懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

意外と侮れないラジオ体操の効果。運動が苦手でもできる!

更新

ラジオ体操なんて、子供かお年寄りがやるものだと思っていませんか。
ラジオ体操は実は全身運動。実際にやってみるとわかりますが、上半身も下半身もまんべんなく使える運動なのです。
しかも、運動神経が悪くても、スポーツが苦手でも出来るのが嬉しいですね。家の中でも出来るから、天気に関係なく毎日やることが出来ます。
そんなラジオ体操にはどのような効果があるのか、どのくらいやればいいのかということについてまとめました。
ダイエットにも役立つので、ぜひ今日から早速やってみてください。

ラジオ体操は全身運動だった!その健康効果

最近運動不足だなあと思う人は、ぜひラジオ体操をしてみてほしいと思います。
私は家で仕事をしているせいで、意識しないと相当な運動不足になってしまいます。
それで、仕事の合間にラジオ体操をしていますが、続けることでいいダイエットにもなるんですよ。

立ったままでも座ってもできる運動

ラジオ体操の素晴らしいところは、立っても座ってもできるという点です。
今日はちょっと膝が痛いから、なんて時には座って上半身を中心に動かせばいいですし、元気な時は思い切り全身動かせばいいですよね。
自分の体調に合わせて運動の強度を調節できるというところが「誰にでも出来る運動」として根付いている理由だと思います。

たった6分で全身を満遍なく動かせる

実際にやってみるとわかりますが、上半身も下半身も結構満遍なく動かす動きが取り入れられています。
腰をひねったり、ジャンプしたり、動きにバリエーションがあり、普段は使っていない筋肉も効率的に動かすことができるんです。

ラジオ体操の第1、第2、それぞれ13種類もの動きがあります。これだけで、全身の筋肉の2/3は動かせるようになっているそうですよ。

第1、第2はそれぞれ3分ほどしかありません。2つやってもたった6分なのです。
6分で全身運動ができるものを他にご存知でしょうか。あまり思いつきませんよね。

肩こり、腰痛予防に

例えば洗濯物を干すとか、電車のつり革に捕まる時ぐらいしか、腕を上げる動作ってしなくなっていませんか?
そうすると肩周りの筋肉もこりやすくなりますよね。
また、デスクワークなどで1日中座りっぱなしの人は腰痛を抱えている人が多いでしょう。
ラジオ体操は体を前後に動かしたり、ひねったり、腕を上げるなど肩こりや腰痛にいい動きがたくさん取り入れられています。
一つ一つの動きを丁寧にやることで、凝った筋肉がだんだんほぐれてきますよ。

全身の血行が良くなる

ラジオ体操をやって見て実感していることですが、たった3分やるだけで、全身がポカポカしてくるんです。
手の先、足の先まで意識してしっかり動かすことで血行が良くなるのがわかります。

腹筋や腕立てなどの筋トレだけだと「辛い」という思いが先にきてしまうと思うのですが、ラジオ体操は辛くない。

それなのに、終わった後は汗ばむくらい血行が良くなる運動なんです。

冷え性の改善

手足の先が冷えている人ほどラジオ体操をやってみてほしいと思います。
血行が良くなってくると、冷えも感じにくくなりますよ。

1日にたった数分で冷え性の改善につながるので、夜寝る時ももう寒い思いをしなくても大丈夫になるかもしれません。

寝つきが良くなる

体が冷えにくくなることで、寝つきも良くなります。
寝る30分前くらいにラジオ体操をしておくと、血行が良くなって身体がぽかぽかしてくるので、すんなり眠れるようになると思います。
身体が冷えていてなかなか寝付けないという人は是非やってみてください。

代謝がアップしてダイエット効果も

血行が良くなるということは代謝も良くなるということですね。
代謝がよくなるということはエネルギー効率のよい身体になりますから、ダイエットにも役に立ちます。
そして意外にカロリーを消費できるのもポイント。
「全国ラジオ体操連盟」のQ&Aのページには、15分の運動を行った場合の消費カロリーが掲載されています。

運動の種類 15分の消費カロリー
ラジオ体操 57.0kcal
ウォーキング(40〜60m/分) 32.25kcal
ウォーキング(70〜80m/分) 39.75kcal
ウォーキング(90〜100m/分) 57.0kcal
ジョギング(120m/分) 87.75kcal
ストレッチ 31.5kcal

となっています。
ということは、同じ時間の運動を行うのであれば、ジョギングほどではないけれど、ウォーキングよりはカロリーが消費できる、ということになりますね。

筋トレにもなる

久しぶりにラジオ体操をしたときのこと。一つ一つの動きを真剣にやってみました。
そうしたら、翌日太腿の裏側がかなり筋肉痛になりまして。
体の裏側の筋肉って、意外と使っていないんだなということが良くわかりました。
腹筋もやや筋肉痛でしたし。

姿勢を良くすることや呼吸をしっかりすることを心がけてやったのですが、そうするとかなり筋肉をしっかり使えているんだなということがわかってよかったです。

だから、ダンベルなどの器具がなくても、辛い腹筋や腕立てをしなくても、全身の筋トレが無理なくできるのがラジオ体操なのです。
年齢を重ねるほどに筋肉量は減っていき、基礎代謝量も下がっていきます。
筋肉量を維持するためにも、ラジオ体操を毎日やって欲しいです。

姿勢が良くなる

腕を上げたり、身体をぐるぐる回したりといった動きは、日常生活の中であまりないかもしれません。
ラジオ体操をやると、背中の筋肉も結構使いますし、腰回りの筋肉もほぐれてくるので、自然と姿勢が良くなってきます。

