懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

ランドセルに鍵をつける時の注意点。安全に持たせるための方法

更新

共働き家庭だと小学生でも子供にカギを持たせている家庭が多いと思います。
また、普段は親が家にいても、なんらかの用事があって家を空けることもあるので、何かあった時に備えてカギを持たせたいという方もいるでしょう。
でもカギの管理はしっかりしないととても危ないですね。ランドセルに無防備につけてしまうと「カギを持っています=家に誰もいません」と言っているようなもの。
それではランドセルにカギをつけるにはどうすればいいのか、その注意点についてまとめました。
また、安心してカギを持たせられるおすすめ商品などもご紹介します。

子供のランドセルに安全に鍵をつける方法

子供に鍵を持たせる時に注意したいのは、外から見て「鍵を持っている」ということがわからないようにすることです。

リール付きキーホルダーでランドセルの横につける

一番多いのは、ランドセルの横につける方法でしょう。物を引っ掛けることが出来る金具がついています。
ここにキーホルダーをつけて落とす心配もありません。
使いやすいようにリール付きのキーホルダーにつけてあげると、ランドセルを下ろさなくても伸ばして鍵を開けられますね。

ただしむき出しだと鍵が見えて不用心なので、キーカバーをつけて見えないようにしてあげてください。

リール付きキーホルダーでランドセルの内側につける

リール付きのキーホルダーに鍵をつけて、それをランドセルの内側のベルトにつけてあげます。
これもできれば鍵が見えないように、キーカバーがついていると安心ですね。
ランドセルの横にある金具につけてもいいのですが、見る人が見れば「鍵をつけている」とわかってしまうので、ランドセルの内側につける方法もおすすめします。

長いスプリングのキーホルダーにつけてランドセルの内側に入れる

ランドセルの内側でも出来るだけ見えないようにしたい場合は、長いスプリングのついたキーホルダーに鍵をつけて、ランドセルの横につけます。
それを内側のポケットまで伸ばして入れて、ファスナーを閉めておけばいいでしょう。

ランドセルのポケットに入れる

普通のキーホルダーにつけてあげて、内側のファスナーのついたポケットに入れてあげてもいいと思います。
我が家の末っ子はお気に入りのキーホルダーにリールがついていなかったので、この方法で入れています。

ただ、学校でむやみにこのポケットを開けないことなど、中から鍵が出てしまわないようにしっかり注意をしておかないといけません。

取り出す時にランドセルを下ろさなければいけないという手間がありますが、大きくなれば手を伸ばして取り出すことも出来ると思います。

ランドセルの肩ベルトにつける

ランドセルの肩ベルトにもキーホルダーをつけられる金具がついています。
ランドセルの内ポケットだと家の前で鍵を出しているところを見られるのがイヤだという人は、肩ベルトにつけてあげて、見えないようにキーカバーをつけてあげるといいでしょう。

高学年になれば身につける方法もあり

高学年になって自分である程度鍵の管理が出来る、鍵の大切さがわかるようになれば、ランドセルにつけるのではなくて身につけてあげた方が扱いやすいかもしれません。
ただ、ポケットにそのまま入れるのは落としてしまうかもしれないので危険です。
また、ネックストラップで首にかける人もいるようですが、これも危険。公園などで遊んでいる時に遊具に引っかかったりすることもあるからです。

できれば伸びるリール付きのキーホルダーなどにつけて、カラビナなどでズボンやスカートのベルト通しにつけてあげれば大丈夫。ポケットにも入れやすくなりますよ。

こんなところに注意して!ランドセルに鍵をつける時に気をつけたいこと

鍵は目立たないことが一番。そして、子供がちゃんと自分で扱えることが大事です。

あまり目立たないデザインのものを

キーホルダーやキーカバーもすごく可愛いものがあります。女の子だったら、自分が気に入ったもの、可愛いものがいい!と言うかもしれませんが、それだと鍵が目立ってしまいます。
ここは可愛さを捨てて、実用性を選びましょう。
ランドセルと同系色の目立たない色やデザインの物を選んでください。

丈夫なものを選ぶ

キーホルダーやリールなどは100均でも売っています。でも、子供は何でも乱暴に扱いがち。耐久性が心配です。
途中で壊れて落としてしまう、そして落としたことに気づかないなんて事があると困るので、なるべく丈夫な作りのものを選んでください。

実際に子供が扱えるかどうか

ランドセルの肩ベルトにつけたり、横につけたり、方法は色々あります。
ランドセルの内ポケットに入れる方法でも、慣れてくればランドセルを下ろさなくても取り出せるようになります。

大事なのは子供が自分で扱いやすいかどうかなので、どこにつけるのが一番使いやすいかということも相談しながら決めた方がいいでしょう。

子供のランドセルにつけやすい、おすすめの鍵ホルダー

それでは実際にどんな品物があるか、タイプ別におすすめの商品をご紹介しますね。

オーシャンアンドグラウンドキーケース

ランドセルの横につけるタイプのキーケースです。リールがついているので鍵を引っ張って使えます。

10色もあるので、ランドセルにマッチする色が見つかるのではないでしょうか。
価格:1,079円

ディズニーリール付きキーケース

ランドセルの内側にしまうなら、柄付きのものでもいいと思います。

男の子用、女の子用に柄がたくさんあるので、きっとお気に入りが見つかります。
価格:1,382円

カギリターンズ

ランドセルの肩ベルトに巻き付けて使うタイプです。これならブラブラしないですし、目立ちにくいですね。

鍵を持っていることがわからないようにしたいけど、ランドセルの中にしまってしまうと取り出すのが大変な小さい子に向いているキーホルダーです。
価格:1,026円

コクヨキーチェーン

ランドセルの横、または内側のベルトにつけて、内ポケットにしまっておきたい時はこのように長いキーチェーンが便利です。

コクヨの商品なので、近所の文房具屋さんでも売っているかもしれません。
価格:210円

子供に鍵の重要性、人に見られてはいけない理由を理解させる

いくら親が気をつけても、鍵が見えないようにと工夫をしても、子供がなぜそうしなければいけないのかという理由がわかっていないと意味がありません。
子供はカギの大切さなんてわかっていないので、せっかく見えないようにランドセルに入れたのに、手に持ちながら歩いている、なんてこともあるからです。

  • きちんと管理しておかないとなくしてしまうかもしれない
  • もし悪い人に見られたら家までついて来られるかもしれない
  • 家に大人がいないことがばれたら泥棒に入られるかもしれない

これがどれほど大変なことなのか、ということをきちんと話しましょう。
世の中にはいい人ばかりではなく、子供を襲う人もいるのだということ。

自分の身を守るために、子供といえども防犯意識を持っていないといけないということを折に触れて話すようにしてください。

鍵を持っていることも言わない

かわいいキーホルダーなんてつけてあげると、それを友達に言いたくて「鍵を持ってるんだ〜」なんて話してしまうことがあります。
子供の間では、鍵を持っているということ自体が自慢話にもなるようですね。
うちの末っ子も「○○ちゃんも鍵持ってるんだって!」なんていうので、鍵の話しちゃいけないって言ったでしょうとその都度注意をしますが、小さい子はすぐに忘れてしまいます。
学校での会話なら泥棒が聞いている心配はありませんが、子供のことですからどこでそんな話をするかわかりません。
人前では鍵を持っているということを話さないようにする、ということも徹底してください。

「ただいま」と言って家に入る

自分で鍵を開けて入ったとしても、大きな声で「ただいま!」と言って家に入るように徹底してください。
鍵を持っているからといって家が留守だとは限らないですし、周りで誰が見ていてもいいように、「家には人がいる」と見せることも大事です。

日頃の注意が大事。鍵と一緒に防犯意識も持たせよう

小さい子供に鍵を持たせるのは色々な不安もあると思いますが、何よりも日頃からの会話が大事です。
鍵の大切さや防犯の大切さを口が酸っぱくなるほど、注意してください。「わかったよ!」と言われるかもしれませんが、わかってませんから。
市販のグッズと防犯意識、これが2つ合わさってようやく安全に鍵を持たせられるのです。毎日鍵のありかをきちんと確認することもお忘れなく!

この記事をシェア

 
チャンスイット