懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

家計管理をする上で知っておきたい生活費の概念と各家庭の平均金額

更新

家計管理をする上で重要となってくるのが、毎月かかる生活費の把握です。

この生活費をどう管理していくかで、節約が成功するかしないかを左右すると言っても過言ではありません。

ですが、生活費と聞いても漠然としたものですし、どういったものが含まれるのか、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は知っているようで知らない、生活費についてご紹介します。また、家庭における生活費の平均についても同時にご紹介していきますね。

他の人の生活費について知っておくことで、自分の生活費のどの費目を節約したら良いのかという目安を知ることが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

節約をしたい方や貯金を考えている方は生活費について知っておいて損はないですよ。

そもそもどんなものを生活費と呼ぶ?生活費の定義とは

生活費とは別名、生計費、家計費とも呼ばれ、私達が日常生活を維持する上で最低限必要な費用のことを指します。

簡単に言うと生きるために必要な費用ですね。

そんな生活費は大きく分けて固定費と変動費の2つに分けることが出来ます。

固定費
固定費とは基本的に毎月(毎年)支払う一定の金額のことを指します。必ず支出するものとも言えますね。

主に以下のものが固定費に含まれます。

  • 住居費(住宅ローン、家賃)
  • 水道、光熱費
  • 通信費(インターネット、携帯電話、スマートフォン)
  • 保険(生命保険、損害保険など)
  • 税金(固定資産税、自動車税など)
  • 教育費(学校等でかかる費用、給食費、習い事の月謝)
  • お小遣い
  • 車関連費(ローン、駐車場代)
  • 定期購入しているもの(サプリメント、コンタクトレンズなど)
  • 定期支払いのもの(ジムの月会費、アプリの月額課金など)
変動費
反対に変動費とは毎月支払うものではあるけれど、その金額が定まっていないものを指します。また、支払う金額が季節や状況に応じて変わるものも変動費に含まれますね。

変動費に含まれる費目は以下の通りとなります。

  • 食費
  • 日用品代
  • 交通費(ガソリン代)
  • 交際費
  • 被服費
  • 娯楽費
  • 嗜好品代
  • 理美容費
  • 医療費
  • 冠婚葬祭費

みんなどれだけのお金を生活費に充てている?各家庭の生活費の平均

上記では生活費とは何か、また、どういったものが生活費に含まれるのかを見てきました。

ですが、実際のところ、どのくらいのお金が生活費として使われているのでしょうか。

そこで、次は生活費の平均について見ていきましょう。もし、この平均よりも上回るようであればそれは節約をした方が良いというサインかもしれません。

自分の生活費は平均と比べてどうなのか、一度考えるきっかけにしてみてください。

一人暮らしの場合の生活費の平均

まずは一人暮らしの生活費の平均です。総務省統計局の2018年単身世帯の家計調査データによると主な内訳は以下の通りとなります。

費目 金額
食料 44,067円
住居 22,646円
光熱・水道 11,849円
家具・家事用品 4,835円
被服及び履物 5,627円
保健医療 7,231円
交通・通信 21,619円
教養娯楽 19,674円
その他の消費支出 25,285円
合計 162,833円

上記のデータは全国の世帯調査による平均ですので家賃相場が高い地域になると生活費はもっと高くなります。

食費に関しては自炊するか、そうではないかで大きく変わってきます。

自炊をして多めに作り、冷凍などすれば日持ちもしますし、食費を節約することも可能です。

また、昼食にお弁当を作って持っていけばその分、昼食代を安く済ませることが出来ます。

さらに、交通費は電車か車、またバスなどそれぞれの交通手段により大きく異なります。

電車が発達していない地域であればほとんどが車かバス利用になりますから、その分交通費も高くなるのです。

二人暮らし(新婚)の場合の生活費の平均

それでは二人暮らし(新婚)の場合はどうなのでしょうか。

ゼクシィが全国の直近1年以内に結婚した20~40代の女性を対象に行なった「新婚生活実態調査2016」によると、生活費の内訳は以下の通りとなります。

費目 金額
家賃 約57,000円
食費 約45,000円
水道光熱費 約15,000円
スマホ・ネット代 約15,000円
衣類・日用品 約13,000円
交際費・娯楽費 約45,000円
合計 約190,000円

人数が増える分、一人暮らしの場合よりはやはり家賃や水道代なども増加することが見てとれますね。

平均は上記の通りとなりますが、住む地域や自炊の頻度などによっても大きく変わります。

四人暮らし(夫婦と子供2人)の場合の生活費の平均

そして最後に四人暮らし(夫婦と子供2人)の場合を見ていきましょう。総務省統計局の2018年4人世帯(有業者1人)の生活費の平均は以下の通りとなります。

費目 金額
家賃 約130,000円
食費 約79,000円
水道光熱費 約21,000円
スマホ・ネット代 約15,000円
衣類・日用品 約15,000円
交際費・娯楽費 約46,000円
養育費・お小遣い 約60,000円
医療費 約12,000円
合計 約378,000円

四人暮らしにもなると家を購入し、ローン返済をしている人も増えてきますから、その分、住居費は高くなります。

また二人暮らしの時よりさらに人数は増えるため、当然、食費や水道代、光熱費も増えます。

そして、子供がいる世帯の場合、養育費やお小遣いにもお金がかかることがわかりますね。

平均と比べてみて、自分の生活費が高いと感じたら節約を!

上記の平均と比べてみて自分の生活費はどうでしたか?もし平均と比べてあまりにも高いようであれば節約を視野に入れてみた方が良いかもしれません。

それではそれぞれの場合の節約ポイントについていくつかご紹介していきます。

一人暮らしの場合の節約・貯金ポイント

一人暮らしの方が生活費を節約するなら家賃や光熱費などの固定費を主に見直していきましょう。

  • 家賃は手取りの3割以下が理想
  • ガスはLPガスではなく都市ガスにする
  • エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に設定する

など出来ることから始めていってください。

また、この他に食材や日用品の購入は安売りの際にまとめて買うのも効果的です。

こまめに買い物に行くとその分、チラシや店頭での誘惑により不要な物まで買ってしまうことが多いため、なるべくまとめて買った方が良いのです。

そして正社員の方で福利厚生の中に財形貯蓄や社内預金がある場合は給料天引きの貯金にしておくと良いでしょう。

給料日に自動で貯金出来るので、自然とお金が貯まっていきますよ。

また、これらの名目がない場合でも銀行の自動積立貯金を利用すれば同様に貯金することが出来ます。

新婚夫婦の場合の節約・貯金ポイント

二人暮らしの場合も生活費の節約は固定費の見直しがポイントとなります。まずは以下のことが出来ているか見直してみてください。

  • スマホのキャリアを同じにする
  • インターネット回線をスマホの契約と同じにする
  • 使わない家電製品のコンセントは抜く

この他に、一人暮らしの場合と同様、自炊をしてなるべく食費を抑えることも大切です。

また、新婚夫婦で出産予定のある家庭の場合は200万円ほど貯金しておくと後に安心です。

ボーナスは貯金に充てるなど、無理のない範囲で貯金していきましょう。

同棲カップルの場合の節約・貯金ポイント

上記では触れていませんが、同棲カップルが節約するための方法も併せてご紹介します。

同棲カップルが生活費を節約するには共有の財布を作ること、さらにデートはお金をかけないものにすることを心掛けていきましょう。

まず、食費や光熱費などを捻出するための共有の財布を作っておくことで、家計管理がしやすくなります。

また、交通費や施設の利用費など、デートは何かとお金がかかるものです。

家で映画を見たり、一緒にゲームをしたりするなど、なるべくお金をかけないデートをすることで出費を抑えることが出来ます。

この他に、

  • 自炊をする
  • 食材や日用品はなるべく安売りの際にまとめて買う

等の工夫も効果的ですよ。

また、結婚を考えているなら結婚費用のことも考えて貯金をしていきましょう。結婚式や新婚旅行などはお金がかかるため、200~300万円ほど貯めておくのがおすすめです。

四人暮らし(夫婦と子供2人)の場合の節約・貯金ポイント

四人暮らしで生活費を節約するならまずは食費と娯楽費を見直しましょう。

まず、食費ですが

  • 格安スーパーでまとめ買いをする
  • 自炊をする

等の工夫をすれば抑えられます。

娯楽費はアミューズメントパークに行く回数を減らし、公園や無料動物園に行くようにすればかなりの出費を抑えることが出来ます。

また、この他に

  • 春はお花見
  • 秋は紅葉狩り
  • 冬はイルミネーション

等の季節ごとのイベントを楽しんでも良いですね。

また、保育園・幼稚園の時に比べ小学校に上がるようになればよりお金が必要となります。

そのため、なるべく子供が小さいうちにお金を貯めておいた方が良いでしょう。

特に自動積立貯金は毎月一定の金額を自動的に貯金することが出来るので、貯金分のお金が足りないということがなく、おすすめですよ。

生活費の節約法についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。(家計管理8にリンク)

自分の生活費は他の人と比べてどうなのか、一度振り返ってみよう

今回は生活費とは何か、また、その生活費の平均について見てきました。

ただ、今回ご紹介した平均値はあくまでも一例。ライフスタイルや家族の人数等によって費目に差が出てしまうことは当然あります。

ですが、あまりにも費用が多いようであればそれは節約をした方が良い場合もあるので、他の人と見比べてみることも大切です。

生きていく上で欠かせない生活費だからこそ、自分はしっかり管理出来ているか、一度振り返ってみてください。

また、節約が必要だと感じたら、出来る範囲で取り組んでいきましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット