懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

パートを円滑に辞めたい…。そんな人に贈る、スムーズ退職法

更新

パートとして働いていると、様々な問題に直面します。問題の内容によっては、パートを辞める事を考えてしまう事もあるでしょう。パートで働いていれば、一度は考えてしまう事です。
パートを辞めたい場合、何も考えずにただただ辞める事ばかり考えて行動してしまうと、思わぬトラブルを生み出してしまう場合があります。パートを辞めるには、しっかりした準備が必要なのです。
今回は、パートを辞めたいと考えた時にしてほしい事や、注意点を解説していきます。どうしてもパートを辞めたいと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

パートを辞めたいと感じる時は、辞めたい理由を明確にしよう

パートを辞めたいと考えた時には、必ず辞めたい理由があるものです。実際に辞める旨を伝える時も、その理由を説明するでしょう。この時、どうして辞めたいかを明確にしておくと、スムーズに退職の手続きが取れるようになります。

パートを辞めたい理由は人それぞれ

パートを辞めたい理由は個人個人で違うものですが、多くの場合、以下の5点に当てはまります。

  • 職場の人間関係
  • 仕事内容が合わない
  • 転職
  • 家庭の事情
  • 職場の環境が悪い

職場や自分の環境によっては、複数の原因が絡まり合って辞めたい気持ちを生み出している場合もあります。
辞めたい理由は人それぞれ違います。しかし、どんな理由であれ、辞めたいと思う程嫌になっているパートを続けても、周りの為にもなりません。辞めたいという思いが強い場合は、思い切って退職の準備をしてしまいましょう。

辞めたい旨を伝える際は、ただ伝えるだけだとトラブルになる事も

よくある辞めたい理由を見ると分かるのですが、理由によっては、職場に良く思われない理由もあります。このような理由をそのまま職場に伝えてしまうと、トラブルを生み出してしまう可能性もあるのです。
辞めたいという旨を職場に伝える場合は、円滑に辞められるような理由を考える必要があります。本当の辞めたい理由を軸に、相手に悪い印象を与えないような理由を考えましょう。

パートを辞めたい場合の、角の立たない伝え方

パートを辞めたい場合、以下の理由で話すと角を立てずに辞めたい旨を話す事ができます。

  • 家庭環境の変化
  • 体調の変化や体調不良
  • キャリアアップ

辞めたい理由の中でも、特に良く使われているのが家庭環境の変化です。

  • 育児や介護が必要な家族がいる
  • 引っ越しが必要になった
  • 家族の収入の関係で働くのが困難になった
  • 家族に働く事を反対されるようになった

この様に、パートとして働くと家族に迷惑が掛かってしまう事態になった、というのを伝える形です。主婦としての仕事とパートを両立してやっていた場合、特に使いやすい理由になります。
同じ位使われているのが、体調の変化や体調不良です。

  • 持病の為、働くのが辛くなった
  • 体力が減少し、働くのが難しくなった

といった理由を伝える形になります。これも家族の事同様、誰にもどうにもできない理由です。仕事に支障をきたしてしまうといけないので辞めたい、といった形で辞めるので、相手も引き留めにくい辞め方でもあります。
しかし、場合によっては診断書の提出を求められる可能性もあります。職場によってはこの辞め方だとかえって手間を増やしてしまう場合もあるので注意して下さい。

  • 正社員として働けることになった
  • 自分のやりたい仕事の為に、資格勉強を本格的に始めたい
  • 転職活動に成功した

といった、キャリアアップも理由の一つになります。
キャリアップを理由にする場合、今の職場が嫌になったから、というよりは、

  • 自分の夢を実現させるため
  • 現在よりも良い雇用条件で働けるようになったため

といった形で辞めると、角を立てずに辞められます。
ただ、

  • 本当に転職活動に成功していないと嘘をついた事になってしまう
  • 正社員登用制度等がある場所の場合、引き留められる可能性もある

といった点に注意して下さい。
また、どの理由を使う場合でも、共通して押さえておいた方が良いポイントがあります。

  • 職場を悪く言わない、出来れば自分に非がある形で言う
  • 働けた事に対して感謝の気持ちを伝える

この2点はしっかり押さえた上で伝えて下さい。
辞める理由を職場のせいにしてしまうと、どんな理由でも相手に悪い印象を持たれてしまいます。引継ぎ等の作業が合った場合、険悪な状態で作業に取り組む事になってしまいます。

  • 相手が悪い訳ではない事
  • 自分の都合で辞める事になってしまった事

を伝える形で話しましょう。それに合わせて、働けた事に対する感謝も忘れずに伝えて下さい。

パートを辞めたいと考えた時に、チェックしてほしい注意点

パートで辞めたい理由を考える時、理由と同じ位注意してほしいポイントがあります。このポイントをおろそかにすると、職場に迷惑をかけてしまう可能性が高くなってしまうのです。こちらも忘れずに注意して下さい。

辞めたい時期と、伝えるべきタイミング

  • 仕事を辞めたい時期が決まっている場合
  • 就業規則等で辞めるまでに伝える時期が決まっている場合

は、辞める旨を伝えるタイミングも考えておきましょう。
仕事を〇月までに辞めたい、と考える場合、最低でも予定日の1か月前までには辞める旨を伝え、手続きをするようにしましょう。いきなり辞めるような形で辞めるのは避けて下さい。
職場や雇用形態によっては、

  • 退職したい〇カ月前までに退職届を出す
  • 契約期間が切れるまで、特定の理由が無い限り辞められない

といった場合もあります。
辞める際は就業規則や雇用形態に辞める場合の規則が無いか、チェックしておくのも忘れないでください。特に就業規則が無い場合でも、繁忙期に仕事を辞める等、職場に迷惑がかかるような時期は避けた方が賢明です。

引継ぎの有無や、それにかかる時間

受け持っていた仕事内容によっては、他の人に仕事の引継ぎをしなくてはならない場合もあります。仕事内容によっては、引継ぎに時間がかかる場合もあります。仕事を辞める際は、引継ぎの有無や、それにかかる時間も考えなくてはなりません。
引継ぎが必要な場合、十分な時間を取れない状態で引継ぎをしてしまうと、職場に迷惑をかけてしまいます。
余裕のない状態の引継ぎは、お互いの焦りやストレスの元になりますから、出来るだけ余裕を持って引継ぎができるようにしておきましょう。

パートを辞めたい理由は人それぞれ。円満にやめられるよう工夫しよう

パートを辞めたい理由は人それぞれ違います。どの様な理由であれ、お互いが良い状態で辞めるには、その為の工夫と準備が必要になります。辞めたい時はただ理由を考えるのではなく、そうした工夫についても考えるようにしましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット