懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

転職活動が会社にバレた。そんな時の対処法とその後の転職活動

更新

転職活動をしていたら思わぬところから上司にばれてしまった。なるべくなら決まるまで誰にも知られたくない情報ですが、万が一ばれてしまったらどうすればいいのでしょうか。
素直に認めるのか、転職活動などしていないと嘘をつくのか、どう対応するのがベストな方法なのでしょうか。
会社によってはとても居心地が悪くなってしまうと思いますし、その後の転職活動にも影響が出そうです。
ばれた場合の正しい対処法と、ばれないようにするための注意点についてもあわせてご紹介します。

転職活動が会社にばれた時の正しい対処法

うっかり社内で誰か内話しているところを聞かれたか、それとも運悪く面接に行く時に見られてしまったか。
理由はわからないまでも上司や同僚から「転職するの?」なんて聞かれたら一瞬うろたえてしまうかもしれません。
しかしここは毅然と対処しましょう。

基本的には嘘はつかないこと

「転職なんて、そんなわけないじゃないですか〜!」などと嘘をつかないことです。
本気で転職するつもりなら、嘘は結局ばれるわけですよね。その時のバツの悪いことったらないですよ。
こんな時のベストの答え方としては、
「はい、少し考えています」
くらいのニュアンス。
たしかに転職は考えているけれども、まだ決まったわけじゃない、本格的に活動しているわけじゃないというくらいににごしておきます。
ただし、「転職なんてしない」という嘘をつかないことが大事ということです。

理由をさらっと説明

転職する、転職活動をしていると知ったら、周囲は必ず「なぜ?」と理由を聞いてくると思います。
その時の理由については、あれこれ詳しく説明する必要はなく、さらっと済ませます。

  • キャリアチェンジのため(全く違うことがしたい)
  • 引っ越しの可能性(夫の転勤など)
  • もっとスキルアップしたいから
  • いいオファーが来ているから

ここでのポイントは「上司が理由で転職したいのではない」ということを伝える、ということです。
上司としては、

  • 職場に不満があるのか
  • 自分の指導に不満があるのか

などを非常に気にするわけです。たとえ上司が原因で転職したかったとしても、ここでは本当のことを言わないのがベスト。

上司や会社が悪いのではなく、あくまでも自分の都合や自分の希望で違う仕事がしたいのだ、という印象にしておきます。

職場によっては否定を貫き通しても

正直に言ったら居心地が悪くなるとか、実際にそういう人が以前いたのでそうなりたくないと思うこともあるでしょう。
それならば、がんとして否定を貫く、という方法もあります。
何で転職活動を疑われているかはわかりませんが、決まるまで絶対に言いたくないという場合は「いえ、そんなことはありません」としらを切ってもいいでしょう。
ただし、その場合は実際にやめる時に気まずい思いをするということをお忘れなく。

今の仕事を手抜きしてはいけない

ばれてしまうととても気まずい雰囲気になるかもしれません。
しかし、仕事はこれまで通り一生懸命やること、むしろこれまでよりもさらに頑張ってやる必要があります。
そうしないと、ちょっとしたミスでも「あの人は転職するからね」と転職の性にされてしまうかもしれないからです。
人は一度悪い印象を持つと、何をするにも悪く見えてしまいますから、そうならないようにすることが大事。

  • 普段よりも早く出社して仕事を始める
  • 積極的に人の仕事も手伝う

などして、誰にも文句を言わせないくらいの働きぶりを見せてください。

万が一、転職することをやめた場合でも、ここで一生懸命さを見せておけば、あなたのマイナスになることはありませんから。

有休を取りづらい時は体調不良を理由に

採用の面接はたいてい平日の日中ですよね。在職しながらの転職活動のネックになるのは、平日日中の時間をとることだと思います。
有休を取らないと面接に行けないという時、転職活動をしていることばれているとお休みを取りづらいこともあるでしょう。
そんな時は、「体調不良」を理由にお休みを取りましょう。
本来有給休暇は理由を言う必要はなく、繁忙期でもなければ自由に取れるものですが、「お休み?なんで?」と聞かれると本当のことは言いづらいと思います。
毎日のように休むわけではないので、ここは申し訳ないけれど、当日の朝に体調不良でお休みをとればいいでしょう。

居づらい雰囲気でも焦って退職しないこと

会社によっては、あからさまにイヤミを言われたり、とても居づらい雰囲気になってしまうかもしれません。
でも、転職先が確定する前に焦って退職しないことです。

どうせ転職するからと焦って退職してみたら、思うように転職活動が進められず、最悪の場合無職になってしまうかもしれません。

辛いかもしれませんが、何とか頑張って乗り切りましょう。

転職活動が会社にばれないようにするためには

転職活動はできれば内定をもらって確定するまで、今の会社にばれたくないものです。会社によっては評価に影響することもあるので、注意してください。
それでは、ばれないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

絶対口外しないこと

お酒の席や食事をしながらなど、うっかり同僚に喋ってしまった、なんていうのが一番ばれやすいパターンです。
どんなに信頼している同僚であっても、どこからどうやって話しが漏れるか分かりません。
ですから、ばれたくないのであれば、会社の関係の人には決して話しをしないことです。

迷っても相談しないこと

転職活動をしていると、本当にこの会社でいいんだろうかとか、A社とB社、どちらが将来性があるだろうかなど、迷うことが出てくると思います。

自分だけでは判断できず、客観的な意見が聞きたくなることがあると思いますが、それでも社内の人には相談しないことです。

客観的な意見が欲しい場合は、転職エージェントやキャリアコンサルタントなどの専門家に相談した方がいいでしょう。

服装に注意

普段からスーツを着ている人が面接用にスーツを着ていき、その後に出社しても何の違和感もありませんね。

しかし、普段は割とカジュアルな格好をしているのに、なぜか最近「就活」のようなスーツを着て出社することがある、なんてことをするとバレバレです。

面接にはスーツを着ていくと思いますが、出社する前もしくは後に着替えて、会社に顔を出す時は普段の服装を心がけてください。

転職先の資料などは絶対に見られないように

志望動機などを考えるために、転職を希望している会社のパンフレットなどを熟読したくて持ち歩いている人もいるかもしれません。
しかし、鞄の中に無造作に入れておくと、ふとした時に誰かの目に触れてしまう可能性があります。
転職に関する資料はなるべく持ち歩かず、人目に触れないように注意してください。

転職用のメールアドレスを作る

自分が普段使っているスマホのアドレスを連絡先にしておくと、人と話している時にメールが来て、見るつもりはなくても人目に触れてしまう可能性があります。
ですから、転職活動をする時は、その活動専用のフリーメールアドレスを作って、そのアドレス1本でやり取りをした方がいいでしょう。

自分の行動に注意する

採用の面接が進んでいくと「次で内定もらえるかも」なんてちょっと気持ちが浮ついて、注意散漫になる可能性があります。

自分の何気ない行動が「あの人、会社やめるのかしら」なんて疑念をうむこともあるので注意が必要です。

以前私のいた会社で、「退職届の書き方」というウェブサイトの記事をプリントアウトしたものを、プリンターにうっかり忘れていたスタッフがおりました。
ああ、この人近々やめるのね、ということがわかってしまったので、次の人を探さないといけないなあと思ったものです。
その会社ではよく人がやめていたので短期でやめる人は珍しくはなかったものの、仕事で成果も出していないうちから「退職届」かあという感じでした。
みなさんも、くれぐれも自分の行動にはお気をつけ下さい。

お互い気持ちよく退職するために、うまく活動しよう

日本ではまだまだ、転職するということを「祝う」風潮はなく、会社を辞めることをマイナスに捉えられることの方が多いと思います。
ですから、なるべくならばれずに活動し、退職に向けて着々と準備をした方が気持ちよくやめられるのではないでしょうか。
やめる、やめないは自分の意思です。万が一ばれたとしても、気持ちを強く持って転職活動を成功させてください。

この記事をシェア

 
チャンスイット