懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

結婚前にはいくら貯金するべき?結婚にかかる費用と貯金額の目安

更新

現在、結婚を意識しているパートナーがいる人やいつかは結婚をしたい、と考えている人にとって考えておきたいのが結婚資金。

結婚式や新婚旅行、さらには新生活のための資金など結婚一つとっても様々な費用がかかります。

元々、結婚のためにある程度貯金をしていれば安心かもしれませんが、中には急に結婚が決まる人もいますよね。

結婚のためには一体どのくらいの貯金をしておけば良いのでしょうか。

今回は結婚をするために必要な費用や貯金額を見ていきたいと思います。将来結婚を考えている人は必見ですよ!

まずはしっかり把握しておこう。結婚式・新婚旅行・新生活にかかる費用

貯金について見ていく前にまずは結納や結婚式、新婚旅行さらには新生活それぞれでどれぐらいの費用がかかるのか、知っておきましょう。

結納、婚約・結婚指輪にかかる平均費用は約85万円

近年では簡略化により行わないカップルも増えてきてはいますが、ゼクシィによると結納(結納式+会食)を行った場合の平均費用は約18万円となっています。

それに対して、結納を行わず、顔合わせ食事会(婚約食事会)のみだと約6万円の費用が掛かります。やはりイベントが増えればそれだけお金がかかることがわかりますね。

また、婚約指輪は平均で約37万円、結婚指輪は二人分で平均約24万円掛かります。

結婚式の相場は平均約357万円。招待人数が多ければ費用は上がる

結婚式(挙式+披露宴)にかかる費用ですが、平均で約357万円が相場となっています。

挙式料や衣装代、演出、会場装飾、ギフト代等も含まれていますが、中でも大きな割合を占めるのが披露宴の飲食代ですね。

もちろん、これは招待人数によっても変わってくるので、人数が多ければもっと掛かると思ってもらった方が良いでしょう。

新婚旅行の平均は約60万円!ただし滞在費やお土産代は別途必要

ゼクシィによると新婚旅行にかけるお金の平均は二人分で約60万円となっています。ただ、これは旅費(交通費+宿泊費)のみなので滞在費(現地での食事等)は別途掛かります。

これとは別にお土産代のことも考えるとさらに金額は膨らむでしょう。

お土産代は平均して約11万円ほどですので、こちらも多めに用意しておいて損はないです。

一生に一度のことですし、お金をかけたくなることではありますが、新婚旅行もある程度使う金額のことを事前に考えておいた方が無難でしょう。

100万円ほど用意しておけば安心。新生活にかかる費用の平均

結婚にかかる費用では結納から始まり新婚旅行までの費用はもちろんですが、結婚後、新生活の費用も視野に入れておく必要があります。

新生活では家具や電化製品の購入、さらには引っ越し費用などがかかるため、ある程度お金を用意しておきましょう。

家賃などは地域によって差はありますが、平均で約83万円ほどのお金がかかるとのデータが出ているため、100万円ほど用意しておけば安心です。

すでに同棲をしている場合やパートナーが住んでいるところへ引っ越す場合、親と同居する場合はこれよりは費用はかかりません。

いくら貯めれば良い?安心して結婚するために必要な貯金額

上記では結婚にかかる様々な費用の平均を見てきましたが、それらを合計すると結婚のためには約550万円の費用が掛かります。

そのため、その金額をパートナーと半分にした金額の約225万円を目安に貯金しておくと良いでしょう。

あくまで統計ですが、総務省統計局の全国消費実態調査によると単身世帯の貯蓄額としては以下のようになっています。

年齢 男性 女性
30歳未満 約191万円 約139万円
30~39歳 約616万円 約400万円
40~49歳 約796万円 約960万円

年齢が上がるにつれて貯蓄額も上がっていることがわかりますね。

足りない場合は以下のような方法で早いうちからコツコツと貯めていくことが大切です。

  • 日々の節約
  • 定額貯蓄
  • ボーナス

など

貯金が足りない!と思っても大丈夫。お金をかけずに結婚をする方法

想像以上にお金のかかる結婚。そのため、結婚式にかかる費用が足りず、「本当に結婚出来るの?」と不安になってしまう方もいるかもしれません。

ですが、大丈夫!貯金額が足りない場合でも結婚できる方法はいくらでもあります。

これからその方法について詳しくご紹介しますね。

自分達なりの結婚を…費用を安く抑える方法を模索する

何かとお金のかかる結婚ですが、工夫次第で安く抑えることが可能です。少しでも安くするために以下のことを試してみてください。

結婚式で使うアイテムを手作りする
ウェルカムボードや席次表、料理のメニュー表などを手作りすればそれだけ費用を抑えることが出来ます。手作りならではの温かみを感じられますし、作ることで良い思い出にもなるでしょう。
人気シーズンを避けて挙式をする
ジューンブライドである6月や大安の日は人気なため値段も上がりがち。そのため、日にちにこだわりがないようであればこれら以外の日を狙って挙式をするという手もあります。人気の日に比べて式場を押さえやすいですし、費用を抑えることが出来る場合があるため、一度確認してみましょう。
他の式場の見積もりを出してもらう
他の式場に赴き、一度見積もりを出してもらうのも有効です。この見積書を持参し、価格交渉することで予定よりも安くなる場合があります。ただ、この時見積書は時期や招待人数、演出などなるべく同条件で出してもらうようにしましょう。
海外挙式をする
招待人数を少なくすることでそれだけ費用を抑えられるので、国内挙式よりも安くなるパターンも。また、新婚旅行も兼ねれば一回で渡航費や滞在費を浮かせることも出来ます。
挙式・披露宴はせず、写真撮影だけにする
いっそのこと、挙式や披露宴をしないという選択肢もあります。お金がある程度貯まってから改めて挙式を行うことも出来ますから検討してみましょう。
結納を行わない
結納も行わなければそれだけお金はかかりませんよね。簡略化することで費用を抑えることに繋がります。
新婚旅行をしない
挙式と同じく、新婚旅行をしないという手もあります。特にこだわりがなければこちらもある程度お金が貯まってからでも良いかもしれません。
クレジットカード決済をする
これは費用を安く抑えるというよりはお得になるという方法です。クレジットカード決済を行うことでポイントが得られますし、利用額によって特典もあるため、クレジットカード決済が可能ならなるべく利用した方が良いでしょう。

など

このように節約できるものは節約したり、極力お金を使わないようにすればいくらでも結婚することは出来ます。

ご紹介した方法以外にも安く出来る方法はあると思うのでぜひ模索してみてくださいね。

招待人数が多ければご祝儀で費用を賄える

結婚式のご祝儀の平均総額は約233万円。お金のかかるイメージがある結婚式ですが、ご祝儀である程度まかなうことが出来ます。

ただ、招待客が少人数での結婚式ではこれほどの金額とはならないため、ご祝儀をあてにできるのは招待人数が多い場合のみと言えますね。

困った時の頼みの綱!親などからの援助を受ける

資金が足りず、親などから援助してもらっている人もいます。親からの援助を受けた人は76.5%ですから、全体で見てもかなり多いことが窺えますね。

多少お金が足りなくても親からの援助を受けられそうなら、負担も軽くなるでしょう。

ちなみに援助の平均額は二人合わせて約195万円という結果が出ています。

職場や自治体からお祝い金が貰えることも!

職場によっては福利厚生の一つとしてお祝い金が支給されることがあります。

また、自治体や職場が加入している健康保険組合からも貰えることがあるため、もし貰えそうなら忘れずに手続きをするようにしましょう。

本当にどうにもならない時はブライダルローンを活用する

様々なものを試してみたけれど、それでも資金が足りない…という方はブライダルローンを活用してみるのも手です。

金融機関によっては結婚式の費用をローンで支払える商品を取り扱っているところがあるのでお金に困ったら検討してみるのも良いでしょう。

ただし、この方法は借金という形になるため、本当に必要かどうか事前に二人でしっかり話し合ってから決めるようにして下さい。

結婚はお金がかかるからこそ、早めの準備で不安を取り除くことが大切

結婚とは人生の新たなステージであり、幸せに充ち溢れている時です。

ですが、その反面、結婚式や新婚旅行、さらには新生活と色々とお金のかかるものでもあります。

そのため、将来のことを考えているなら早いうちからしっかりと準備をして不安のないようにしておきたいですね。

貯金の方法としては定期預金や財形貯蓄など様々なものがありますから、自分に合い、無理のない方法でコツコツとお金を貯めていきましょう。

笑顔で結婚生活を送れるように、今から少しずつ不安を解消していくことが大切です。

この記事をシェア

 
チャンスイット