懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

ポイ活のポイント収入も確定申告が必要!具体的なやり方も説明

更新

ポイ活を始めて「ちょっとしか稼げなかった」という人も、「結構稼げちゃった」という人も、ポイ活で一定以上の金額を稼いだら、確定申告が必要であることを知っておきましょう。

ポイ活によるポイント収入は雑所得として課税され、税金を払わなければなりません。ポイ活にも税金は関係あるのです。

ここでは、ポイ活で得たポイント収入での確定申告について、知っておくべき情報をまとめました。ぜひ参考にしてください。

ポイント収入は課税される対象の雑所得! ポイ活の収入を計算しよう!

ポイ活ではポイントを貯めて、貯まったポイントを換金したり交換したりして利益を得ます。

この流れの中で、どの時点の金額が収入としてみなされるのか、わからない人も多いですよね。

「ポイントだし税金なんて関係ない」と見過ごしていると、ある日突然税務署から連絡が来る可能性もないとは言えません。

そうならないためにも、自分がいくら稼いでいるのかポイント収入の計算の仕方を見ていきましょう。

ポイ活のポイントは「雑所得」「一時所得」とみなされ課税対象

ポイ活で得たポイントは、基本的にはどのポイントも課税対象となります。

中でもポイントサイトなどの案件をクリアしてもらえるポイントは雑所得、ショッピングした際にもらえるポイントは一時所得となります。

  • ポイントサイトで得たポイント(雑所得)
  • アンケートやモニターで得たポイント(雑所得)
  • 楽天やYahoo!ショッピングで得たポイント(一時所得)

ポイントを現金や電子マネーなどに換金すると収入になる

貯まったポイントはどの時点で収入とみなされるのでしょうか?

それは、貯めたポイントを現金や電子マネー、商品券に交換した時となります。逆に、ポイントのままなら課税対象となりません。

ポイントの交換・換金をしたら、スマホやパソコン、ノートなどに忘れずに記録して「ポイ活収支」を管理しておきましょう。一度にまとめて交換・換金するなど工夫して、交換・換金の回数を少なくすると、より管理しやすくなりますね。

確定申告に備えてポイ活収支の記録をつけておこう

ポイ活での一年間の収支を記録しておくと、過去に戻って計算する必要がないので確定申告するのが楽になります。ポイントサイトでの履歴は、一定期間で消えてしまうので、あてにできません。

まずは、1カ月単位で収支を記録してみるとよいでしょう。ひと目でどれくらい稼いだのかわかりますし、稼げるポイントサイトやお得なコンテンツなども把握しやすくなりますよ。

ポイ活での収入から必要経費を差し引いた金額を申告する

ポイ活で実際に得た収入から必要経費を差し引いた額が、ポイ活で得た申告しなければならない収入となります。

必要経費とは?

  • ポイ活をするために購入したスマホやパソコン
  • ポイ活を利用するためのインターネット使用料金
  • ポイ活のための筆記用具、書籍代金
  • ポイ活を行う時の場所代(家賃)
  • ポイ活を行っている時の空調代(冷暖房費) など

個人事業主となるので、家賃や空調代も経費としてみなされます。ポイ活でメインで利用している場所は自宅である場合が多いですから、利用している時間に応じた額となります。ポイ活時間は一日〇時間などと設定し、常識の範囲内で計算しましょう。

また、パソコンなど10万円以上する高額なものは一括で経費に計上することができず減価償却しなければなりません。10万円以内のものは一括で計上できます。

その他、経費として計上できるかどうかは、確定申告前に確認しておきましょう。

ポイ活で確定申告が必要になる人の条件

バイトでもパートでも内職でも、ある一定以上の収入を得たら、納税する義務が発生します。それは、ポイ活での収入も同じ。

ただし、ポイ活の場合は個人で収入を得ているので必要経費などを収入から差し引いた額で確定申告の要不要が決まります。

必要経費を差し引いた収入金額が

  • 給与所得がある人の場合:20万円以上
  • 所得がない人の場合:38万円以上

となると、確定申告が必要です。

買い物で付与されるポイントである一時所得は、年間50万円を超えない限り課税対象となりません。

給与所得がある人は20万円以上の副収入で確定申告が必要

正社員や契約社員などのサラリーマンやバイトやパートで一定の給与所得がある人が、給与以外の副収入が20万円以上ある場合には、確定申告が必要です。

もちろん、ポイ活での収入も例外ではありません。扶養内でパートやバイトで働いている人も、ポイ活で20万円以上稼いでいれば申告義務があるのです。

副収入が20万円以下でも

  • 医療費控除
  • 住宅ローン控除
  • ふるさと納税

などで確定申告する場合は、申告しなければならない点には注意しましょう。

給与所得がない人は38万円以上の収入で確定申告が必要

専業主婦・主夫などパートナーの扶養に入っていて給与所得がない人は、ポイ活で38万円以上稼ぐと申告義務が発生します。

住民税は33万円以上の収入がある場合には申告が必要になりますが、地域によって異なる場合があるので、お住いの役所で事前に確認をしておきましょう。

確定申告は難しくない!事前準備をして臨もう

ポイ活の確定申告は、自分で書類を作成して税務署まで足を運ばなくてはなりません。期間も決まっているため、「確定申告って難しそう」「自分で書類準備とか面倒くさそう」と思う人もいるかもしれませんが、事前に準備しておけばスムーズに進めることができますよ。

ここでは、確定申告のやり方を時系列的にご紹介しましょう。

確定申告のやり方その1:必要な書類などを準備

申告書作成の前に、以下のものを用意しておきましょう。

  • 給与所得がある人の場合:源泉徴収票、マイナンバー、本人確認書類、印鑑、ポイ活収支
  • 所得がない人の場合:マイナンバー、本人確認書類、印鑑、ポイ活収支

その他にも、経費の計算書類や必要であれば通帳など、ポイント収入にかかわる書類を用意しておきましょう。

確定申告のやり方その2:確定申告書類を作成する

自宅のパソコンで、国税庁のHPの「確定申告書等作成コーナー」で、必要事項を入力していくだけで申告書が作成されます。作成完了後、申告書をダウンロードして保存し印刷をしたら、不足分の追記をして印鑑を押し完成です。

もちろん、手書きの申告書も用意されていますが、パソコンを使って国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で書類を作成するのがおすすめ。

書類作成途中での保存もできますし、過去のデータの蓄積も可能で、大変便利ですよ。

確定申告のやり方その3:確定申告書を提出する

2月16日~3月15日の期間に、お住いの税務署に必要書類を提出します。

その場でチェックはされずに受領印をもらって終わりますが、念のため確認資料とマイナンバーカード、本人確認書類、印鑑を持参しましょう。

この時に、コピーにも受領印をもらい忘れないように注意してください。

ポイント収入は現金収入と同じ!たくさん稼いだら確定申告は忘れずに!

ポイントと言っても、換金してお金となるものなので、やはり税金はおさめなくてはいけません。

とはいえ、税理士や税務署、地域の役所によってポイント収入の確定申告の見解はさまざまであるのが現状です。自分がお住いの地域の役所で確認することが一番信用できる情報となるので、わからないことは実際に相談することをおすすめします。

ポイントは現金として通帳に記載されるわけでもなく、ポイント履歴が残っていない限り税務署も把握するのは難しいものです。しかし、今後ポイントサイトに調査が入れば、ポイント付与の事実はわかることになります。

もし調査対象者になった場合には、通告なしに自宅に捜査員が訪れて7年さかのぼって税金を徴収されてしまう可能性も。

ポイ活での収入を計算し、一定額以上稼いでいる場合は、きちんと確定申告をしましょう!

この記事をシェア

 
チャンスイット