懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

食洗機は水道代節約の強い味方!食洗機の節約テクニックを知ろう

更新

料理の後のわずらわしい洗い物。これを簡単にしてくれるのが、食洗機です。楽になる点に注目しがちですが、節約を考えると使用にかかる水道代や電気代がどうしても気になってしまうものです。

気になる点の多い食洗機ですが、実際にかかる費用や、その仕組みを知る事が出来れば、購入するかどうかの参考になります。そこで、食洗機にかかる水道代について調べました。

実際にかかる費用と、手洗いとの比較や、食洗機の仕組みから分かる事を解説していきます。それに合わせて、食洗機を使用する時にできる節約テクニックもまとめました。

食洗機の導入を考えている方はもちろん、もうすでに導入した上で節約を考えている方に役立つ内容となっています。ぜひご覧下さい。

食洗機と手洗いの場合の水道代

まずは食洗機を使った場合と手洗いの場合の水道料金を比べてみましょう。具体的な数字は家電を購入するときの参考になります。

なおこちらの比較は、パナソニックの節約シミュレーターを参考に作成しました。手洗いの場合も食洗機を使った場合も、家族4~5人分の食器(食器40点、カトラリー20点)を洗ったとして計算しています。

手洗いの場合

まずは手洗いの場合についてです。

手洗いの場合、1回の洗い物にかかる水の量は約75L、水道代は約18.9円となります。1日に2回洗い物を毎日したとすると、手洗いをした場合の水道代は年間約13,800円になりました。

実際は家族の人数や水道代の金額に違いがある為、支払う金額は変わっていきます。それでも1万円前後かかってしまうのです。この金額を見ると、出来るなら節約したいと考えてしまいますね。

食洗器で洗った場合

では、食洗機を使用した場合はいくらかかるのでしょうか。

食洗機の場合、1回の洗い物にかかる水の量は約11L、水道代は約2.8円となります。

手洗いよりもかなり少ない水の量で済むのです。

1日2回、毎日使ったとしても年間約2,044円と、手洗いに比べてかなり安くなっています。

食洗機の場合、手洗いの時にかかる水道代と洗剤代に加えて電気代やガス代がかかってきます。しかし、それを考慮しても食洗機は水道代の大幅なコストカットにつながっているのです。

食洗機は水道代の節約という点では、手洗いよりもはるかに優れている家電といえます。

どうして食洗機の方が経済的なのか

手洗いよりも水道代がかからない食洗機ですが、これは食洗機の仕組みが関係しています。この仕組みが分かれば、食洗機で行う節約に役立てる事ができるのです。食洗機が水道代を抑えられる仕組みを知っていきましょう。

使う水の量が違う

まず、食洗機は手洗いよりも使用する水の量が少なく済みます。これは、手洗いと食洗機の洗い方の違いが関係しています。手洗いと食洗機の洗い方を簡単にまとめると、以下の様になります。

  • 手洗い → 水を流しっぱなしにして、その水流ですすぎ洗いをする
  • 食洗機 → 酵素や高濃度の洗剤を噴水の様に食器に吹きかけて汚れを落とす

手洗いの場合、食器をすすぐ時はどうしても水を流しっぱなしにします。水道代は水が出ていれば出ている程かかる訳ですから、この洗い方では水道代がかかってしまうのは仕方のない事なのです。

対して食洗機ですが、食洗機は汚れを落としやすいように、少ない水を強い水流で噴出させ、その勢いで汚れを落とすような仕組みになっています。

この強い水流に汚れを落としやすくする酵素や漂白剤、高濃度の洗剤を混ぜています。強い水流と濃度の高い洗浄成分の力を借りて、食器の汚れを落としているのです。

洗い流す時にも、食洗機ならではの仕組みが活かされています。

食洗機はすすぎの際に構内を水で満たし、溜めた水によって洗剤を洗い流します。この溜めすすぎは、手洗いのすすぎの様に流水で食器を洗い流す時に比べて、水の量が約10分の1程度で済むのです。

