懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

退職金にも所得税がかかる!退職金の節税対策を知ろう

更新

会社を退職した後は、年金のほか退職金が生活費となるという人も多いのではないでしょうか?退職金がいくら出るか、という不安もあると思いますが、さらに注意したいのが所得税です。

退職金には税金がかかります。退職所得といって所得税がかかるのです。退職金にかかる税金は給与所得とは計算方法が異なります。

老後資金ばかりではなく、退職金を独立資金など他の使い道を考えている人もいるでしょう。退職金から差し引かれた税金は確定申告によって取り戻すことも可能です。いずれにしても退職金と税金については知っておいた方が税金対策もしやすいというもの。

一時金や企業年金など受け取り方も複数ある退職金。それぞれの受け取り方で税金も変わります。損をしない受け取り方や退職金の節税対策についてお伝えします。

損をしないために知っておきたい退職金にかかる税金

通常の給与に所得税がかかるように、退職金も所得税がかかります。しかし、その金額はかなり減額されています。その仕組みについて解説します。

退職金の税金は優遇されている

退職金をもらう場合は所得税も納める必要があります。しかし退職金には退職金所得控除という優遇措置があり、

  • 勤続年数が20年以下の場合は年40万円
  • 勤続年数が20年以上の場合は年70万円

が控除されます。さらに課税対象になるのは、その金額の2分の1です。退職金は金額が高くなりやすいもの。その分所得税も多く納めなければなりません。しかし課税対象金額が軽減されているので手元に残る金額は多くなります。

退職金の所得税は給与所得の所得税とは別に計算するので、高い税率にはなりません。

退職金の税金が優遇される理由

退職金は通常の給与とは異なり、長い間勤務してきたことに対する報酬と考えられています。また退職後の生活に対する保障として考慮されることもあり、このような優遇があると考えられます。

住民税も納める

所得税と同様、退職金が出れば住民税も納めなければなりません。ただし、所得税と同じように控除額があてはまるので優遇されるというメリットがあります。住民税は通常、前年の所得に応じて翌年徴収されますが、退職金の場合は所得税と一緒に差し引かれます。

退職金をもらう際に損をしないためのポイント

退職金が減額されている企業も少なくありませんが、長年勤めてきた人や安定した企業に勤務していれば大きな金額を手にすることができるでしょう。しかし老後のことなど生活のことを考えると、少しの損もしたくないものです。

損をしないためには次の点に注意しましょう。

「退職所得の受給に関する申告書」を提出する

退職前には「退職所得の受給に関する申告書」を提出しておきましょう。この書類を申請することで正しい税率で課税されるので安心です。提出しないと一律約20%で源泉徴収されてしまいます。

「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合は確定申告をする

「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかった場合は、確定申告をしましょう。確定申告をすることで、納め過ぎた文は還付されます。その際には源泉徴収票が必要になるので捨てないようにしましょう。

また、1年の早期に退職した場合、確定申告をする必要があるので源泉徴収票が必要になります。

受け取り方によってメリットとデメリットがある

退職金は受け取り方によって税金が異なります。受け取り方には主に次のような方法があります。

退職金をまとめて受け取る一時金

通常、退職金と呼ばれるものです。長年の勤続に対する報酬としてまとめて受け取る方法。一時金は分離課税で退職所得控除の分が大きく、税金の負担が軽くなります。ただし退職所得控除の金額は勤続年数によって異なります。

一時金としてまとまったお金が入ると、退職金が出たら旅行に行こうなど、使ってしまうリスクもあります。長年働いてきたご褒美という考えもあるでしょう。しかし、退職後の生活を考え計画的に使う必要があります。

一方で大きな金額が手に入れば、住宅ローンなどの返済に充てることができ、返済を早めることで得をすることも可能です。

企業型確定拠出年金や確定給付型年金などの年金方式

年金方式には企業型確定拠出年金や確定給付型年金、などがあります。給付を年金として分割して受け取る方法で、年金の収入金額に対して公的年金控除額が適用されます。

まとまったお金を得ることはできませんが、分割して受け取ることができれば定期的な収入ができ、計画的にお金を使うことができるでしょう。年金方式では企業が一定の利率で運用をしてくれるため、退職後も一定の利回りがある点はメリットでしょう。

ただし、企業が安定していればよいのですが、業績悪化でその影響を被るリスクもあります。

一時金と年金方式のどちらが得かは人によって異なる

近年では退職金を一時金としてまとめて受け取る方法のほか、企業年金などで分割して受け取るか、もしくは両方を組み合わせて受け取るか、を選べる企業もあるようです。

どの方法が得かは人によって異なります。
選択のポイントとしては、

  • 退職後の収入はあるか
  • ローンの返済などで負担が軽くなるかどうか

といった点を考慮するとよいでしょう。

住宅ローンが残っていたり、まだ教育費用がかかったり、費用が必要な場合は一時金として受け取ることで返済ができたり、安心して支払いができたりできるので安心です。

反対に退職する時点でローンなどの大きな支払いがない場合は、分割をして受け取ることで使いすぎを防いだり、定期的な収入を得られたりすることが可能です。

また、退職後の収入があるかどうかも関係します。定年後も別の仕事をする、家賃収入があるなど、働き方や収入によって支払う税金などが変わってきます。独身の場合や家族がいる場合などによって税金や収入、生活費なども異なるでしょう。

そういった点を踏まえて受け取り方を考えることが必要です。

退職時の状況や退職後の生活を考えた税金対策が大切

まとめてもらえる退職金は長年働いてきたご褒美です。その後の生活のことも考えられているため、通常の所得に比べて課税率が低くなっています。きちんと受け取るためにも、必要な手続きを忘れないようにしましょう。

また退職金の受け取り方が選べるケースもあります。一時金としてまとめて受け取るのか、企業年金として定期的に受け取るのか、といった選択ができる場合も。

どの方法で受け取った方がよいのかは、退職時の状況や退職後の収入などによって異なります。定年まで働く場合、企業では退職給付金制度や企業年金などについての説明会などもあるでしょう。

そういった説明会を参考にしたり、自分で退職後の生活プランや税金を計算してみたりすることが必要です。

この記事をシェア

 
チャンスイット