懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

正社員にはメリット一杯!メリットを正しく理解しよう

更新

就職活動で目標にされる事の多い正社員。安定性と給与の良さから目指す人も多い雇用形態です。就活で目標とされるのも当たり前といえます。
しかし、正社員のメリットはそれだけではありません。また、ライフスタイルによっては、正社員のメリットをあまり受け取れない場合もあるのです。
自分が正社員として働く形が向いているかどうかを判断する必要があります。
その為には、正社員のメリットを正確に理解しておく必要があります。また、正社員という雇用形態そのものに関する知識も必要です。正社員の雇用形態や、そこから分かるメリットを解説していきます。

まずは正社員とはそもそもどの様な雇用形態なのかを知ろう

正社員のメリットを正確に理解するには、正社員という雇用形態がどの様な物なのかを理解する必要があります。まずは、正社員という立場がどの様な物なのかをおさらいしましょう。

正社員の特徴をおさらいしよう

正社員という雇用形態を簡単に言うと、「雇用期間を定めずに働く」という形になります。会社側から辞めて欲しいと言われるか、自分から辞めたいと伝えない限りは、ずっと就職した企業で働き続ける働き方です。
普段の働き方はフルタイムで決まった時間働く形が一般的です。仕事内容によって就業時間は違いますが、多くの場合フルタイムで働いています。
給与に関してですが、正社員の場合、

  • 賞与
  • 昇給
  • 退職金

が支払われる事が多く、他の非正規雇用に比べてもらえる給与の額が高いです。
これに加えて、

  • 昇格
  • 勤続年数の長さによる手当

等も出る場合があり、それによって給与が引き上げられる事もあります。
雇用が安定しており、給与も高い正社員ですが、その分仕事に関する責任は他の雇用形態よりも重たいです。責任を持って取り組まないといけない仕事を任せられる事が多くなります。
また、その関係で、長期間の休みが取りにくくなる事が多いです。休む内容によっては、退職を勧められる事もあります。これは社会的な問題として改善を考えられていますが、まだ改善には至っていないようです。

正社員と非正規社員との違い

正社員と非正規社員の大きな違いとして、

  • 雇用期間の有無
  • 給与の額
  • 仕事で任される内容

があげられます。

  • アルバイトやパート
  • 派遣社員や契約社員

には、雇用期間がある程度決められている事が多いです。
雇用期間を過ぎてしまうと、会社を辞めなくてはならなくなります。雇用期間を延ばす場合は契約の更新が必要になります。
しかし、正社員は、この雇用期間の制限がありません。定年等はありますが、それ以外の雇用期間に関する制限はないのです。
給与の額も違いがあります。非正規雇用の場合、昇給や賞与を受け取れない場合があります。この昇給や賞与を受け取れないだけでも、かなりもらえる金額に違いが出てしまうのです。
給与自体も正社員の方が多めにもらえるよう設定している企業が多く、そこでも違いがあります。
仕事で任される内容も、正社員と非正規社員では違います。非正規社員が責任のある仕事を任せられるのは、本当に稀です。
多くの場合、

  • ミスが許されない仕事
  • 取り扱う人に重大な責任が生じる仕事
  • 仕事の根幹に関わる事

は、正社員に任される事がほとんどです。仕事によっては、正社員でないとできない業務や職種もあります。

正社員のメリットは安定性だけじゃない。正社員のメリット3点

正社員は責任の重い仕事を任せられる分、安定した雇用契約です。正社員のメリットというと、この安定性に注目されがちですが、それ以外にもメリットはあります。こちらもしっかり理解しておきましょう。

給与の待遇の良さ

正社員の特徴や非正規社員との違いも取り上げましたが、給与や待遇の良さは一番目立つメリットです。
正社員は給与が他の雇用形態よりも金額が大きい事が多く、賞与や昇給もあります。最近では年功序列で昇給や昇格をする制度があまり見られなくなりましたが、長く勤めれば務める程、給与が大きくなるのもメリットの一つです。
また、働いている退職する際には、

  • 働いた期間
  • やめる時についていた役職

等に応じて、退職金が出ます。
この退職金も、長く働けば働く程金額が大きくなります。最近は終身雇用もかなり難しくなりましたが、定年まで働く事ができれば、かなりの金額を退職金としてもらえるのです。

福利厚生や会社の設備を利用できる

正社員のメリットは、お金だけではありません。

  • 社会保険
  • 会社が保有している施設の利用
  • 正社員が利用できる積み立てや保険

等の、国や企業が用意している福利厚生や会社の設備を利用できるのも、メリットとなります。
正社員で働いていると社会保険に加入できます。
社会保険に加入できると、

  • 厚生年金
  • 健康保険

等の保険料が、国民保険の時に比べて大幅に抑える事ができるのです。社会保険料は、企業と被保険者である個人が分け合って支払うようにできています。これにより、国民保険の時よりも、支払う額を少なく済ませられるのです。
厚生年金は国民年金に上乗せする形で受け取れますから、将来もらえる年金額をアップさせる事もできます。
また、企業によっては、福利厚生の一環として企業で保有している施設の利用や、施設利用時に優遇を受けられる制度を設けています。こうした制度の利用条件には、正社員である事が定められている事も多いです。
正社員が利用できる福利厚生の中には、

  • 財形貯蓄
  • 社員専用の保険

等、お金や万が一の時に利用できる制度もあります。正社員の安定性は、こうした福利厚生からも作られているのです。

社会的信用

他のメリットに比べてあまり目立ちませんが、社会的な信用が大きい事も見逃せないメリットです。

  • クレジットカード
  • ローン

等、継続的にお金を払う必要がある金融商品を購入する時、正社員だと審査が通りやすいです。これは正社員の雇用が安定している為、その分審査が甘くなる為です。
クレジットカードやローンが使いやすいという事は、それを利用した買い物や人生設計が出来るという事でもあります。人生の選択肢が広いという事は、かなり大きなメリットといえるでしょう。

正社員の得られるのは安定性だけじゃない。正確にメリットを理解しよう

正社員が手に入れられるのは、安定性だけではありません。その安定性から生み出されたメリットも得る事ができるのです。
正社員のメリットをよく理解し、メリットを最大限に活かすにはどうしたらいいか、という事にも目を向けるようにしましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット