懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

就活で使う女性用スーツのチェックポイントを覚えよう!

更新

就活で必ず必要になるのが、スーツです。スーツは実際に身に付けた上で、色々なポイントをチェックして選びます。これは、就活用スーツでも同じです。
スーツを取り扱うお店に行けば、お店の人が選んでくれます。しかし、スーツがあっているかどうかを確認するポイントは、着た時の感触も大切になります。
実際に着て、違和感がないかどうかを自分でもしっかり確認しなくてはならないのです。
そこで、就活用スーツを選ぶ際のチェックポイントを解説します。こちらで解説したチェックポイントを基にすれば、よりピッタリなスーツを手に入れる事ができるようになります。ぜひご活用ください。

就活スーツは試着して選ぼう。選ぶ時のチェックポイント

就活用スーツの原則として、試着をして、その時の感覚で選ぶというものがあります。選ぶ時、お店の人も実際にチェックするチェックポイントを解説します。
スーツを試着した時、以下のポイントで気になる事があれば、しっかりお店の人に伝えるようにしましょう。

肩幅と胸周りのチェックポイント

まず、ジャケットに袖を通した時のチェックポイントです。
試着した時、肩幅と胸周りに違和感があると、サイズがあっていない為動きにくくなります。スーツも壊れやすくなる為、ここで異常を感じたら他のサイズやスーツを探しましょう。
肩幅は比較的分かりやすいポイントです。

  • 試着した時、肩とジャケットの肩部分がしっかりフィットするか
  • 腕を動かしてみて、動かしにくい時はないか

をチェックして下さい。
胸周りをチェックする時は、ジャケットのボタンを全て留めた状態で鏡を見ます。この時、ジャケットにヨレやシワが無いか確認しましょう。ヨレやしわが無い場合でも、適度な余裕が保たれているかもチェックして下さい。

正面と背面は鏡で確認して

次に、正面と背面のチェックです。このチェックをする時は、胸周りのチェック同様、ボタンを全て留めた状態でチェックします。
まず、背面をチェックします。鏡でウエストラインが緩すぎないかを確認して下さい。
ウエストラインがダボっとしていると、太って見える上に、だらしなく見えてしまいます。ウエストラインがあっていない場合は、他のジャケットにしましょう。
正面のチェックは胸周り同様、ジャケットにシワやヨレが無いかを確認します。人によっては、全てのボタンを留めるとジャケットに余裕がなくなってしまう人もいます。この様な場合は、他のサイズを試してみて下さい。
 

着丈や袖丈もチェックしよう

胴回りだけでなく、着丈や袖丈といった、丈部分も重要なポイントです。
着丈をチェックする時は、鏡で正面に立って確認します。着丈の部分が尾てい骨の少し上の位置にあるかどうかをチェックして下さい。長い場合でも、短い場合でもいけません。
袖丈は着丈同様、鏡に正面に立ち確認します。腕を下ろした状態の時、袖丈が手首の付け根位の位置に来る物を選びましょう。袖口からシャツが出ないかどうかも忘れずにチェックして下さい。
着丈や袖丈が短いと、おかしな印象を持たれてしまいます。逆に長いと、今度はだらしない印象を与えてしまいます。どちらの場合もマイナスポイントになりますから、適切な着丈・袖丈のスーツを選びましょう。

スカートの場合は、立った時と座った時でチェック

女性の場合、スカートタイプのスーツを購入する場合があります。スカートの丈を確認する方法も押さえておきましょう。
スカート丈は、

  • 立った時の丈
  • 座った時の丈

の2つの状態の丈を確認します。
まず、立った時の丈ですが、鏡の前に立ち、スカートで膝の半分が隠れる位まで丈があるかを確認して下さい。長すぎても、短すぎてもダメです。
座った時の丈は、実際にいすに腰掛けた時、スカート丈が膝上10㎝以内になるかどうかを確認します。こちらも立った時同様、長すぎても短すぎてもいけません。
スカート丈を確認する時、立ったり座ったりします。
この時、

  • それぞれの状態になった時、スカートがピチピチにならないか
  • 動いた時に窮屈さを感じないか

も併せてチェックしましょう。
ピチピチになったスカートはあまり良い印象を抱かれません。スカート下のパンツの線が出てしまう事もありますので、避けましょう。
動いた時窮屈さを感じた場合は、サイズが小さい可能性が高いです。そのまま我慢して着続けると、スカートを破いてしまう事もあるので、他のサイズを選びましょう。

就活スーツ、パンツとスカートどっちがいい?それぞれの印象も押さえよう

女性の場合、

  • スカート
  • パンツ

の2タイプのスーツがあります。
就活を有利に進めたい場合は、この2タイプのイメージをうまく活かす事も大切です。それぞれの印象についても解説します。

パンツスーツのイメージ

まず、パンツスーツのイメージから解説していきます。
パンツスーツが持つ印象として、

  • 活動的
  • 仕事が出来そうなイメージ

があります。
パンツスーツは見た目通り、動きやすいスーツです。
その為、

  • 営業活動
  • 交渉
  • 出張

等による、外出や出張が多い、活動的な業種や企業に向いています。
ピシッと決まったパンツスーツは、有能な女性のイメージを強めてくれるので、そうしたイメージに合致した業種や企業もおすすめです。もちろん、自分に対してその様なイメージを持ってほしい、という時にも活用できます。
パンツスーツを選ぶ際は、実際にはいた時にきつすぎず、緩すぎず、適切なフィット感のあるサイズの物を選ぶのがポイントです。
座った時に、

  • ウエスト
  • 太もも
  • ヒップ

がきつすぎず、くるぶしが見えない位のサイズを選びましょう。立った時はヒールが少し見える位が、ジャストサイズになります。

スカートスーツのイメージ

スカートスーツは、

  • 真面目
  • 常識やビジネスマナーを心得ている
  • フレッシュさ
  • 華やかさ

をアピールできます。
女性だからこそ履きこなせるスーツですから、女性らしいイメージが強いスーツです。

  • 上記のイメージが欲しい場合
  • 業種や企業がそのイメージのある人を求めている場合

に活用するのがおすすめです。
また、女性らしさをアピールできるので、男性が多い業種や企業であえて着ていくと、採用担当者に注目される事も多いようです。注目される分、面接等の対応をしっかりしていれば、良い印象を残せます。

女性用の就活スーツはチェックポイントが一杯。忘れずチェックしよう

女性用の就活スーツは、チェックポイントがたくさんあります。どのチェックポイントも、就活において重要な、見た目の印象や活動のしやすさを助ける為のポイントです。細かい部分も忘れずにチェックしましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット