懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

女社長になるには「女性ならでは」に着目!女社長の多い業種

更新

日本企業の場合、社長というと男性でそれも年配というイメージがあります。
実際、社長といって紹介される人は年配の男性が多いと思いませんか?
最近では若い男性も起業して社長として頑張っている人はたくさんいます。でも女社長はなかなか見かけないので、どのくらいの女社長がいるのか見当がつきません。
テレビや雑誌で特集されることもある女社長。若い人では10代で起業して社長になったという人もいます。
女性が社長を目指すには、「女性だからできること」「女性だから目が行き届くもの」が重要だと言われています。
女性が起業して社長になる時、どういう業種が女性に向いているのか。また、起業するために必要なものなどを紹介します。

Contents

どのくらいいる?女社長の割合と女社長に向いている人の特徴

ここ数年、テレビや雑誌で女社長を取り上げることも増えています。
でも自分の周りに女社長がいないと、テレビや雑誌で取り上げられている人は稀な人であまりいないんじゃないかと思ってしまいます。
実際、どのくらいの女社長がいるかと言うと、2017年で年商5000万円未満の女社長が約10%と小規模の会社の女社長は増えています。
女社長が増えているからといって、誰もが社長に向いているというわけではありません。どういう人が女社長に向いているのでしょうか。

その1.常に目標があって進んでいる人

常に目標があって、それに向かって進んでいる人はチャレンジ精神が強い人と言えます。
社長になるには、堅実なものも重要ですが常に目標があって進んでいないと会社は成長しません。
社長になると失敗しないようにと、1つの目標を達したらそれを維持した方がいいという人もいます。
でも、失敗することで学んで成功に繋がることもあるので常に目標を作って進んでいる人の方が社長に向いていると言われています。

その2.自分の考えや意思をしっかりと持っている

社長になると、いろいろと意見を言って来る人が出てきます。
全て自分の意見が正しいというわけではないので、周りの良い意見は取り入れていかなくてはいけません。
その時、自分の考えや意思を持っていないと周りの言われるがままになってしまいます。
周りの意見ばかり取り入れていると、自分の思っているような会社じゃなくなったり知らない間に会社が危機に直面するなんてことになる可能性もあります。
自分の意見を押し切るというのは周りから敬遠されたり人が去っていくことに繋がることもあります。
ただ、自分の考えや意思がないといい人も寄ってきませんし、会社の不利益を与える可能性もあります。

その3.自分に自信を持っていてネガティブではない

社長が自分に自信を持っていないと、社員は「こんな社長のもとで働いていて大丈夫なのか?」と不安になります。
「私はこんなにできるんだぞ」と自信を持ちすぎて嫌味な人になってしまうのは問題ですが、ある程度自分に自信をもって貰わないと会社としても不安になってしまいます。
また、ネガティブ発言が多い人も社長には向いていません。

その4.上手に気分転換、ストレス発散が出来る人

会社のトップに立つと、いろいろとストレスが溜まることが増えてきます。
自分で決めなければいけないことだけではなく、何かあれば全て社長の責任になります。
問題をその都度解決していっても、心も体もスッキリするというわけではありません。
その溜まったストレスを溜め込んでおくと心のバランスが乱れたり、体調を崩しやすくなります。
上手に気分転換ができればストレスも上手に発散することができます。
社長だからといって常に会社のことを考えて動いていると、気分転換もうまくいかずストレスは溜まっていく一方です。

女社長に向いている業種その1.インターネットビジネス関係

パソコンの知識があって、パソコンがあればできるため簡単に始められると人気なのが、インターネットビジネス関係の仕事です。
オフィスを構えずに自宅でできるため、空き時間にもできるのも嬉しい点です。
インターネットビジネス関係といっても、様々なものがあります。特に女性が始めやすいものをいくつか紹介します。

その1.アフェリエイト

1番簡単に始められるものとして挙げられるのが、アフェリエイトです。
アフェリエイトとは、自分がしているブログに自分が紹介したい商品を掲載し、そのリンクを踏んで買ってくれた件数に応じて紹介料を受け取るというものです。
ブログの閲覧者が多い場合、商品購入の見込みが高いので、まずはアフェリエイトから始めて手広く事業を拡大していくという人もいます。
アフェリエイトは登録すれば様々な広告を提供してくれるところもあります。
登録制でアフェリエイトを始めて、ある程度の収入を見込めたら自分でサイトを立ち上げて規模を大きくしていくことも可能です。

その2.ネットや雑誌のライター

最近増えているのが、ネットや雑誌のライターです。現在は、ライターを募集している会社も増えています。
副業として在宅ライターをしている人も多く、10万円以上稼ぐ人もいます。
クラウドソーシングを利用して在宅ライターとして活動した後、自分で会社を立ち上げ、ライターを雇って会社を大きくするという人もいます。

女社長に向いている業種その2.女性には必須な美容系の仕事

女性だからできる業種として女社長が増えているのが、美容系の仕事です。
女性だから細かい事や女性が求めていることが分かるため、必要とされています。
美容系の仕事を起業する場合、資格を取得しなければいけないものが多いため、まずは資格取得をするところから始めましょう。

その1.ビューティーアドバイザー

デパートの化粧品売り場に行くと、肌質に合ったスキンケア選びのお手伝いをしてくれる店員がいますが、あの仕事がビューティーアドバイザーです。
ビューティーアドバイザーも資格取得が必須ですが、通信講座で取得できるものもあるのでチェックしておきましょう。
ビューティーアドバイザーの資格を取得しておけば個人でアドバイスができるので、化粧品メーカーの括りがなくその人に会った商品を紹介できます。
将来、サロンを開きたいという人はビューティーアドバイザーとして起業するのもオススメです。
ビューティーアドバイザーと並行して資格取得をするのが多いのがヘアメイクアーティストです。
ビューティーアドバイザーでスキンケアや化粧品選びのお手伝いをして、ヘアメイクアーティストの資格でメイクやヘアアレンジのアドバイスをするという女性も増えています。

その2.ネイリスト

最近、自宅で個人的に始める人が増えているのがネイリストです。

  • ネイリスト技能検定
  • ネイルスペシャリスト技能検定
  • ネイルサロン衛生管理士

上記のような資格があります。また、ジェルネイルをしたい時は専門の資格もあります。
ネイルに関する資格は通信講座で取得できるものもあります。
最近は、個人で経営しているネイルサロンに通っているという人も増えているので、しっかりと技術を身につけて口コミで広がるとかなりの企業になります。

その3.エステティシャン

ネイルサロン同様、自宅でエステを開いているという女性も増えています。
エステにも様々なものがあり、通学だけではなく通信講座で資格取得できるものもあります。
自宅でのエステの方がゆっくりと施術を受けることができると人気がありますし、女性だからこそ施術して欲しい部分が分かるため女社長として起業に向いている仕事です。

その4.アロマセラピスト

アロマオイルと呼ばれるエッセンシャルオイルを使ったマッサージなどを行うものです。
また、その人の心や健康状態にあった香りを選ぶこともできます。
アロマセラピストも自宅で起業できるため、女性に人気の仕事です。
アロマセラピストの場合、通信講座での資格取得は不可能で、学校に通う必要があります。

女社長に向いている業種その3.自宅でできる様々な教室

好きなことや自分が得意にしていることを仕事にできると人気なのが、自宅でできる様々な教室です。
自宅で行うため費用も抑えられるのがメリットです。

その1.芸術系の教室

自宅で行う教室で人気が高く、起業する人が多いのは芸術系の教室です。

  • ピアノ、エレクトーン教室
  • ボイストレーニング教室
  • 絵画教室
  • 書道教室

主なもので、上記のようなものがあります。
音楽大学や美術大学に通っていたという人が起業していますが、賞を獲ったことがあったりコンクールで優勝した経緯がある人は人気が出やすいです。
また、上記のような教室でも対象とする年齢を設定しておくとその年代に特化した教室が開けるので、人気も出てきます。

その2.若い女性にも人気な着付け教室

最近、テレビで着物の着付け教室のCMをよく見かけませんか?
女性の中で、1人で着付けができるようになりたいという人が多く、着物教室に通っているという人が増えています。
大手の着付け教室の場合、大人数相手にしているため細かいことが分からないという人も多く、マンツーマンで教えてもらえるような教室が人気です。
着付け教室をする場合、独学でやるのもいいですが、国家資格の着付け技能検定を持っておくと通いたいという人も増えるので、始める前に免許を取得しておきましょう。

その3.花嫁修業にもなる料理教室

教室でやはり人気なのは料理教室です。料理教室でも、お菓子やパン作りなどあるものに特化したものの教室の方が人気となっています。
健康に良い精進料理などは教えてくれる教室が少ないため、あったら入りたいという人もいます。
普通の料理教室ではあまり教えてくれないようなものを始めると、人気も出やすくなります。

その4.SNS、スマートフォン教室

今やTwitterやInstagramといったSNSを年代関係なく利用しています。
習いたいけれどどこで習えばいいか分からないという人も多いのが、SNSやスマートフォンの使い方です。
各電話会社で教室を開いていることもありますが、時間が決まっていたり何度も同じことを教えてくれるというわけではありません。
SNSやスマートフォンなどの使い方を教える教室は、年齢層関係なく利用する人がいるので需要は高いです。
また、SNS繋がりで、SNS映えするような写真の撮影法や写真のデコレーション法を教えて欲しいという人もいるので、女性ならではの目線を活かすこともできます。

女社長に向いている業種その4.幼児や子供のための育児系ビジネス

現在、育児や子育てに不安があっても相談ができないという母親がたくさんいます。
そういう人が利用できるような育児系ビジネスは利用者も多く、女性だからできることがたくさんあるので起業して女社長を目指すにはとてもいいビジネスです。
育児ビジネスの場合、1番大事なのが「何歳の子供をターゲットにしているか」というところです。子育て、育児といっても年代は様々です。
自分がどの年代の子供を持つ母親を相手に仕事をしたいのか、どういうことを教えてあげたいのかを明確にする必要があります。
また、育児系ビジネスには子供ではなく母親を相手にするものもあります。
産後や子育てで母親の心がナーバスになっている時や相談をしたいという時に母親の声を聞くという育児系ビジネスも必要とされています。
育児アドバイザーや育児セラピストといった仕事をする場合、資格を取得しておく必要があります。
資格には様々なものがあるので、どれが自分の仕事に必要か選んで取得しましょう。

女社長に向いている業種その5.ショップ経営

ここ数年、ショップ経営といっても本当に店舗を構えている人とネット上で販売をしている人の2パターンがあります。
店舗を構えずネット上で販売する場合は、賃貸料などはかかりませんが、ネットに掲載する写真などが悪いと売れないこともあります。
ショップを経営する場合は、まずは小さな店舗や共同店舗などを利用するところから始めてみましょう。
ショップ経営で特に人気なのは、ハンドメイドのものを取り扱うハンドメイドショップや、海外の雑貨や衣類などを自分で仕入れて販売するセレクトショップです。
セレクトショップの場合、自分のセンスやや個性で商品を選ぶため何か自分らしい特徴を生かしたお店にすると集客も見込めます。

女社長に向いている業種その6.カフェなどの飲食店

女性に多く、最近需要が増えているのがカフェなどの飲食店です。
あるものに特化したカフェやインテリアが凝っているカフェなどは女性にも人気で行列ができるお店もあります。
また、ここ数年人気なのがパン屋です。個性的なパンやその地域の特産を活かしたパンなどを作って人気のお店になっているところもあります。
カフェなどの飲食店の場合、開店資金が他のものよりも高いため、起業して失敗すると大赤字になってしまうというデメリットはあります。
店舗が多い分、人気が出ないと損をしてしまいますが、起業前にしっかりとした事業計画やプランを立てておけば成功する確率も高くなります。
カフェなどを経営する場合は、食品衛生責任者の資格が必要となります。
この資格は各都道府県で講義を行っているので、それを受講することで取得することができます。
資格がないといくら腕がよくても起業できないので、先に取得するようにしましょう。

女社長に向いている業種その7.コンサルタントビジネス

将来のお金のことを相談したり、毎日の生活で気になることをアドバイスしてもらうなど様々なものがあります。
女性だから細かいことに気遣いができることもあるので、女性のコンサルタントにお仕事を依頼するという人もいます。
コンサルタントビジネスも資格などが必要なものがあるので、どういうものに資格が必要なのかチェックしておきましょう。

その1.アドバイザー

女性に多いのが、アドバイザーです。アドバイザーといっても様々なものがあります。
特に女性の視点でアドバイスや講師ができると人気があるのが、結婚アドバイザーや婚活アドバイザーです。
その他には整理整頓、収納など掃除に特化したアドバイザーなどもあります。
女性目線を活かせるアドバイザーは需要も多いですし、アドバイザーだけではなく講師としても仕事をすることができます。

その2.会社を相手にした社会保険労務士、中小企業診断士

コンサルタントビジネスの中には、会社を相手にするものもあります。特に多いのが次の2つです。

中小企業診断士
名前の通り、中小企業に経営や財務などの診断やアドバイスをする仕事です。また、中小企業を相手に講師をしたりすることもできます。
社会保険労務士
起業の労務管理などのアドバイスをする仕事です。その他に人事などに関する改善策や指導も行います。

中小企業診断士も社会保険労務士も資格が必要で、取得するのが難しいと言われています。

女社長に向いている業種その8.自分でデザイン、制作したものの販売

デザインというと少し難しいようなイメージがありますが、最近は自分で制作したものやデザインしたものを起業して販売しているという人も増えています。
特に最近多いのが、アクセサリーや洋服のリメイク商品を販売するものです。
手軽に始めることもできますし、最初はいくつか作ってネットやフリーマーケットで販売してどういった商品が人気かを見極めていきます。
どのくらいの金額で、どういった商品が売れ筋か分かると数を増やしてネット販売をしたり、人気の商品は受注での販売などをする人もいます。
軌道に乗ってきたら自分でテナントを借りて店舗展開するという方法もあります。
自分のオリジナルキャラクターなどを描くのは好きだけど、アクセサリーなどの制作はできないという人は、イラストをTシャツやタオルなどにプリントしてオリジナル商品として販売する方法もあります。

女性が起業して成功するためのポイント

女社長を目指していて、女性向けの仕事だから成功するだろうと思っている人もいますが、全ての人が成功するというわけではありません。
成功するためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

その1.目標をしっかり立ててスタートではなくゴールを目指す

起業する時、ただ「これをやりたい!」という考えだけで動いても成功しません。

  • どうしてその仕事を選んだのか
  • どうして起業したのか
  • 起業して自分は何をしたいのか

上記のようなことは最低限考えておかないと先が見えてきません。
また、よく起業するまでが大事で、起業したら成功と思っている人がいます。
起業するにはいろいろと面倒なことがあったりするのでそこを目指して動くのも大事ですが、スタートだけを見て走っても良い結果を得ることはできません。
起業した時はスタートラインを目指して動くのではなく、起業した後、どこを目指しているのかゴールを思い描いて、そこを目指して動くことが重要です。
スタートを目指して動いていると、起業したから夢が叶った!で終わってしまう可能性があります。

その2.自分が相手にするターゲットを明確にする

女社長に向いている仕事をいくつか挙げましたが、あれもこれもと手を付けていると自分がどんな人をターゲットにしているのかが見えてきません。

  • 幼稚園に入る前(3歳程度)の子供と母親
  • 10~20代前半の女子
  • 30歳以上の独身女性

上記のように、自分が相手にするターゲットを明確にすることで起業する時のポイントになります。
どの世代にはどんなものが需要があるのか、どのくらいの予算だと人が集まるのかなど先にリサーチしておくことが重要です。

その3.最初から大規模な起業はしない

起業するとなると、意気込んで大きなオフィスを借りたりいろんなものに手を出したりする人がいます。
確実に利益を生むことができるという確信があればそれでも構いませんが、始めての起業は失敗したり赤字を出すこともあります。
いきなり大規模な起業をすると、失敗すると大きな痛手となります。
大規模な起業でも利益が見込めると思っていても、まずは小規模な起業から始めるようにしましょう。
ある程度、利益や業績が安定してからの事業拡大でも遅くないです。

起業する前に知っておきたいお金事情

起業をしたい!と思っても誰でも起業できるものではありません。起業するには、お金が必要になってきます。
起業する時は、会社の規模だけではなくどのくらいのお金が必要で、どうやってお金を集めることができるのかを知っておくことが重要です。

その1.起業することで何にお金がかかるか書き出しておく

起業というと、店舗や事務所の賃貸費用ばかり気にしてしまいますが、実際にかかるお金はそれだけではありません。

  • 会社設立に必要な登録免許税
  • 店舗や事務所の賃貸料(家賃、敷金、礼金など)
  • 椅子、机、ロッカーなどの備品
  • パソコン、電話などの通信機器
  • 電気代、水道費などの光熱費
  • パソコン接続に必要な通品費

ざっと挙げても上記のようなものがあります。
机などの備品や通品機器にかかる費用は最初に購入すればしばらくお金はかかりませんが、その他は毎月出費として必要なものです。
その他にも、従業員などを雇う場合は給与なども必要となります。

その2.少しでもコスト削減したいならオフィスの形態を変える

起業する時に意外にお金がかかるのが家賃などの賃借料です。敷金、礼金だけではなく毎月の家賃が高く仕方なく自宅で起業という人います。
オフィスを構えたいけれどコストがかかるという人は、今増えているシェアオフィスなどを利用するとコスト削減ができます。
シェアオフィスは、オフィスは各社・各自で持ちますが会議室や使用する備品をシェアすることでコストが削減できるというものです。
また、自宅でスペースがある場合は、軌道に乗るまでは自宅をオフィスにして家賃などを抑えるという方法もあります。

その3.資金の調達方法をチェックしておく

起業する時、自分の貯金などでまかなえる人は資金の調達は必要ありません。しかし、自分が用意しておいたお金で足りないことがあります。
そういう時は、資金を調達しなくては起業ができません。資金調達にはいくつかの方法があります。

  • 親などの身内に借りる
  • 銀行から借りる(審査などが必要)
  • 日本政策金融公庫や信用保証協会から融資を受ける

簡単に挙げて上記のようなものがあります。
融資や借り入れをする時は審査などもあるので必ず借りれるという保証はありませんが、事業方針などがしっかりとしている場合は融資を受けることができます。

その4.女性や小規模事業や向けの融資制度を利用する

借り入れや融資をどうやって受けたらいいか分からないという人もいます。
最近は、女性や小規模事業者向けの融資制度などもできています。また、地方自治体によっては補助金が申請できるようなものもあります。
自分が住んでいるところの自治体では補助金や融資制度があるかを調べておきましょう。
また、融資には次のようなものがあります。

  • 新創業融資制度
  • 女性、若者、シニア起業家支援資金
  • 小規模事業者持続化補助金

融資制度や補助金制度によって限度額や応募要項が違うので、条件などをしっかりとチェックして応募してみるという方法もあります。

女社長になるには女性だから目が行き届くものを選ぶ

女性が起業して社長になる時、どんな仕事でも成功するというわけではありません。
今、世間で必要とされているものや女性だから目が行き届くものを選ぶことが成功に繋がります。
起業する時、成功することばかり考えてやっているとうまくいかないこともあります。
失敗することを恐れていると何も進みません。
どういう仕事がいいのか、どういうふうに進めていくのかをしっかりと事業計画を立てていれば失敗も最低限に抑えることができます。
起業して社長になりたいけれど女は無理!と言われることもありますが、女性だからできることもたくさんあるので、諦めるのはまだ早いです。

この記事をシェア

 
チャンスイット