懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

仕事でのミスの謝り方。誠意を示し、失敗を糧にするのが大事!

更新

完璧に仕事をこなしたとしても、どこかにミスはあるもの。迷惑をかけた相手には必ず謝罪しなければなりません。相手への誠意を込めた、仕事でのミスの謝り方を解説していきます。
この記事では始めに、謝罪の仕方。そして、ミスをしないための心構えなどを主にご紹介しています。「心から謝っているのに、いつも怒りを買ってしまう」「何度も同じミスをして迷惑がかかってしまう」などの悩みにお応えできる内容になっています。
また、今すぐ謝り方を教えて欲しい方だけでなく、ミスを減らしたいと考えている方にもおすすめできる記事です。ご自分の謝り方やミスしない心構えを見直すことで、相手の機嫌が早く直ってくれるだけでなく、作業効率も上がりますよ。

どんな場面でも、失敗を正直に謝るのが先決

仕事に支障が起きてしまった時、まず始めに何を思うでしょうか。「怒られてしまう」「これのせいで失敗してしまった」「どうしよう」。など、焦りやいらだちなど気持ちが溢れかえることでしょう。
大小さまざまなミスはあれど、まずは正直に謝りましょう。

  • 「大変失礼いたしました」
  • 「誠に申し訳ありません」

と謝罪の意を込めます。直接相手と対面し、頭を下げることで相手のいらだちや怒りなどが穏やかになることでしょう。

「すみません」や「ごめんなさい」では軽々しい印象を与えてしまうので、ビジネスシーンでは絶対に止めてください。「その日は体調が悪くて」など、謝った後の言い訳は、人によってイヤな印象を与えます。

「相手に合わせる顔がない」とこちらが申し訳なく思っていても、メールだけの謝罪は御法度です。「メールを送るだけで謝った気になっている」と、相手の火に油を注ぐほどの最悪な印象を与えます。
真面目とはほど遠い表情をしながらでも文字は打てますし、謝っている言葉を並べるだけで良いからです。必ず相手と向き合って、ミスを正直に謝りましょう。
また、謝罪の場面での責任逃れは信頼を壊しかねません。例えば自分が部下を持っている場合、「部下がやったことですので穏便に」と言うのではなく、「全て私の責任です」と言うと、上司にも部下にも潔い印象を与えます。

改善案を提案できれば、失敗はもっと少なくできる

失敗しても謝ったら今回の件は終わり、ということではありません。謝罪をした後に、自分から改善策を提案してみましょう。
「この現状を改善したいのですが、私にできることはありませんか」と聞いてみたり、謝罪の相手が喋りやすい上司の方であれば、「こういった状況の場合、どうすれば良いのでしょうか?」と助力を求めることも良いかもしれません。
また、

  • 「もう一度チャンスをください!」
  • 「次は必ず成功させます!」

など、エネルギッシュな言葉で相手に迫ると、期待を込めて許してくれる方がいる一方、かえってうっとうしく感じてしまう方もいます。
謝罪しても、また同じ失敗をするだろうと思われかねません。その場の勢いで次に挑戦するのではなく、周りや自分を冷静に見直し「今の自分に何ができるか」を考えてみてください。

失敗の理由を探して、今後の糧にしよう

同じミスを繰り返さないように、メモに書き起こすなどをして、ミスを冷静に分析してみましょう。「どうしてこんなミスをしてしまったのだろう」という悩みをそのままにしないようにするのが大切です。
たとえ今回のミスが些細なことであっても、分析することで大きなミスに繋がっていたという場合もあります。
一番ミスが起きにくいのは、大小のミスを社内やチームで共有して、同じミスが起きないように対策を立てることです。
このとき覚えおきたいのは、ミスを絶対許さない雰囲気や環境を作らないこと。常に緊張感に包まれた場所での仕事は、息も苦しくなってしまいます。

ミスは正直に謝り、未然に防ぐ方法を考よう

仕事でのミスの謝り方。参考になったでしょうか?小さなミスも大きなミスも仕事では付きもの。ミスをしたら正直に謝罪の意思を示すことが大切です。どんなミスをしたのかを記録するだけでも、同じミスを繰り返すことは少なくなりますよ。

この記事をシェア

 
チャンスイット