懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

あの人のキーボード(タイピング)の音がうるさい!6つ方法を試そう

更新

「カタカタカタッターン!」とキーボードを壊すのではないかと思うくらい、タイピング音がうるさい人が職場にいませんか?激しいタイプ音から生まれる騒音は、イライラを増幅させたり、人間関係悪化の原因になりかねません。
この記事では主に、相手のキーボード(タイピング)音を自分で軽減する方法。相手に静かに打ってもらうように直接交渉する方法をご紹介していきます。全部で6つあるので、自分にあうやり方を探してみてください。
カタカタ音がうるさくてイライラしてしまうという方はもちろん。「エンターキーだけ激しいあの打ち方止めさせたい!」と思っている方や、「あの人の性格は嫌いじゃないけど、タイピングがうるさくて…」という悩みを持っている方におすすめの記事です。

聞こえてくるタイピング音を自分で和らげる方法

気持ちよく作業している相手と衝突しないように、セルフで対策する方法3つです。

可能であれば耳栓をしてしのぐ

作業中はイヤホン・耳栓OKという職場の場合は、耳栓で音を遮断してみましょう。小さな話し声や、タイピング音が聞こえづらくなって目の前の作業に集中しやすくなります。

耳栓をしていても意味が無いほど激しいという場合は、耳に入ってくる環境音を小さく調整できるイヤホンもあるので、試してみてください。

どうにかしてくれるように上司に相談する

キーボードを叩いている本人は音が大きいことに気づかないことはよくあります。これは、人間の耳は頭の左右についているので、正面からではうるさく感じないからです。
聞いている場所によって隣や後ろ隣のため耳に直接届き、うるさいと感じてしまいます。

自分のキーボード音を客観的に聞きたい場合は、デスクの右端か左端に録音機やスマホの録音機能を使ってタイピング音を取ってみてください。自分の音なのにうるさかったり、イライラするかもしれません。

あまりに耐えられなかったら、上司に席替えを提案してみたり、席を離してくれるように相談してみたりするのもおすすめ。上司も「あれ気になるよね」と、困っているかもしれません。
音の元が上司の方であったらとても言いづらいと思います。そんなときは一人で抱え込まず、同僚に愚痴をこぼしてみましょう。

うるさいと思うのはなぜかを振り返ってみる

時期によっては、キーボードの音がうるさいと感じるようになる。そういった場合は、じっくりとうるさいと感じる状況を振り返ってみましょう。
たとえば、いつもは静かなのにうるさいときがある人の場合は、その人の爪をよく見てみると、爪が伸びてカチカチと当たっていたり。その人がイライラしているときに叩く音がうるさくなったり。とうるさくなる原因が分かります。
また、自分自身いつもは平気なのに、イライラしていると気になってしまうなど。うるさいと感じる状況を分析するとイライラが軽減されます。
キーボードの音で「あの人イライラしてるんだな」と察したり、「自分は今すごいストレスを感じているんだな」と分かってくるようになります。

穏便にタイピング音を静かにしてもらう方法

うるさいと感じる相手へ直接交渉をしにいく3つの方法。これが成功できれば、キーボードの騒音から解放される可能性が高くなります。

音の元の人に「うるさい」と直接言う

騒音を生み出している人の元へ、「キーボードの音がうるさいんですけど…」と直接言いに行く方法。
その一言で人間関係の亀裂が生じかねないので穏便に伝えるのがコツ。タイピングに自信がある人の場合は、プライドを傷付けかねないので慎重に伝えましょう。
または、直接うるさいとは言わずに、「頑張ってますね!打ってて疲れないんですか?」と遠回しに言ってみるのもおすすめです。

うるさいのを直したいけれど、癖で戻ってしまうという方もいます。そういった悩みを持っている方の場合は、うるさくなったら声をかけたりなど、一緒に直すお手伝いをしてあげましょう。

樹脂性のキーボードカバーをすすめてみる

樹脂性のキーボードカバーは、キーボードにかぶせると騒音が収まります。これを「タイピングしやすいので使ってみませんか?」と音の元の人にすすめてみましょう。
ですが、キーボードにこだわりのある人の場合は「打ちづらい」と言ってカバーを外してしまうかもしれません。

最終手段として、強く叩いても音が鳴りづらい、静音のキーボードを「ためしにこっちを使ってみてください。きっと使いやすいですよ!」と無理矢理渡すということをしてみましょう。

うるさくしてやり返してみる。新たな騒音を生むので注意

あっちがうるさいならこっちもうるさくしてみよう。と、いじわる心を発揮した方向け。しかし、騒音が二倍になるので、うるささは最悪です。
いつもの騒音にガマンしているかもしれない周りの人の迷惑になるのであまりおすすめしませんし、大きな音を出すような打ち方をすると指を痛めます。
また、相手が気づいて話しかけてきてくれるなら大成功ですが、大抵は作業に集中しているため、聞こえないかもしれません。
相手のキーボード音を自分の席から録音したものを後で聞かせるのが良いかもしれませんね。

寛大な心を持って、あの人のキーボード音と向き合ってみて

ここまで、聞こえてくるキーボード(タイピング)音を抑える方法を6つご紹介してきましたが、改善が無理な場合は諦めるというのも考えましょう。キーボードの騒音が原因で転職を考える方もいます。
この記事を読んだら、自分のキーボードの音はうるさくないかを周りの人に聞いてみるのをおすすめします。

この記事をシェア

 
チャンスイット