懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

TOKYUルートでマイルを貯めよう!交換率75%で手間も少ない

更新

ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに効率よく交換できる「ソラチカルート」は、東京メトロポイントを経由すると高い交換率でANAマイルに交換できる!と、陸マイラーの間ではおなじみでしたが、その「ソラチカルート」が2019年末で終了することになりました。

ソラチカルートについて、詳しくは「ソラチカルートはANAマイルを貯める裏ワザ!仕組みを詳しく解説」の記事をご覧ください。

そこで、「ソラチカルート」に代わるものとして注目されたのが2019年6月に開通した「TOKYUルート」です。交換率は75%となり、ソラチカルートの81%を下回りますが、2020年度からはこの「TOKYUルート」が業界内で最高倍率の交換ルートとなるんです。

ここでは、ソラチカルートに代わる「TOKYUルート」について、詳しく解説していきましょう。

ソラチカルートの後釜の「TOKYUルート」とは?

「TOKYUルート」とは、ポイントサイトで貯めたポイントを「ドットマネー」というポイント交換サイトを経由してから「TOKYUポイント」へ交換し、「ANAマイル」へと交換できるルートのことです。

「ポイントサイト」→「ドットマネー」→「TOKYUポイント」→「ANAマイル」

それぞれについて、次から見ていきましょう。

TOKYUルートの手順1:ポイントサイトでポイントを貯める

「TOKYUルート」を利用するためには、交換先に「ドットマネー」があるポイントサイトでポイントを貯めましょう。

交換手数料 交換日数 最低交換P  交換上限額
ハピタス 無料 3営業日 300円分 月30000円分
モッピー  無料 リアルタイム 500円分 なし
すぐたま 無料 リアルタイム 500円分 月15000円分
ゲットマネー 無料 4営業日 500円分 1回10000円分
ちょびリッチ 無料 リアルタイム  500円分 1日30000円分
ライフメディア 無料 翌営業日 500円分 1日10000円分
ポイントインカム 無料 翌営業日 1000円分 1日10000円分

大手の名の知れたポイントサイトならたいてい交換先に「ドットマネー」はあります。利用する前に交換日数や交換上限額など、確認しておきましょう。

TOKYUルートの手順2:ポイントを「ドットマネー」に交換する

「ドットマネー」とは、アメブロが運営しているポイント交換サービスです。数多くあるポイントサイトのポイントやクレジットカードのポイントを、「ドットマネー」にして手数料無料で他のポイントや電子マネー、現金などに交換できるサービスなのです。

さまざまなポイントをひとまとめにして管理して交換できるので、集めたポイントを全て「ドットマネー」にしてから交換率100%で「TOKYUポイント」にするのがおすすめです。

まずは、「ドットマネー」に登録しておきましょう。

ポイント交換最低額は300マネーから可能となり、月に最大10万マネーまで交換可能です。

また、1日~15日までの申請は、当月中に完了し、16日以降の申請は翌月中旬に完了となります。

TOKYUルートの手順3:ドットマネーを「TOKYUポイント」に交換する

「TOKYUポイント」とは、TOKYUポイント加盟店での買い物や東急電車やバスの利用によって付与されるポイントのことで、貯めたポイントはTOKYUポイント加盟店での買い物やPASMOチャージに使えます。

今回陸マイラーに注目されているのが、TOKYUポイントのANAマイルへの交換です。

TOKYUルートにはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード必須
「ドットマネー」からANAマイルに交換できる「TOKYUポイント」にするためには、TOKYUカードが必要となりますが、いくつかあるTOKYUカードの中でも【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】を作らなければなりません。

このカードだけがTOKYUポイントをANAマイルに交換率75%で交換できるのです。ちなみに他のTOKYUカードの場合は50%なので、1.5倍もお得なのがわかりますよね。

このカードが届いたら、ポイント移行するために必要な「TOKYUポイントウェブサービス」に必ず登録しましょう。ドットマネーからTOKYUポイントへと申請するときに必要な「メールアドレス」を登録することになるので、間違わないように注意です。

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】の年会費は初年度無料。二年目以降は2000円です。ただし、年会費割引制度(マイ・ペイすリボ登録と年一回以上のカード利用)で年会費が751円になったり、毎年継続ボーナスが1000マイルもらえたりするので、継続所有するのも難しくはないでしょう。

TOKYUルートの手順4:TOKYUポイントを「ANAマイル」へ交換する

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】を保有していることで、75%の交換率で交換できます。これにて「TOKYUルート」完了です。

TOKYUポイントは1000TOKYUポイントから交換可能となり、750ANAマイルに交換できるのです。
TOKYUポイントからANAマイルへの交換では年間上限額はなく、一週間で移行完了となります。

TOKYUルートを活用するならメリットと注意点を知っておこう!

