懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

Pontaポイントの貯め方と使い方!買い物以外にも貯められる

更新

Pontaポイントでポイ活をはじめたいと考えている人はいませんか。

Pontaポイントは、Tポイントに続いて利用者数が多いポイントで、様々なところで貯めたり使えたりします。

その反面、他のポイントとの提携が多く、サービスを利用するために公式サイト以外の登録が何かと求められる面倒くささもあります。

まず公式サイトPontaWebに登録する時点で、PontaIDとリクルートIDの2つが作られるという複雑さです。

ただしこの面倒くささを乗り越えられれば、Pontaポイントは様々な面で活用できるようになります。

今回はPontaポイントの貯め方と使い方を詳しくご紹介します。使い方のコツさえ覚えれば、かなり集めやすいポイントです。

有効期限が変わる?リクルートとPontaポイントの関係

Pontaポイントとは、提携社で貯めたり使えたりするポイントのことです。提携社の買い物でPontaカードを提示すると、100円(税抜)・200円(税抜)で1ポイント貯められます。

Pontaポイント=ローソンのポイントと思われがちですが、実は違います。Pontaポイントは三菱商事の子会社であるロイヤリティマーケティングが中心になって立ち上げたポイントサービスです。

このため三菱商事と深い関係のあるローソン・昭和シェル石油・ゲオでもPontaポイントを貯められます。

可能性としてはほぼゼロですが、もしローソンが潰れてもPontaポイントのサービスは継続されます。

なぜいきなりPontaポイントの誕生から話し始めたのかというと、リクルートポイントとの関係を説明しなければいけないからです。

三菱商事の子会社ロイヤリティマーケティングが中心になって立ち上げたPontaは、2015年からPontaポイントにリクルートポイントが統合されました。

Pontaポイントにリクルートポイントが統合されたことで何が起きるのかというと、Ponta公式サイトとリクルートポイント公式サイトの登録による有効期限の変化です。

【リクルートID登録済でPonta会員ID未登録】
最終のポイント加算日から12か月後の月末
※2015年11月24日に最終のポイント加算→2016年11月30日失効

【Ponta WebへリクルートID登録済かつ、Ponta会員ID登録済】
最終ご利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間
※2015年11月24日に最終のポイント加算→2016年11月24日失効

【リクルートID未登録かつ、Pontaカード所持】
最終ご利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間
※2015年11月24日に最終のポイント加算→2016年11月24日失効

またPontaポイントが貯められるサービス内容も変わります。

【リクルートID登録済でPonta会員ID未登録】
リクルートのポイント連携サービスで貯まる・つかえる

【Ponta WebへリクルートID登録済かつ、Ponta会員ID登録済】
リクルートのポイント連携サービス・Pontaサービス双方で貯まる・つかえる

【リクルートID未登録かつ、Pontaカード所持】
Pontaサービスで貯まる・つかえる

このようにリクルートIDを登録すると、リクルートサービスでもPontaポイントを貯められるようになります。

PontaWebに登録すれば、Ponta会員IDとリクルートIDを同時に登録できます。

リクルートポイントをPontaポイントに交換できる

また100%のレートでリクルートポイントをPontaポイントへ交換することもできます。

Pontaポイントでポイ活をしたいのなら、リクルートポイントを貯める方法も調べておいたほうがよいです。

ただしリクルートの期間限定ポイントや、リクルートサービスのサイト限定ポイントは、Pontaポイントへ交換できないので注意してください。

いくら貯まる?Pontaポイント機能がついたカードをご紹介

Pontaポイント提携社での買い物のときに、カードかアプリを提示するとPontaポイントを貯められます。Pontaポイントを貯められるカードは、大きく分けると3種類あります。

  • ポイントカード機能のみ(入会費・年会費無料)
  • プリペイド機能付き
  • クレジット機能付き

クレジット機能付きのカードはさらに種類が分かれています。

Pontaポイントカード機能つきクレジットカードと還元率

Pontaポイントを貯められるクレジットカードは以下の通りです。

  • Ponta Premium Plus(還元率1.0%+α)
  • ローソンPontaカードVisa(還元率0.5%)
  • JMBローソンPontaカードVisa(還元率0.5%)
  • ルートインホテルズPontaVISAカード(還元率0.5%)
  • シェル-Pontaクレジットカード(還元率1.0%)
  • ヒマラヤPontaカードPlus(還元率0.5%)
  • SHIMIZU With Card(還元率0.5%)
  • ニシムタPonta JCBカード(還元率0.5%)
  • アルビスPontaカードプラス(還元率0.5%)
  • ローソンPontaプラス(還元率0.5%)

