懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

履歴書に茶封筒はNG!履歴書用封筒を正しく選ぶ方法

更新

履歴書を送る時、意外と困る事が多いのが封筒です。履歴書作成時、封筒について困る内容はないか、と聞くと、封筒にはサイズや種類がたくさんあり、どれを選んだらいいか分からない、という声をよく聞きます。
封筒は大きく分けて2つ種類があります。茶封筒と白封筒です。どちらも普段何気なく使っている封筒ですが、履歴書を送るとなると、どちらの方がいいか悩んでしまうものですね。
実は、茶封筒には履歴書を入れるとちょっと困った事態を招いてしまうリスクがあるのです。履歴書を送る時、茶封筒だと良くない理由や、封筒を使った企業へのアピールポイントを解説していきます。
これから履歴書の作成に取り掛かる方や、履歴書を入れる封筒を選ぶという方は、ぜひご覧下さい。

履歴書を茶封筒に入れると良くない印象を持たれる可能性が。茶封筒よりも白封筒を使おう

履歴書を入れる場合、茶封筒よりも白封筒の方が適していると言われています。これはなぜなのでしょうか。茶封筒が履歴書送付にNGな訳を解説していきます。

茶封筒がNGな理由

実は、茶封筒は履歴書を入れるのにあまり適さないと言われています。これは、茶封筒が持つ特徴が関係しています。
茶封筒は白封筒よりも薄い紙を使っている事が多いです。その為、白封筒よりも破れやすく、重要な書類を入れるのには適さないのです。
茶封筒は他の封筒に比べ、値段が安い事が多いです。その為、企業では一般的に領収書等の重要度の低い書類を入れるのに活用しています。
企業には毎日たくさんの郵便物が来ますから、企業によっては封筒の色で重要かどうかを判断し、振り分けている所もあります。
茶封筒で履歴書を送ってしまうと、そうした重要度の低い書類に履歴書が振り分けられた為に、封筒の開封が遅れてしまう可能性もあるのです。

  • 破れやすい
  • 重要度の低い書類を入れるイメージがある

といった点から、企業によっては茶封筒で送られた履歴書に対してマイナスのイメージを持ってしまう所もあります。開封が遅れるリスクもありますから、履歴書を送る時は、茶封筒は避けるようにしましょう。

茶封筒よりも白封筒を使おう

履歴書を送る時は、茶封筒ではなく、白封筒を使うようにしましょう。
企業は一般的に、重要書類は丈夫で見栄えのいい白封筒を使っています。白封筒は茶封筒よりも丈夫である事が多く、他の封筒に比べ目立ちやすいので、届いた時にすぐ発見してもらえる為です。
丈夫で見栄えがいい、という特徴は、履歴書を送る際にも役立ちます。白封筒はビジネスマナーに合った封筒であると同時に、履歴書が安全に届く可能性をアップさせてくれる封筒でもあるのです。
ただ、白封筒は目立ちやすい分、

  • 誤字脱字
  • 字のヨレ
  • 下書きの消し忘れ

等が目立ちやすいです。
記入の際はできれば下書きはしない方がいいでしょう。メモ等に記入すべき内容を正しく記入し、それを見ながら記入するのがオススメです。定規を真っ直ぐに当てながら記入すると、文字が斜めになる事を防げます。

封筒に関連したアピールポイントを使えば、印象アップ間違いなし!

白封筒を活用するだけでなく、封筒に関連したアピールポイントも押さえておきましょう。
履歴書を使ったアピールをする人は多いですが、封筒にまで気を配る人は少ないです。封筒でもしっかりアピールする事ができれば、他の応募者に差をつける事ができますよ。

添え状を入れておこう

履歴書を入れる際、ただ入れるのではなく添え状を入れておくと、ビジネスマナーを知っている事をアピールできます。
添え状は左上に宛名を書き、右上には送付する日の日付を記入します。宛名は企業名を省略せずに、正式名称で記入して下さい。
その下には、

  • 自分の署名
  • 本文
  • 記書き

を記入しましょう。
本文を記入する時は上から以下の項目を記載していきます。

  • 頭語
  • 季節の挨拶
  • 結語
  • 右下に「以上」

書き方を間違えるとかえってマイナスのイメージを持たれてしまいます。誤字脱字への注意はもちろん、内容にも間違いがないかしっかり確認してから作成するようにしましょう。

履歴書等を封筒に入れる順番

実は、履歴書を封筒に入れる際にも、正しい順番が存在しています。
順番は上から、

  • 添え状
  • 履歴書
  • エントリーシート
  • その他の資料

となります。
履歴書を入れる際は、この順番通りに入れるようにしましょう。また、書類をさかさまに入れないように気を付けて下さい。
履歴書の書類は自分がどんなに気を付けても、郵送中に汚損してしまう可能性が付きまといます。
封筒で防げる程度の汚れや水分に触れる程度ならまだいいですが、梅雨の時期や雪の時期等、水分や汚れが付く可能性が高い時期には要注意です。この様な時期に履歴書を送る際は、クリアファイル等に入れて送るといいでしょう。
クリアファイルに入れてから封筒に入れると、その分封筒も重たくなります。切手の料金が変わる可能性が高いので、料金不足が起こらないように気を付けましょう。
不安な人は、郵便局の窓口に持っていきましょう。料金の過不足を気にしなくて済むので、オススメです。

記入時は表面だけでなく、裏面にも注意

封筒の記入時、宛名として企業の名前や、住所を記入する為、表面の記入は注意深く行う方が多いです。しかし、封筒記入時には表面だけでなく、裏面の記入にも注意が必要です。
封筒の裏面には、以下の内容をしっかり記入しておきましょう。

  • 封筒左上に投函日
  • 封の部分に封字「〆」マーク
  • 左下に自分の住所と氏名
  • 新卒の場合は、大学名も忘れずに

これらの内容をしっかり記載しているだけでも、印象を良くする事ができます。表面に記入する時同様、誤字脱字に気を付けて、丁寧に記入して下さい。

履歴書は茶封筒よりも白封筒の方が適している。より印象のいい方を選ぼう

茶封筒は重要度の低い書類を入れるのに使われる事が多い封筒です。履歴書を入れるのに適している封筒ではありません。履歴書を入れる際は、重要書類を入れる封筒である、白封筒に入れるようにしましょう。
また、ただ封筒に入れるだけでなく、添え状や裏面の記入等、封筒に関連したアピールポイントもしっかり押さえておきましょう。少しでも自分の印象をよくするためにも、封筒でできるアピールポイントはしっかり押さえるようにして下さい。

この記事をシェア

 
チャンスイット