ラジオ体操の効果をアップさせるための正しいやり方

ラジオ体操はとても簡単な動きなので、運動が苦手な人でも大丈夫。
でも、簡単なだけに、正しい動きで筋肉を意識してやることが大事です。

第1と第2の違い

第1と第2、運動の強度が違います。第1は主にウォーミングとストレッチ。リズムに合わせて体全体をバランス良く動かせるような動きが取り入れられています。
普段使わない筋肉もしっかり動かすことが出来るようになっているので、身体の硬い人はすぐに筋肉痛になるかも。
そして第2はもう少し運動の強度が上がり、筋力の強化がメインになっています。大きな動きが多くて、肩こりや腰痛の改善にも役立ちそうです。
どちらをやってもかまいませんが、両方やるなら第1→第2の順でやるといいですよ。

一つ一つの動きを丁寧に、真剣にやる

まずは姿勢です。しっかりと前を向いて軽く胸を張り、背筋をピンと伸ばした姿勢からスタートしましょう。
そして、動きは大きく、丁寧に。手の先までピンと伸ばして「今どこの筋肉を使っているか」ということを意識しながら真剣にやってみてください。

呼吸を止めない

運動の基本ですが、筋肉を動かす時は呼吸を止めないことがとても大切です。
筋肉を動かすためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを作るためには酸素が必要なのです。

息を止めたまま筋肉を動かすと無駄な力が入ってしまいうまく筋肉を動かせないということと、血圧が上がりやすくなってしまうため、呼吸を止めてはいけないのです。

吐く、吸うを意識して、酸素をたっぷり取り入れながらやってみてください。

ダイエット目的なら夕方に1回やる

ラジオ体操は1日のうちでいつやってもいい運動ですが、ダイエットのために行うなら、夕方がいいといわれています。
それは、16時〜18時くらいが一番体温が高くなる時間帯だから。
その時に運動をするとカロリー消費も大きく、脂肪燃焼効率がアップするんですね。
仕事中は難しいかもしれませんが、休憩がてらほんの5〜6分のことですから、ちょっと人目につかないところでやってみたいですね。

100年近い歴史がある、誰にでも出来る運動

ラジオ体操が作られたのは昭和3年。もう90年も前のことです。
国民の体力向上や健康の増進を目的として、「国民保険体操」という名前が付けられました。
こんなに長い歴史を持った体操だなんて知りませんでした。今でも小中学校で取り入れられていますし、近所の公園などでもやっている人を見かけますね。

負荷が少なくて誰にでも出来る

しっかり身体を動かすことが出来るのに、膝や腰などへの負担は少ない、それがラジオ体操の特徴です。
誰にでもできるし、家の中でも毎日好きな時に出来る。これが何よりのメリットですよね。
即効性はないものの、毎日続けることで健康な身体を維持できる運動です。

毎日続けてこそ効果が出る。楽しくラジオ体操を続けるコツ

運動というのは続けてなんぼ。たまに、思い出した時だけやるのはダメなんです。
でも私は3日坊主で、という方もいますよね。そんな人でも続けやすい方法をご紹介しますよ。

早起きしてテレビを見ながらやってみよう

月曜から金曜の朝6時25分から、Eテレで「みんなの体操」という10分間の番組があります。
最初は簡単な体操をして、それからラジオ体操に入ります。

動きのポイントなども解説してくれているので、もし6時くらいに起きているなら、バナナなど軽い朝食を摂ってからこの時間にラジオ体操をしてみてはいかがでしょうか。

私も、お弁当作り&朝食作りの合間にやっています。

動画サイトを見ながら

ラジオ体操ってどんな動きだったっけ?と忘れている人が多いと思いますので、こちらの動画を参考にやってみてください。
▼ラジオ体操第1

▼ラジオ体操第2

スマホやタブレットでももちろん見ることが出来ますから、いつでもどこでもできますね。

アプリを使って楽しく続ける

私も使っている、便利なラジオ体操アプリをご紹介しますね。

▼毎朝体操公式サイト
http://maiasa.jp/pc/top/

第1と第2、それぞれ別々に行うこともできるし、続けて行うことも出来ます。
また、

  • 音楽あり
  • 音楽なし
  • 先生の声に合わせて
  • 購入した音楽に合わせて

など、自分が好きなパターンで運動することが出来るんです。
私は、音楽がないパターンを使って、動画サイトを見ながらやっています。スマホを持ったまま体操するので、投げたりしないように注意してくださいね。
体操の後は採点があって、それぞれの動きが何点か、また、総合点も出されます。採点されるとモチベーションが上がりますね。
その得点でおまけつきのイベントに参加することも出来るので、楽しいですよ。

季節に合わせて、また点数に応じてトロフィーがもらえるので「全部集めたい」という気持ちになり、自然と毎日続けられるようになります。

毎日続けて健康に。真剣にやればダイエットも出来るラジオ体操

「全国ラジオ体操連盟」のページには、「ラジオ体操は漢方薬のようなもの」という言葉がありました。
たしかに、たった3分の運動ですぐに痩せたり、健康になったりということはないかも知れませんが、毎日続けることでじわじわと健康になっていく、ラジオ体操はそんな運動です。
簡単で辛くないから続けられると思うんです。1日たった数分ですし、気分が乗れば何回やってもいいと思います。
毎日続けることで段々と身体も引き締まっていくし、健康を維持できる運動ですから、是非皆さんやってみてください。

この記事をシェア

 
チャンスイット