食器を洗う時、一番水を使うのが食器をぬらす時とすすぐ時です。食洗機はこれを機械の力を使い、最小限の水の量で済ませられるようになっています。その為、かかる水道代が手洗いよりも少なく済むようになっているのです。

人の手ではできない洗い方が出来る

また、食洗機は手洗いにはできない食器の洗い方ができます。

  • 高温の温水で汚れをとかす
  • 洗浄成分の濃度をかなり濃くして使用できる

人の手が触れると危険な温度や洗剤濃度でも、機械の食洗機なら問題なく使えます。この機械ならではの洗い方も、食洗機の節水効果を生み出しているポイントです。

食器につく様な汚れは、高温の温水や高濃度の洗浄成分に弱い事が多いです。これらを使う事が出来れば、簡単に汚れを落とす事ができます。しかし、人の手で高温の温水や高濃度の洗浄成分を使用してしまうと、手にけがを負ってしまいます。

しかし、食洗機は機械ですからその心配がありません。高い温度の温水も、高濃度の洗浄成分も難なく使う事ができます。その分、手洗いよりも簡単に汚れを落とす事ができます。

手洗いの場合だと、頑固な汚れは何度も洗い、すすぐのを繰り返す事で落としていきます。何度も洗えば当然その分の水道代もかかり、水道代の無駄が生まれてしまうのです。しかし、食洗機はこの分の水道代ロスも防ぐ事ができます。

食洗機は機械だからこそできる洗い方で、水道代を節約してくれるのです。

省エネ機能等がある

食洗機の中には使用する水の量が他よりも少ない量で済むタイプや、省エネモードが搭載されているタイプがあります。これもまた、手洗いにはできない節約効果です。

こうした食洗機には、水量や水流、汚れの具合を判別するセンサーが付いており、そのセンサーが導き出した数値に合わせて、洗い方を調節できます。

手洗いの時の様に、目視で判断するわけではないので、より正確に水の量を調節する事ができるのです。これにより、水道代の無駄を減らす事ができるようになっています。

水道代の様に使用量によって金額が変わる料金は、使用する量を正確に決め、その通りに使用する事が節約の基本となります。食洗機を利用すれば、この節約の基本をより正確に押さえる事ができるのです。

これもまた、手洗いにはできない、機械である食洗機ならではの節約機能だといえます。

食洗機の水道代を抑えるコツ

手洗いよりも水道代を抑える効果に優れている食洗機ですが、ただ使用するだけよりも、節約を意識しながら使った方がより節約効果を引き上げる事ができます。食洗機で出来る水道代の節約テクニックを紹介しますので、参考にして下さい。

水道代を抑える効果のある製品を選ぶ

食洗機等の家電を利用した節約は、購入する家電選びから節約できるかどうかが決まっていきます。食洗機を水道代の節約目的で購入するなら、家電スペックにも注目して選ぶようにしましょう。

具体的には、以下の項目や機能に注目していきます。

  • 食洗機のサイズ
  • 使用する水の量
  • 節約機能やモード搭載の有無

食洗機は洗える食器の数によっても違いがあります。自分の家庭に合わせたサイズを選ぶのが大切です。

食洗機はサイズが大きければその分使用する水の量も大きくなります。家庭で使う食器や調理器具の量と合わないサイズを購入してしまうと、それだけで水道代の無駄を生み出してしまうのです。

  • 1日に出た洗い物を1回の使用で全て片付けたい
  • 大きい調理器具をよく使う

という場合でない限りは、自分の家庭よりも大きなサイズの食洗機を購入する事はしないようにして下さい。

また、価格が安いからといって小さいサイズを購入してしまうと、それも無駄につながります。

洗う食器の量よりも小さいサイズの食洗機を使うとなると、一度に全ての洗い物を片付けることはできません。どうしても、複数回食洗機を使用する事になります。

当たり前ですが、食洗機を使用すればするほど水道代はかかってきます。家庭に合わないサイズを購入してしまうと、水道代の無駄を生む事になるのです。

家電を購入する時、どうしてもその費用に目を向けがちですが、使用中の光熱費こそ気を付けなくてはなりません。水道代の無駄を防ぐためにも、適切なサイズの食洗機を購入するようにして下さい。

節約にこだわる場合は、食洗機のサイズだけでなく使用する時にかかる水の量にもこだわりましょう。

同じ置き方、サイズの製品でも、使用する水の量には違いがあります。少しでも節約したいなら、使用する水の量が少なく済む食洗機を選ぶべきです。置き方やサイズだけでなく、水の量にも注目しましょう。

食洗機は様々な機能が搭載されています。

その中には、

  • 節水機能
  • 省エネ機能

等の、使用する水の量を抑えられる機能やモードが搭載されている製品もあるのです。この機能も忘れずにチェックするようにしましょう。

家電選びが苦手だったり、不安だったりする場合は、家電量販店にいる店員さんに相談してみて下さい。

手洗いと食洗機を使い分ける

実は、食洗機を使えば必ず節約できる、という訳ではありません。手洗いの方が水道料を抑えられる場合があります。

  • 洗う食器の量が1~2人程度、またそれ以下
  • 水洗いだけで済む程度の汚れ

この様な場合、手洗いの方が食洗機よりも使う水の量が少なく済む事が多いのです。

食洗機は、たくさんある食器やカトラリー、調理器具を洗うのに適している家電です。大量の洗い物を処理する為の家電ですから、少ない洗い物で使用してしまうと、かえって無駄につながってしまいます。

汚れが簡単に落ちる時や、食器の量が少ない時は、手洗いで洗うようにしましょう。

手洗いの場合でも、水をためて洗うため洗いなら、使う水の量を抑える事ができます。ゴム手袋を使えば水の温度や手荒れを気にせず洗い物ができるので、こちらも用意しておくと便利です。

予洗いや食器の置き方にも気を付けて

食洗機は強い水流を汚れに当てる事で食器を洗い流しています。これは言い換えれば、この水流が当たらなければ汚れは落ちないという事です。また、強い水流を当て続けても、落ちにくい汚れがあれば汚れが残ってしまいます。

頑固な汚れがある時は、食器を予洗いするようにしましょう。

予洗いの方法としては、以下の方法があります。

  • キッチンペーパー等で汚れを拭き取っておく
  • 手洗いで先に洗い、落としやすい汚れをあらかじめ落としておく
  • 洗う前に漂白剤等に食器を浸けておく

食器の汚れは油汚れや茶渋等、様々なタイプがあり、それぞれ成分が違います。汚れの違いを理解して、それに合った予洗いをするようにして下さい。

食洗機を効率的に使用するには、予洗いだけでなく食器の置き方にも注意が必要です。

食洗機の水流は決まった方向に出るようになっています。この方向に上手く汚れが当たらないと、食器の汚れを落とすことは難しくなります。

食洗機の中に食器を置く時は、食器の汚れに水流がまんべんなく当たるように配置して下さい。

食洗機の水流は製品によって違いますから、その点にも注意しましょう。多くの場合、置き方の例等が取扱説明書に記載されています。この部分をしっかり見るようにして下さい。

食洗機は水道代節約の強い味方!賢く使おう

食洗機は洗い物の時に出る水道代を大幅に抑える効果がある家電です。水道代を節約したいなら、食洗機の導入を検討しましょう。

また、食洗機の節水機能を最大限にするには、ただ何も考えずに使用するだけではいけません。食洗機の仕組みを理解し、それを活かした節約テクニックを行う必要があります。

節約テクニックの中には、食洗機選びのコツも含まれています。食洗機を使った水道代の節約をする時は、購入の段階から節約を意識しておくようにして下さい。

この記事をシェア

 
チャンスイット