「ソラチカルート」に代わる「TOKYUルート」を有効に活用するためには、メリットを享受するための注意点を把握しておくことが大切です。

「TOKYUルート」のメリット

「TOKYUルート」は「ソラチカルート」よりも交換率が低いです。とはいえ、「TOKYUルート」にも多くのメリットがあります。

TOKYUポイントからANAマイルへの交換上限がない
TOKYUポイントからANAマイルへの交換上限はありません。ただし、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換は月に10万ポイントなので、実質貯められるのは毎月75000ANAマイルまでということになります。

「ソラチカルート」の場合、東京メトロポイントからANAマイルへの交換上限は20000ポイント=18000ANAマイルだったので、上限はTOKYUルートのほうが上ですね。

経由地が少ない
ポイントサイトによって複雑な経由地が2~5箇所ある「ソラチカルート」に比べて、「TOKYUルート」は経由地が2箇所と少なく、わかりやすく手間も少ないのが魅力です。
ANAマイルになるまでの期間が短い
貯めているポイントがドットマネーを経由してTOKYUポイントになり、ANAマイルまで交換完了する期間は最短3週間です。2か月ほどかかるソラチカルートに比べて経由地が少ない分早く交換できます。

  • 「ポイントサイト」→「ドットマネー」:リアルタイムor最大5営業日
  • 「ドットマネー」→「TOKYUポイント」:2週間~最大1ヶ月
  • 「TOKYUポイント」→「ANAマイル」:約1週間

ポイントサイトによっては、ドットマネーにリアルタイムで交換ができます。また、ドットマネーからTOKYUポイント交換の申請を15日までに行うことで、より早くANAマイルに交換できるのです。

「TOKYUルート」を利用する際の注意点

よりお得にANAマイルをゲットするために、「TOKYUルート」の注意点をチェックしておきましょう。

各ポイントの有効期限に注意
ドットマネーの有効期限は交換してから6ヶ月、TOKYUポイントとANAマイルは3年間の有効期限となります。

TOKYUポイントのまましばらくストックしておき、ANAマイルが必要になったときに、一気に交換するのがおすすめです。

登録するメアドは統一し間違えないように!
「ドットマネー」から「TOKYUポイント」に交換を申請する際に必要なメールアドレスは、【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】のウェブ登録をしたときのものを入力しましょう。
【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】は必ず作る
交換率75%の「TOKYUルート」の恩恵を受けるためには、【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】の保有が必須となります。他のTOKYUカードではANAマイルへ交換率が50%となるので、注意しましょう。
カードを作る前にマイ友プログラムに登録する
「マイ友プログラム」に登録してからANAカードを発行すると、最大5500ANAマイルがもらえてお得。

発行するカードの種類によってもらえるマイル数は異なりますが、最低でも500ANAマイルがもらえます。通常入会ボーナスマイル1000ANAマイルと合わせるとかなりお得なので、必ず登録しておきましょう。

ただし、登録してから3ヶ月以内にカードを作らないと無効となります。また、ANAカードを発行してからの登録はボーナスマイルがもらえない点にも注意してください。

もちろん、「マイ友プログラム」に登録した後にポイントサイトを経由してカードを作成すれば、さらにお得ですよ。

ANAマイラーは「TOKYUルート」でお得にマイルを貯めよう!

「ソラチカルート」の場合は81%と高い交換率ではありましたが、「LINEルート」や「Gポイント」経由など経由地が多く時間と手間がかかるのが難点でした。

「TOKYUルート」の場合は、交換率は低くなりますが、「ドットマネー」と「TOKYUポイント」の2経由でわかりやすく、期間も最短3週間でANAマイルにすることができます。

ソラチカルートよりもわかりやすく簡潔に交換できるため、ソラチカルートの閉鎖によって陸マイラー&ANAマイラーにとっては、今後主力となりうる交換ルートなのです。

マイルをお得にゲットするルートは、多少複雑ではありますが、一度使いこなせるようになれば多少の変更があっても対処できるようになりますよ。

マイル交換ルートは頻繁に変更になる可能性が高いです。今のうちにこの「TOKYUルート」を活用して、少しでもお得にANAマイルを貯めておきましょう!

この記事をシェア

 
チャンスイット