※Pontaポイント提携社以外での買い物の還元率を掲載しています。

またPontaポイントを貯められるクレジットカードには「Ponta会員ID登録タイプ」というのもあります。

これはクレジットカードにPontaカードを登録することで、Pontaポイントが貯められるようになるカードです。

もともとPontaポイントが貯められる上記で紹介したクレジットカードとは異なります。

現在のところ「Ponta会員ID登録タイプ」は、「Orico Owners Card for BIZ Ponta Course」のみです。

その他のクレジットカードでもPontaポイントを貯められる

あえてリクルートポイントを貯めて、Pontaポイントと交換するという方法もあります。

最初のほうでも述べたとおり、リクルートポイントはPontaポイントへ100%のレートで交換できます。

リクルートポイントを貯めやすいカードといえば「リクルートカード」です。

年会費は永年無料で、還元率は1.2%と非常に高いです。

アプリなら海外旅行でもPontaポイントを貯められる

Pontaポイントには公式アプリ「Pontaカード(公式)」があります。

こちらはiPhone(iOS)とAndroid両方に対応しているアプリです。

Pontaカード(公式)アプリカードには、Pontaカードと同じようにPontaポイントを貯められるほか、以下のようなメリットがあります。

  • ポイント残高が確認できる
  • Pontaカード(公式)アプリポイント提携社のクーポンがもらえる
  • お試し引換券が利用できる
  • 特別ポイントが利用できる

お試し引換券とは、対象商品と交換ができるクーポンです。Pontaカード(公式)アプリポイントを使えば、お試し引換券をもらえます。

特別ポイントとは、キャンペーンに参加することでもらえるポイントです。ローソンやローソンストア100で利用できます。

Pontaカード(公式)アプリポイントはインドネシアやマレーシアにも進出しています。アプリで利用する国を切り替えると、その国でPontaカード(公式)アプリポイントが貯められるようになります。

Pontaカード(公式)アプリでポイントが貯まる海外のお店は、公式サイトPontaWebで確認ができます。

レシート投稿やアンケートで貯める!Pontaポイントの貯め方

Pontaポイントは、Ponta提携社で買い物をすることにより貯められます。

100円(税抜)または200円(税抜)につき1ポイント貯められます。

またガスや電気などの固定費の支払いでもPonta提携社ならPontaポイントを貯められます。その他、Pontaポイントは様々な方法で貯められます。

Pontaポイントを貯められるお店

Pontaポイントを貯められるお店を一部ご紹介します。

【百貨店・コンビニ・スーパー・ドラッグストア】

  • アルビス
  • Oisix × Pontaポイント
  • ゼクシィ内祝い
  • 大和
  • 高島屋
  • トモズ
  • ニシムタ
  • ユニディ
  • ライフ
  • ローソン
  • ローソンストア100

【電気・ガス】

  • エネワン(株式会社サイサン)
  • ガスワン(株式会社サイサン)
  • 関西電力(はぴeポイント)
  • 西部ガス
  • 中部電力 カテエネポイント
  • でんきの比較インズウェブ
  • 東京ガス パッチョポイント
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • まちエネ
  • ミツウロコでんき
  • よりそうeねっと

この他、ホットペッパーグルメなどのリクルートのサービスでも貯められます。

ポイントモールでPontaポイントを貯める

Pontaポイントを貯められる「Pontaポイントモール」というサイトがあります。

Pontaポイントモールを経由しネットショップで買い物をすると、Pontaポイントを貯められます。

Pontaポイントモールを経由し買い物ができるネットショップは、ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティー・じゃらんなどがあります。

そのほかPontaポイントモールでは、以下の方法でもPontaポイントを貯められます。

  • ポイントモールで紹介しているサービスの利用(無料会員登録など)
  • ゲーム
  • アンケート

隙間時間に少しずつポイントを貯められます。

レシートde Pontaならレシート投稿5枚で1ポイント

毎日の買い物のレシートを写真で取り「レシートde Ponta」に投稿すると、Pontaポイントを貯められます。

レシート5枚投稿に対し、1 Pontaポイント貯められます。レシートの投稿期間は、購入日から5日後(23:59)までです。

その他にもレシートde Pontaは、特定商品のレシート投稿やアンケートでポイントが貯められます。

JAL便の飛行機に乗ってPontaポイントを貯める

JALには、マイルの代わりにPontaポイントを貯められる「Pontaコース」というコースがあります。

Pontaコースを選択しJALグループ便に乗ると、通常もらえるフライトマイルの半分のPontaポイントがもらえます。

Pontaコースを利用するためには、「JALマイレージバンクのお得意様番号とパスワード(6桁)」が必要です。

JALマイレージバンクのお得意様番号とパスワード(6桁)は、JALカードなどを発行するともらえる情報です。

JALカードを持っていない人でも、年会費・入会費無料のJMBカードを作れば問題ありません。

ちなみにJMBローソンPontaカードVisaを持っている人は、JMB×Ponta会員に自動登録しているので、すぐにでもPontaコースを利用できます。

その他のアンケートやゲームでPontaポイントを貯める

その他にもPontaポイントを貯める方法はあります。

【アンケート】
Pontaポイントモールのアンケートでもポイントを貯められますが、「Pontaリサーチ」でもアンケートでPontaポイントを貯められます。

【ゲーム】
Pontaポイントモールのゲームでもポイントを貯められますが、「Ponta PLAY」でもゲームでPontaポイントを貯められます。

【ホットペッパーグルメ貯める】
Ponta会員IDとリクルートIDを連携すると、ホットペッパーグルメの予約やお食事券などでもPontaポイントが貯められるようになります。

【おサイフケータイ(楽天Edy)で貯める】
おサイフケータイ(楽天Edy)のポイント設定を変更すると、楽天Edy決済で200円(税抜)につき1ポイントのPontaポイントが貯められるようになります。

無駄なく使う!貯まったPontaポイントの様々な使い方

貯めたPontaポイントはどのように利用すればよいでしょうか。

Pontaポイントの使い方をご紹介します。

Pontaポイント提携社で利用する

Pontaポイントは、Ponta提携社で1ポイント1円として利用できます。ただしすべての提携社で利用できるわけではありません。

なかにはPontaポイントは貯められるけど使えないという提携社もあります。

Pontaポイントでポイ活をしようと考えているのなら、Pontaポイントの使い道を貯める前に考えた方がよいでしょう。

以下ではPontaポイントが利用できるお店を一部ご紹介します。

【百貨店・コンビニ・スーパー・ドラッグストア】

  • アルビス
  • Oisix × Pontaポイント
  • ゼクシィ内祝い
  • 大和
  • 高島屋
  • トモズ
  • ニシムタ
  • ユニディ
  • ライフ
  • ローソン
  • ローソンストア100

【ネットショッピング・通販・宅配】

  • HMV&BOOKS online
  • Oisix × Pontaポイント
  • ゲオ宅配DVDレンタル
  • cotoco
  • サンプル百貨店
  • ポンパレモール
  • ゼクシィ内祝い

【その他】

  • じゃらんnet
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティー
  • シェル
  • ゲオ
  • HMV
  • 中部電力 カテエネポイント
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社

買い物・旅行・グルメなど、利用方法は様々です。

意外とお得な使い道!ローソンのお試し引換券と交換する

ローソンに置かれている設置型機器「Loppi」またはローソンアプリで、Pontaポイントをローソンのお試し引換券に交換できます。

お試し引換券は、ローソンの商品と交換できるクーポンです。オンラインからなら、お試し引換券の予約も可能です。

公式サイトPontaWebなら、Pontaポイントをレジャー・グルメ・家電などの商品と交換できます。

Pontaポイントはサービスが分かりにくいが貯め方は無限大!

リクルートポイントがPontaポイントに統合されたため、両方のサービスが複雑に絡み合っています。

統合されてサービスが分かりにくくなったという難点もありますが、統合されたことでメリットもうまれました。

100%のレートでポイントを交換できるうえに、リクルートサービスでPontaポイントを貯められるのも統合されたおかげです。

このためPontaポイントでポイ活をしたいのなら、リクルートサービスについても調べたほうがよいでしょう。

ホットペッパーグルメやホットペッパービューティーなど日常でよく利用するオンラインサービスはリクルートが提供しています。

調べるのは手間ですが、うまく活用できれば効率よく貯められます。

この記事をシェア

 
チャンスイット