていて、どんな色とも合わせやすい色です。一方、基本のアイテムとしておすすめしたいのが次のもの。

【基本のアイテム】

  • 白シャツ
  • ニット
  • Tシャツ
  • デニム
  • 単色のシンプルなスカート
  • 黒パンツ
  • シンプルで質の良いアウター(コート)

これらを揃えるだけでも着回しができるようになっています。

基本のアイテムはどんなアイテムとも合わせやすいです。1つずつでいいので持っておくとよいでしょう。

洋服代の節約方法その3:好みではなく自分の体型に合った似合うものを選ぶ

せっかく購入したのにタンスの肥やしになっている洋服はありませんか?

こういった洋服の中には「いいなと思って買ったけれど似合わなかった」というものもありますよね。

タンスの肥やしが多いということは、それだけ洋服代を無駄にしているということ。

そうならないためにも、まずは好みではなく自分の体型や似合うものを選ぶことが大事です。

  • 雑誌でよく見かけるから買ったけど似合わなかった
  • 試着した時はいいかなと思ったけど家で着たらイマイチだった

購入後にこのようなことにならないように、まずは自分に合う色や洋服の形などを知っておく必要があります。

自分で見つけるのが難しいという場合は、友達や家族に買い物についてきてもらい、見てもらうというのも1つの方法です。

洋服代の節約方法その4:洋服を購入する店を決めておく

洋服を買う店を決めておくと自分に合った洋服を見つけやすくなります。

ずっと通っているとお店の方とも顔なじみになりますね。好みを把握してもらえて、アドバイスをもらえることも。

客観的な意見を聞けるので、自分に似合う服を見つけやすくなります。

また、決まったお店で洋服を購入するとコンセプトが同じ洋服が揃うので、着回しもしやすくなるという点もメリットです。

洋服代の節約方法その5:洋服を購入する時期を考える

洋服を購入する時期を考えて買っていますか?購入時期を考えて購入することで洋服代の節約につながることもあるんですよ。

なるべく早めにシーズンのものは購入する

シーズンものは、必要になったときに購入するのではなく、早めに購入するのがおすすめ。その理由は、品数です。

シーズンの始めは品数が揃っているため自分が本当に気に入るものを見つけやすくなります。

シーズン半ばになって購入すると商品の品数自体が少なくなってくるため、自分が本当に気に入ったものが見つからない可能性も。必要にかられてあまり気に入らなくても購入してしまうこともあるでしょう。

そうなると結局タンスの肥やしになるなど、無駄にしてしまう危険もあるのです。

目的がない時にバーゲンに行かない

「バーゲンにはとりあえず行く」という人もいます。

これが欲しいという明確な目的がある人はバーゲンを上手に利用するのも節約の1つ。

しかし、とりあえず行ってみようという気持ちでバーゲンへ行くと失敗する可能性があります。

バーゲンに行くと価格の安さにばかり目が行き「安いから」と購入してしまうことも。

帰って冷静に考えると似たようなものを持っていたり、自分には似合わなかったりすることもありますね。

目的がない時は、バーゲンに行かないのも重要です。

洋服代の節約方法その6:商品の値段を複数の店舗やサイトでチェックする

基本のアイテムや、決まった店舗で購入しなくてもいい洋服の場合、複数の店舗や通販サイトで料金のチェックをしましょう。

同じ商品でも店舗やサイトによって料金がかなり違う場合があります。

特に通販サイトの場合、商品代金だけではなく送料なども関係するため、1つのサイトだけではなく、いくつかの通販サイトを見て比較することが重要です。

また、古着などでも抵抗がない人はオークションサイトやフリマアプリを利用すると、さらにお手頃な料金で商品を購入することもできます。

洋服代の節約方法その7:1つのタンスやクローゼットに全ての洋服を入れる

自分が今、どれくらいの洋服を所持しているかしっかりと把握している人はどのくらいいるのでしょうか。

洋服の無駄買いをしている人の中には、「きっと持っていなかったはず」という曖昧な記憶で購入して、同じようなものや似たものがタンスにたくさんという人もいます。

自分がどういう服を持っているかを把握するためにも、衣替えの時に洋服を入れ替えるのではなく1つのタンスやクローゼットに全ての洋服を保管するのも効果的です。

クローゼットがいっぱいになったら買わない、と決めてしまうのもよいでしょう。

洋服代の節約方法その8:長く使いたいものは質の良い高いものを購入する

「洋服代を節約する=安いものを買う」と思いがちですが、そうではありません。

安いものばかりを購入したからと言って節約に繋がるわけではなく、使い分けが大事になります。

  • コート
  • スート
  • ワンピース(シンプルなもの)
  • ニット(シンプルなもの)

上記のように流行りがないものは、質の良い高いものを購入した方が長く使えてお得。

特にコートなどは、安いものを購入すると毛玉ができやすかったり、生地の傷みが早かったりということもあります。

質の良い高いものは最初の出費が大きいですが、長く使えるのでコスパは良くなります。

洋服代の節約方法その9:必要だけれどあまり着ないものは家族で共有する

洋服の中には、「あまり着ないけれど必要なもの」というのがあります。

  • 結婚式用の洋服
  • スーツ
  • ジャージ

特に上記のような洋服は、毎日着るものではありません。

もし家族で同じような体型の人がいる場合は、共有することで無駄な洋服を購入する必要がなくなります。

その他にも、コートなどのアウターは家族で共有することで複数買わなくてもコーディネートを楽しむことができます。

若い世代は友達どうして洋服をシェアするという人もいるようですが、洋服の破損や汚れでトラブルに繋がることもあるので、家族内での共有に留めておくのがベストです。

洋服代の節約方法その10:いらなくなった洋服は捨てるのではなく売る

自分が着なくなった洋服をずっとタンスの中に入れておいても邪魔になるだけです。

いらない洋服は処分するようにしましょう。

  • 2シーズン以上着ていないもの
  • 上手く着こなせずタンスの肥やしになっているもの
  • 流行りが終わったもの
  • 高くてなかなか捨てられないもの
  • 昔好きだったブランドもの

もう着ないと思った洋服は、古着を買い取ってくれるショップやフリマアプリで売るのも手です。

ただし、出品前に洗濯をする、破損がひどいものは出品しないなど最低限のマナーは守りましょう。

フリマアプリなどで売ったから洋服代が節約できるというわけではありませんが、自分のいらない洋服を売ることで利益を得ることができます。

次の洋服を購入する資金にもできますね。

洋服も上手に節約すればオシャレも楽しめる

洋服に費やすお金を節約するとなると、オシャレは楽しめないものと思いがちですがそうではありません。

数は少なくても基本のアイテム・基本の色のものを揃えることで使い回しがしやすくなります。

またお気に入りのお店を見つけ洋服はそこで購入すると決めるのもおすすめ。似合う洋服をアドバイスしてもらえたり、合わせやすい洋服が揃ったりするなどのメリットがあります。

オシャレは流行を追っているからいいというものではありません。流行り物はすぐに着られなくなり無駄になることも。1~2アイテムにおさえておくほうがよいでしょう。

自分に似合うものを購入する、購入時期を選ぶ、長く着るものは質の良いものを選ぶなど、ポイントを抑えて洋服代をうまく節約しましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット