懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

サザエさん症候群を乗り越える方法。日曜の夜が辛いあなたに

更新

日曜日。夕方。具体的にはテレビアニメの「サザエさん」が終わる頃。
この時間帯になると気持ちが沈んでくる。別にサザエさんが大好きで大好きで来週まで見れないのが寂しいとか、そういう訳ではない。だけど辛い。悲しい。毎週そんな心理状態に陥っている人、それは「サザエさん症候群」です。
このような名前がついている位ですから、同じ症状で悩んでいる人は沢山居るのです。
これが一体何なのか、皆さんうっすらお気付きのこととは思いますが、今回はこの、サザエさん症候群についてお話ししていきたいと思います。

明日が来るのが辛い…サザエさん症候群とは?

日曜日の夕方になると、「休日の終わり」を強く意識し、翌日からまた仕事や学校に行かなければならない。どうしても避けられない現実に気分が落ち込みひどく憂鬱になる、酷い場合は身体がだるくなったり、体調が悪くなる…。このような症状に対して付けられた俗称が「サザエさん症候群」です。
大体症状が出始める時間帯が、長年テレビアニメ「サザエさん」が放映されている時間帯であるためにこのような名前が付けられたのですが、「ブルーマンデー症候群」とも呼ばれています。
土日が休みでなければ、違う曜日(=休みの日)の夕方に症状が出ることになりますが、勿論それもサザエさん症候群に含まれます。

身体に不調が現れることも!?サザエさん症候群の症状

サザエさん症候群の最も多く見られる症状は、

  • 気分が落ち込む
  • 不安感
  • 恐怖感
  • 涙が出てくる
  • 眠れない

などの精神的な不調ですが、中には次のような身体的症状が見られる場合もあります。

  • 胃痛
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 発熱
  • 食欲低下

これは一種の「ストレス反応」で、うつ病の初期と同じような症状です。

心を追いつめるものの正体は?サザエさん症候群の原因

このような症状に苦しむ人達は既に気付いていることと思いますが、サザエさん症候群の原因はズバリ「仕事のストレス」です。
仕事が嫌だ、仕事に行きたくないという思いから来るものですので、仕事に行くことを「苦痛」と感じているうちは、おそらく症状が良くなることはありません。
仕事にストレスを感じる理由は人それぞれです。業務そのものが辛いという人も居れば、職場の人間関係に苦痛を感じる人、会社に行くのに電車に乗るのが嫌だ…という人も居るかも知れません。
他人から見れば些細なことであっても、本人が本当に嫌だと感じていればそれが症状の引き金となるのです。根本的な理由に本人が気付いていないというケースもあります。

ストレスを制する者が症状を制する!乗り切る為の対処法

サザエさん症候群に対処するには、ストレスを取り除く為のアクションを起こす必要があります。その為にはまず、ストレスの原因を突き止めなければいけません。
何故仕事に行きたくないのか、その具体的な理由を自分に問いかけましょう。そうして見出した「仕事が嫌な理由」があなたにとっての「ストレッサー」(ストレスを発生させる原因)です。
嫌な事に立ち向かうのは苦痛が伴いますが、ストレッサーから逃げ続けていてはいつまで経っても状況は良くなりません。その問題を取り除く必要があるのです。
その為にはどうすればいいのか考えてみましょう。まずどんな事でも構わないので、思いつく限り紙に書き出してみて下さい。
冷静に考えたらくだらないと思うような事でも構いません。とにかく全部書き出しましょう。その中から前向きに「これなら出来そうだ」と思うものを選び出して実行しましょう。

精神的に辛い状態の時は、何か行動を起こすのも億劫なものですが、はじめの一歩だと思って、まず自分の気持ちと向き合ってみて下さい。

それでもどうすればいいのか分からない…という人のために、具体的な対処法も幾つか挙げておきます。

「お楽しみ」を用意する
仕事を頑張ったら自分にご褒美を上げよう、そう決めておくと励みになるものです。
大好きなスイーツを食べるもよし、楽しい予定を入れておいたり、何か欲しいものを一つ買うのもよし…ご褒美のタイミングもいつでもOK。
次の休みでも金曜日の夜でも、「そんな先の事に希望なんか持てない!!」と言うのであれば、月曜の仕事の後でも良いでしょう。
それならば少なくとも月曜日の仕事は頑張れる筈。
休みの日も規則正しい生活を
休日だからと言ってお昼頃まで寝ていると、体内リズムが乱れてしまいます。
これは筆者の実体験ですが、何もする気が起きない、などと言ってダラダラと土日を過ごした結果、気持ちの切り替えが出来なくなり、月曜日になってもまったくやる気が出ずとんでもなく身体がだるい…という事がありました。
ゆっくり眠りたい気持ちは痛い程よく分かりますが、休日もなるべく普段と同じ生活リズムで過ごした方が、スイッチの切り替えが上手くいきますよ。
それに遅くまで寝ているとあっという間に休日が終わってしまいます。
休みの日は予定を入れて、極力早起きを心掛けましょう。
平日の疲れをしっかり取る
新しい週を迎えることに気持ちが前向きになれないのは、身体の疲れが取れていないからかもしれません。
疲労を翌週に持ち越す事がないよう、休日に疲れを取っておきましょう。
ダラダラ寝るのは良くありませんが、寝不足気味ならしっかり睡眠を取りましょう。
何か体のあちこちが凝ってるなぁと思ったら、たまにはゆっくりお風呂に浸かってみたり、温泉に出掛けるのもいいですね。
最近栄養が偏り気味だなと感じたら、ゆっくりと時間をかけてバランスの良い食事を作ったり。
軽めの運動も、疲労を取り除くのに効果がありますよ。
月曜の仕事の準備をする
何で休みの日まで仕事しなくちゃならないの!?と思うかもしれませんが、日曜日のうちに翌日の準備をしておくのもおすすめです。
と言うのも、やる事が沢山あって仕事に追われる状況が辛いのであれば、あらかじめ少し用意をしておくとそれだけでサクサク捗ったりするからです。
同時に、明日から仕事をするという心の準備も出来ます。
仕事の流れを整理したり、タスクリストを作っておくだけでも構いません。
明日会社で伝達しなければならない事をまとめておくとか、会議の議案を確認するとか、それだけでも充分です。
あえて自分からフライング気味に仕事に臨むことが、以外にも気持ちを楽にしてくれるのです。

自分の心の声に、しっかり耳を傾けよう

サザエさん症候群について、ご理解頂けたでしょうか。ストレスを抱えるに至った経緯は人それぞれです。今回ご紹介した方法で対処しきれない…現在の環境に居る限り改善が望めない、という場合は、転職なども視野に入れて考える必要があるかも知れません。
例え身体的な症状がなくても、心が発している「辛い」というシグナルを侮ってはいけません。追い詰められていると感じる程に苦痛ならば、それは何かしらの対処が必要な状況です。まずはご自身の心の声をしっかりと聞いてあげましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット