懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

定期預金のメリットを知って、賢くお金を管理しよう!

更新

貯蓄の一種で、資産を管理する方法の中では堅実でポピュラーな定期預金。最近は利息があまりつかない為、他の商品に比べ人気があまりありません。
しかし、まとまったお金を管理するのに便利な為、利用している人もいます。
堅実に資産を運営するのに役立つ定期預金ですが、どの様なメリットがあるのでしょうか。また、メリットを最大限に利用するには、どの様な使い方をすべきなのでしょうか。
身近な資産運営の方法ですが、分かりにくい部分がいくつかあります。
今回は、定期預金の基礎知識とそこから分かる定期預金のメリットについて解説していきます。定期預金のメリットを活かす使い方も併せて紹介しますので、ぜひご覧下さい。

まずは定期預金の仕組みを理解しよう

定期預金のメリットを活かすには、定期預金に関する基本的な知識を知っておかなくてはなりません。まずは定期預金の仕組みや、普通預金との違いについて学んでいきましょう。

定期預金は一定期間預け続ける預金の事

定期預金とは、決められた期間の間お金を銀行に預け続ける預金の事です。一度預けると基本満期日までの引き落としができません。また、預けるお金もある程度まとまった金額である事が条件になります。
預入期間ですが、

  • 1か月
  • 3か月
  • 1年

等、長めの預け機関が設定されている事が多いです。ちなみに、預入期間の最長は10年となります。長い商品だけでなく、1週間や半月等、比較的短い期間を設定できるものもあります。
定期預金の金利は普通預金よりも高く、これは定期預金の持つメリットの中でも特に目立つメリットです。また、預け入れたお金は確保されるので元本割れが起きず、高い安定性があります。
金利とは他に、利息も付きます。定期預金の金利や利息は、預け入れた期間が長ければ長い程大きくなります。資産運営として定期預金を活用する時は、その点にも注意しましょう。

普通預金との違い

定期預金と普通預金は、違う部分がたくさんあります。

  • 定期預金は一度預け入れると基本満期日まで引き出せない
  • 金利や利息が高い
  • 預け入れる金額にある程度の制限がある

この様に、普段のお金を預け入れる為というよりは、資産運営をする為の預金商品である事が分かります。
定期預金にお金を預ける時は、何も考えずに普通預金と同じ様に預けてしまうと、後々困った事態になってしまう場合もあります。定期預金の活用を考える時は、普通預金とは違う、資産運営用の貯蓄商品である事を頭の中に入れておきましょう。

銀行によってキャンペーン等の違いがある

定期預金等の金融商品は、10年前の金融商品の自由化により、金利や特典にある程度の自由が生まれました。これにより、銀行ごとに違う金利の設定やキャンペーンが行われるようになったのです。
これは定期預金にも影響を与えています。銀行ごとに定期預金の金利や利息に違いが生まれています。また、同じ銀行でも、キャンペーンの条件を満たしている場合とそうでない場合では、もらえる金額に違いが生まれているのです。
定期預金を預ける時は、このキャンペーンによる金利や利息の違い、特典の違いにも気を付ける必要があるのです。

定期預金のメリットを賢く使う方法

定期預金は、仕組みとメリットを理解すれば、賢い運営が出来るようになります。定期預金のメリットを使いこなす方法を紹介していきます。

目的によって預ける期間を変える

定期預金にお金を預ける時、預ける目的によって金額や期間を変えていく事が大切になります。

  • すぐに使う予定があるお金ではないが、うっかり使ってしまうのを避けたい
  • 出来るだけ高い金利を適用した状態で運営したい

という場合は、出来るだけ長い期間を設定して預けた方が上手くいきます。定期預金は預ける期間が長ければ長い程、金利や利息が高くなります。これを利用するのです。

  • すぐに動かすわけではないお金
  • 出来るだけ動かしたくないお金
  • 少しでも増やしたいお金

は、1年単位の期間を設定した定期預金を活用しましょう。

  • 光熱費等、比較的短い期間に必要になるお金を確保しておきたい
  • 数か月先にまとまったお金が必要になる用事がある

といった場合は、1か月単位の、比較的短い期間での預け入れがおすすめです。
定期預金に預ける事で、

  • 他の引き落としからお金が引かれてしまう可能性を防げる
  • 間違って必要なお金を使ってしまう

といった事を防ぐ事ができます。
1か月単位からでも金利や利息は付きますから、必要なお金を確保しつつ、ちょっとしたお金も手に入るのです。
ちなみに、2週間や1週間単位の定期預金ですが、こうした短期タイプの定期預金は、最低金額が数十万単位である事が多く、預け入れるのが難しい場合が多いです。
しかし、こうした短期タイプの定期預金は金利に優れている事が多く、短期間でまとまったお金を増やす事ができます。安全性の高い状態で資産を増やす事ができるのです。

  • 長期間お金を預けるのは抵抗がある
  • 安全性の高い状態でしっかりと試算を増やしたい

という場合、短期タイプの定期預金はとても便利な貯蓄商品となります。

預ける銀行は、金利やキャンペーンで選ぶ

定期預金を使う際は、金利や現在行っているキャンペーンを吟味してから預けましょう。何も考えずに、普通銀行で使っている銀行に預ける、といった預け方をすると損をしてしまう場合もあります。
銀行は町にあるようなメガバンクだけでなく、ネット銀行もあります。
銀行全体の金利を見ると、支店を必要としないネット銀行の方が定期預金の金利が高めの所が多いです。また、銀行によっては他社の口座から預け入れると高い金利が設定される所もあります。
銀行が行うキャンペーンも、かなり多彩です。金利や利息に関係したキャンペーンを行っている所もあれば、プレゼントや抽選応募の条件として、定期預金を活用している所もあります。
定期預金を預ける銀行を調べる時は、金利や利息だけでなく、その時行っているキャンペーンもしっかり調べましょう。

定期預金のメリットを理解して、賢くお金を運用しよう

定期預金は普通預金とは違う部分がたくさんあります。定期預金のメリットを正しく理解しましょう。その時に合った金額と預け期間を的確に選び、賢い運営ができるようになれば、定期預金は資産運営の強い味方となるのです。

この記事をシェア

 
チャンスイット