チャンスイット

懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

意外にお金がかかる!旅行や日常生活にかかる交通費の節約方法

どこへ行くにもお金がかかるのが交通費です。歩いて移動できる距離、自転車で移動できる距離であれば交通費を使うことはありません。

また、マイカーで移動する場合も最低限の費用しかかかりませんが、旅行などの場合はどうしても公共交通機関を利用します。

その他にも遠距離に遊びに行くだけでも交通費はかかってしまいます。

移動するために公共交通機関を利用するため、多少交通費がかかっても仕方がないと支払っている人がほとんどだと思います。

1回に支払う金額が少ないので気にならないという人もいますが、計算してみるとかなりの交通費を支払っていたなんてこともあります。

どうしてもお金がかかってしまう交通費を少しでも節約する方法はあるのでしょうか。

旅行などでよく利用する新幹線料金を節約する方法

旅行などでよく利用する交通手段というと新幹線ではないでしょうか。

でも新幹線の料金はなかなか安くならないというイメージがあるので、そのまま支払っているという人がほとんどだと思います。

新幹線の料金が安くなる割引サービスには次のようなものがあります。

  • 往復割引(JR全線)
  • 学生割引(JR全線)
  • ぷらっとこだま(東海道新幹線)
  • エクスプレス予約(JR東海)
  • えきねっとトクだ値、お先にトクだ値(JR東日本、JR北海道)
  • 九州ネットきっぷ(JR九州)

割引サービスに関しては、各サービスによって割引率が違うので、利用する前にチェックが必要です。

その他にも新幹線を安く利用する方法があります。

  • 回数券を利用する
  • 金券ショップで切符を購入する
  • 株主優待券を利用する

回数券は利用期間が決まっているので、同じ区間を何度も利用する人や複数人で旅行する人におすすめです。

また、金券ショップは安く切符を購入することができますが、必ずしも自分が利用したい区間の切符があるというわけではありません。

大きな金券ショップは新幹線の切符をたくさん取り扱っている場合もありますが、小さな金券ショップのは取り扱っている枚数自体少ないこともあります。

そのため、自分が利用したい区間の切符を見つけるのに何店舗も回らないといけない可能性もあります。

株主優待券も金券ショップで購入することがでkます。金額は店によって違いますが、普通に割引サービスを利用した方が安く新幹線を利用することができる場合もあります。

株主優待券で新幹線の切符を購入する場合は、事前にどちらの方が安くなるかチェックしておきましょう。

詳しくは「新幹線を少しでも安く利用するために知っておきたい10のポイント」を読んでみてください。

便利だけど高い?飛行機の航空券料金を節約する方法

交通費で1番高いと言われているのが飛行機です。

移動時間も短いし、離島などにも行けるので便利な交通手段ですが、料金がかかるため毎回飛行機を使うのは控えているという人もいます。

旅行の際も飛行機を利用したいけれど料金が高かったから他の交通機関に変更するという人もいますが、飛行機も通常料金よりも安く利用できる方法があります。

飛行機の利用料金を安くする方法には次のようなものがあります。

  • LCC(格安航空会社)を利用する
  • スカイマークを利用する
  • 大手航空会社の割引サービスを利用する

この中で1番安く飛行機を利用できるのは、LCCになります。しかし、安い反面いろいろなルールや利用できる空港や路線があるので注意が必要です。

また、大手航空会社にも少しでも安く飛行機が乗れるように割引サービスがあります。

  • 往復割引
  • 株主優待割引
  • 事前購入割引(旅割、特便割引など)
  • シニア割引、シルバー割引
  • マイル割
  • スカイメイト割引

上記が主な割引サービスになります。

ANA、JALによって割引率や予約開始時期などに違いがあるため、自分が利用する航空会社の情報はチェックするようにしましょう。

また飛行機の場合、割引があるうちにと先に航空券だけを購入するという人もいますが、割引で購入した航空券は便の変更ができません。

それ以外にもキャンセルする場合は別途キャンセル料金が必要だったり、キャンセル自体できないものもあるので注意しましょう。

詳しくは「飛行機運賃は高くない!?飛行機の運賃を安くする方法・サービス」の記事を読んでみてください。

よく利用する電車料金を節約する方法

旅行以外にもよく利用する公共交通機関というと、やはり電車です。

通勤や通学はもちろん、近隣に遊びに行く時などにも利用する人が多いと思います。

電車料金を安くするには、次のような方法があります。

  • 交通系ICカードで運賃を支払う
  • 回数券を利用する
  • 往復乗車券を購入する
  • 学生割引を利用する
  • シニア向けの割引サービスを利用する
  • 各JRの割引サービスを利用する
  • 金券ショップで安いチケットを購入する

交通系ICカードで運賃を支払うと数円ですが安くなる区間があります。

そのため、全ての運賃をICカードで支払っているという人が多いと思いますが、区間によってはICカードを使った方が料金が上がることもあるので、チェックしておきましょう。

各JRの割引サービスも様々なものがあります。主なところで次のようなものがあります。

  • えきねっとトクだ値、お先にトクだ値(JR東日本、JR北海道)
  • PiTaPa割引サービス(JR西日本)
  • 九州ネットきっぷ(JR九州)

各JRの割引サービスも割引率や購入方法が違うので、自分が利用する区間や路線にどの割引サービスが適用しているか調べておきましょう。

詳しくは「割引は適用される!?日頃使っている電車運賃をお得に利用する方法」の記事を読んでみてください。

1日乗り放題が可能な青春18きっぷを利用する方法

旅行などに行くときに電車を安く利用したい場合は、青春18きっぷがおすすめです。

JRの普通・快速列車の普通車自由席が1日乗り放題になる切符で、5枚つづりになっています。

1人で5枚とも使ってもいいですが、数名で利用することも可能です。

名前に18歳と入っているため、学生や18歳未満しか使えないと思われていますが、利用するのに年齢制限はありません。

大人も子供も利用する時は1人1枚切符が必要となります。

5枚つづりで1日乗り放題なので、のんびりと旅行をしたいという時にはとても便利です。

とてもお得な青春18きっぷですが、通年使えるというものではありません。

切符の発売期間、利用期間というものがあるので、購入する際はその期間に購入・利用する必要があります。

詳しくは「「青春18きっぷ」て何?知っておきたいことや上手な使い方」の記事を読んでみてください。

定期券などにも利用できる!分割切符を使って節約する方法

電車の切符を購入する場合、目的地までの切符を購入するのが普通です。

安くするとしても、往復切符を購入するくらいしか浮かびませんがその他にも電車運賃を安くする方法があります。

それが分割切符を利用する方法です。

分割切符とは、目的地までの切符をいくつかに分割して購入する方法で、これは違法ではありません。

JRの場合、営業キロで運賃を決められているので、そのシステムを利用していくつかに切符を分割購入することで数十円ですが安く電車を利用することができます。

この分割切符はその日に利用する切符だけではなく、定期券も分割で購入することで安くなることもあります。

分割切符は自分でサイトなどを利用して安くなる購入方法を調べなくてはいけないため、多少面倒な部分もありますが、定期券を分割して購入するとかなりの節約になります。

詳しくは「分割したら安くなる!?知っておきたい分割切符の購入方法や利用方法」の記事を読んでみてください。

宿泊費も節約できる!高速バスを安く利用する方法

交通費を節約するために、飛行機や新幹線よりも安い高速バスを利用するという人も増えています。

特に夜行バスの場合、移動をしながら一泊できるため宿泊費の節約にもなると旅行で利用する人もいます。

ここ数年、高速バスや夜行バスを利用する人が増えているため、高速バスを扱う会社も増えてきています。

しかし会社によってバスの運賃なども違うので、安い会社をネットで調べることで少しでも高速バスを利用することができます。

また高速バス会社の多くが割引サービスを設けています。主に次のような割引サービスがあります。

  • 学生割引
  • シニア割引
  • ネット割引
  • 往復割引
  • 早期購入割引(1・3・5・7・21日前購入などに適用)

早期購入割引に関しては、バス会社によって適用している日にちが違うので注意しましょう。

またバスの種類によっても料金が違います。

他の座席が狭いと安い運賃になっていますが、眠れなかったり快適ではないこともあるので、安いものばかりを選ぶのではなく自分が長時間乗っていても苦痛にならないもので、割引サービスを適用させる方法にしましょう。

詳しくは「さらに安くできる!もっとお得に高速バス・夜行バスを利用する方法」の記事を読んでみてください。

旅行の時だけじゃない!レンタカーを安く利用する方法

よく旅行先の移動でレンタカーを使うという人も多いと思います。

その際は、パック旅行のオプションなどを利用すると普通に借りるよりも安い金額でレンタカーが借りられたり、オプションとして付けることができます。

旅行の時はもちろんですが、ちょっとした友達との外出でレンタカーを借りることもあります。

そういう時に少しでもレンタカーを安く利用する方法には次のようなものがあります。

  • レンタカー会社の会員登録をして会員割引で利用する
  • JAF会員などの会員割引サービスを利用する
  • ネットにあるクーポンを利用する
  • 借りる際に使わないオプションは取り除く

レンタカー会社の会員登録は無料でできるものもあります。そういったものを登録しておくと、使う時に割引を受けることができます。

意外に利用する人が少ないのが、JAF会員やキャッシュカードなどについている優待です。

キャッシュカードを作った際に割引が受けられる施設などを紹介した冊子をもらっているはずですが、使わず放置している人がほとんどです。

こういったものを上手に使って安くレンタカーを借りましょう。

また、車を借りるときに車種にこだわる人がいます。レンタカーは時間だけではなく車種によっても料金が違います。

同じような車でも車種で数千円料金が違うなんてこともあります。

あまりこだわりがない場合は、車種も特定せず利用する人数で選ぶと安く利用することができます。

詳しくは「知っておくととても便利!レンタカーを安く利用する7つの方法」の記事を読んでみてください。

交通費や安くならないと思い込まない

交通費を節約したいと思っても、安くならないものだと諦めている人が多いようです。

交通費はいきなり半額になったりすることはほぼありませんが、安くして節約することはできます。

普通に切符や航空券を購入しても安くはなりません。

「どうせ安くならない」と諦めるのではなく、いろいろと調べることで少しでも安く利用することができます。

旅行でも意外にお金がかかるのが交通費です。

また、毎日通勤や通学に利用していると交通費がかかると感じることもあります。

割引サービスや切符の購入方法で少しでもお得に交通費を節約する方法をチェックしてみましょう。

この記事をシェア

交通費の節約

チャンスイット