懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

嬉しいはずなのに不安になる内定ブルーとは。入社までの対処法

更新

せっかく採用内定の連絡をもらったのに、「本当にこれでよかったんだろうか」「本当にこの会社でやっていけるだろうか」と様々な不安が出てきてしまって気持ちが憂鬱になって来てしまうことがあります。
これを内定ブルーといいますが、せっかく入りたいと思った会社なのになぜブルーな気持ちになってしまうのでしょうか。
内定ブルーになってしまう原因と、入社までどうやってこの気持ちを立て直せばいいか、その対処法についてお話しします。
焦って辞退などしないように、しっかり自分の気持ちと向き合っていきましょう。

嬉しかったはずなのになぜ?内定ブルーの原因

せっかくもらった採用の内定なのに、どうしてブルーな気分になってしまうのでしょうか。その原因を考えてみましょう。

第一志望ではなかったから

就職、転職活動をする時に一社だけにしか応募しないというのはまずないですね。複数の企業に応募しているはずです。
色々考えて応募しているのでどこに決まってもいいはずですが、やはりその中でも「ここに入りたい!」と思う企業があったでしょう。
残念ながらそこに落ちてしまい、第二志望だった企業に決まった場合は少し複雑な気持ちかも知れません。

お給料や休暇で選んだから

やりたいことは他にあったけど、とりあえず生活を安定させたいという気持ちから、お給料の額や休暇の日数などを優先して会社を選ぶことだってありますよね。
決してそれが悪いわけではありませんが、自分の中で納得いかない気持ちがあると「本当にこれで良かったのか」という不安が出てくるかもしれません。

他にもいい企業があるのではないかという気持ち

内定が出たのはいいけれど、

  • もっと探せば自分に合っている会社があるのではないか
  • もっと条件がいい会社があるのではないか

という気持ちがぬぐえないこともあります。
そんなことを言っていたらきりがないのはわかっていても、ついつい他を探したくなってしまいます。

自分のスキルが不安

面接の時には自分の特技やスキルを一生懸命アピールしたけれど、いざ決まってみると今のスキルで本当にやっていけるのかという不安が出てくることがあります。

ひさびさの仕事で不安

前職から少しブランクがあって働くこと自体が久々だった場合、環境の変化などもありますから不安を感じるのは当然といえば当然でしょう。
新しい職場でちゃんと仕事ができるか、周りの人とうまくやっていけるかなど、考えだすとあれこれ不安になり、どんどん気分がブルーになってしまいます。

今の会社を辞めることへの不安

転職しようと思ったのは、今の会社の待遇が不満だったり、もっと違う仕事をしようと思ったなど、何かしらきっかけがあると思います。
人間関係など「ここではもう働けない」と思うようなことがあった人は別ですが、

  • スキルアップしたいとか
  • 本当にやりたいことに挑戦したい

などの前向きな理由で転職活動をした人の方が、内定ブルーになりやすいかもしれません。
別に今の会社に大きな不満があったわけではない場合、

  • 今の会社を本当に辞めてもいいのか
  • せっかく築き上げてきた人脈などを捨ててしまってもいいのか

と、もったいなく感じてしまうのです。

通勤ラッシュを考えて憂鬱になる

転職によって勤務先が少し遠くなったり、都心に向かう電車に乗らなければならないとなると、避けて通れないのが通勤ラッシュです。

  • これまでの路線が比較的空いていた
  • そもそも通勤をしていなかった

という人にとっては、朝の通勤ラッシュは考えただけでも気分がブルーになってきますね。

短い時間だけどじっくり考えて。内定ブルーの対処法

内定の連絡をもらったら、実際に仕事を始めるまでにそんなに時間がないと思います。でも、ここはじっくり考えないといけません。
一番いけないのは焦って断ってしまうこと。断るにしてもよくよく考える必要があるので、ブルーな気持ちのまま決断をしないことです。
内定ブルーはいったん解消して、その上で結論を出しましょう。

何が不安なのか、書き出してみよう

内定を受けた会社の何が不安なのか、それとも自分自身に不安があるのか、ブルーになっている原因をまずは特定しましょう。
上記で原因としてあげたものは色々ありますが、あなたの内定ブルーの原因が1つとは限りませんし、他にもあるかもしれません。
でも、原因さえはっきりすれば対処法も見つかると思います。

家族や友達に相談してみよう

不安は人に話すことで解消されることがあります。もしかしたら話をしているうちに「あれ、なんでこんなことでブルーになってたんだろう?」と思うかもしれないですよ。
不安で仕方ない時こそ人に話して、いったん気持ちの整理をしてみましょう。
自分の気持ちを言葉にして出してみる、ということはとても大事です。本当はどう思っているのかということが改めてわかってスッキリすると思います。

そのまま内定を受けるにしても辞退するにしても、不安を残したままではない方がいいでしょう。

内定した会社のいい点を書き出してみる

たとえ第一志望でなかったとしても、その会社を選んだ理由があるはずです。
ですから、その会社の何がいいと思ったのか、いいところをとことん洗い出してみてください。
小さなことでもかまわないので、たくさん書きだしてみると、「そうか、ここで良かったんだ」とポジティブな気持ちになれると思います。

不安なことを担当者と話してみる

例えば会社の待遇、業務内容について、面接の時には聞けなかったこともあると思います。

細かいことだけれどどうしても不安がぬぐえない、確認したいと思うことがあれば、思い切って面接担当だった方と連絡を取って、一度面談の時間をとってもらってもいいでしょう。

スキルの面などは、どういうことを勉強しておいた方がいいかなど改めて聞いてみてもいいと思います。
わからないまま入社してこんなはずじゃなかったとか、思っていたのと違うとなるよりは、正直に不安を感じていることを話して解決した方がお互いのためです。

働くことは生活のためと割り切ることも必要

仕事にやりがいとか生き甲斐を見いだしたいという気持ちは誰しもあるでしょう。
しかし、今生活のレベルを向上させたいという思いがあるのなら、当面は「お金を稼ぐために働く」というのもいいと思います。
仕事や勉強は一生できるものですから、まずはしっかりと稼いで、その間に本当にやりたいことの勉強をするなど「次」の準備をしても良いのではないでしょうか。

通勤ラッシュを避けて朝活でも

お子さんがいる方は学校などに送り出してからでないと家を出られないかもしれませんが、そうでないならいっそのことものすごく早く家を出てみてはいかがでしょうか。
早く家を出て会社の近くのカフェで朝食をとりながら本を読むとか、一人朝活でもしてみると、通勤ラッシュは避けられると思います。
そうか、朝の時間も有効活用できる、と思えば少しは気分が軽くなりませんか?
フレックス制が導入されている会社なら、早く出勤するほど早く帰れるわけですから、通勤ラッシュも避けられて一石二鳥です。

内定を断ってもう一度転職活動をする

せっかくもらった内定ではありますが、

  • やっぱり第一志望の企業に行きたかった
  • 本当に自分がやりたいことが出来る会社を探したい

という気持ちがぬぐえないのであれば、そのままの気持ちで転職しても仕事を楽しく感じられないのではないでしょうか。
納得がいかないという気持ちがどこかにあるのなら、いっそのこと内定を断ってもう一度転職活動をすることをおすすめします。
ただし、よくよく考えてくださいね。日本は転職が楽な社会ではありません。特に女性は大変だと思います。

一度内定を断ればまた大変な転職活動をしなくてはいけないのですから、そうなってもやはり後悔したくないという気持ちが本当に強いのかどうか、自分自身に何度も聞いてみてください。

なぜその会社に応募したのか、初心を思い出して不安を取り除こう!

どんな会社でも、いい面と悪い面があるものです。実際入社してみれば、あれ?と思うこともあるかもしれないし、楽しい、やりがいがあると思うこともあるでしょう。

でも、それも会社に入って仕事をしてみなければわかりません。内定を断るというのは最終手段としてとっておいた方が良さそうですね。

たくさんある会社の中でその会社を選んだ理由があるはずです。
それが何番目の志望だったとしても、その時点で自分が絞り込んだ会社なのですから、どこかに「ここで働きたい」という思いがあったわけですよね。
それを思い出して、不安な気持ちを取り除くようにしてみてください。そして、前向きなことを考えることで、少しずつでも内定ブルーは解消されていきますよ。
ただし、正解はありません。もしかしたら内定を断って良かった、となるかもしれません。
いずれにしても、自分だけの、一度きりの人生です。たくさん考えて後悔しない答えを出してください。

この記事をシェア

 
チャンスイット