懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

子どものGPSは機能で選ぼう!防犯用GPSの基礎知識

更新

最近では防犯対策の一つとなっている、子ども用GPS。自分の子どもに持たせている方も多いのではないでしょうか。キッズ用携帯にも、良く付けられている機能です。
防犯グッズとしてポピュラーになりつつあるGPSですが、いまいち仕組みが分からないという方もいます。また、GPSで本当に子どもの安全が守れるのか、疑問に感じている方もいるでしょう。
今回は、子ども用GPSがどの様な形で子どもを守ってくれているのか、子ども用GPSにはどんな種類があるのか、その効果を維持するにはどうしたらいいのか等を解説していきます。
子どもの防犯に力を入れたい人はもちろん、GPSの機能や防犯に役立つ仕組みについて詳しく知りたい方も、ぜひご覧下さい。

子ども用GPSは子どもを危険から守る防犯アイテム

子ども用GPSは子供を危険から守ってくれる防犯アイテムです。GPSの機能を知れば、どの様な時に役立つのかがよく分かるようになります。まずはGPS自体がどの様な物なのかを解説します。

子ども用GPSとは

GPS(Global Positioning System)は、日本語では「全地球測位システム」と言います。人工衛星から発信される電波を受信する事で、今どこにいるのかを特定できるシステムで、現在では防犯をはじめとした、様々な事に使われています。
子ども用GPSは、これを子どもの防犯の為に利用したシステムです。子どもの現在位置を特定する事で、危険な事に巻き込まれていないか確認したり、万が一の事が起きた時は、子供が今どこにいるかを特定したりする時に使われています。

子ども用GPSの主な機能

子ども用GPSの主な機能は以下の通りです。

  • 現在位置の確認
  • 指定エリアの設定
  • 決まった時間に現在位置の連絡
  • 緊急事態を伝える
  • 警備会社への通報

現在位置の確認は、子ども用GPSの主な機能になります。GPSからの情報をスマホ等から確認する事で、子どもが現在どこにいるかを知る事ができます。
帰宅時間や塾等の決まった時間に位置情報をメール等で受け取れるようにする機能が付いている場合もあります。
指定エリアの設定は、

  • 家や学校周辺のエリア
  • 危険な物や地域があるエリア

等の、特定のエリア設定をする機能です。
エリア設定をする事で、特定のエリアから外れたり、逆に侵入したりした時に、親のスマホ等に連絡がいくような仕組みになっています。帰宅の確認や、万が一の連れ去り等にすぐに気付けるようになるシステムです。
また、子ども用GPSには、子ども側から緊急事態を伝える機能も付いています。

  • 防犯ベル機能
  • 緊急ボタン等を押すと、緊急連絡として現在位置を伝える機能
  • 不審者等をカメラで撮影する機能
  • 警備会社への通報機能

子ども用GPSを操作する事で、子ども側から緊急事態である事と現在位置を、親や警備会社に伝える事ができます。一つの動作で複数の機能が発動するタイプ等もあり、これ等の機能が複数付いている場合もあります。

子ども用GPSのタイプと特徴を押さえて、適切なタイプを選んであげよう

子ども用GPSには、大きく分けて2つのタイプがあります。それぞれの特徴を押さえて子どもが使いやすいタイプを選んであげましょう。

携帯やスマホタイプ

キッズ携帯やスマホに、子ども用GPS機能が付いているタイプです。最大の特徴として、何かあった時に、電話やメール機能等ですぐに子どもと連絡が取れるという点があります。
携帯やスマホには、災害時の緊急速報や伝言機能も付いているので、不審者や犯罪以外の緊急事態にも対応できます。また、親の携帯契約のオプションサービスとして契約出来る事もあり、料金の負担も軽めです。
良い事がたくさんあるように思える携帯・スマホタイプですが、デメリットもあります。
携帯やスマホを学校で使う場合、

  • 友達同士のSNSでのトラブル
  • 見知らぬ人と連絡を取ってしまう
  • 有害サイトの閲覧

等の、携帯やスマホトラブルを起こす可能性があります。
その為、学校によってはGPS機能が付いていも、携帯やスマホの持ち込みを禁止している場合があり、その場合だとせっかくの機能が役に立たなくなってしまうのです。
また、キッズ携帯やスマホは親が携帯を契約している事が前提になっています。親が契約している携帯会社の物でないと契約ができない、出来ても無料通話等の機能が付かない為、使いにくくなってしまう等の制限があります。
携帯会社によっても料金や機能に違いがありますから、その点にも注意が必要です。
携帯やスマホのGPS機能を活用する場合は、

  • 学校の校則
  • 携帯やスマホを使う時のルール
  • 親が契約している携帯会社

を確認しておきましょう。

キーホルダーや専用端末

子ども用GPSの中には、GPS端末としての機能のみついているタイプがあります。このタイプは、携帯の様にメールや通話はできませんが、持っているだけでいいので使い方も簡単です。
キーホルダーやペンダント型にできる位シンプルでコンパクトなタイプもあり、子どもでも持ち歩きしやすいです。目立たないので、不審者に見つけられて取られてしまう、という事も無いです。
緊急時に警備会社の人が駆けつけてくれる機能が標準で付いている物もあります。携帯やスマホの場合、この機能を付けるには別途料金を払わなくてはならない場合もありますが、専用端末ならその心配はありません。
持ち運びしやすい専用端末タイプですが、弱点もあります。
携帯と違い、メールや通話ができない分、何かあった時にすぐ連絡を取る事ができません。また、小さく目立たない物も多いので、無くしても気が付かない場合もあります。普段から無くさないように子供に伝えておく必要があります。
GPS端末を持たせたい場合は、

  • GPSではできない連絡をどうするか
  • 端末をなくさないように定期的な注意と確認

が必要になります。

子ども用GPSにも弱点がある。しっかり理解しよう

普段はもちろん、万が一の時にも心強い子ども用GPSですが、弱点もあります。子ども用GPSを最大限に活かすには、弱点を知り、それをカバーする対策が必要です。機能だけでなく、弱点もしっかり覚えておきましょう。

電波が入らない所では使えない

GPSは人工衛星と電波をやり取りして位置情報を確認するシステムです。当然、電波が届かない所では使えません。
電波が届かなくなる可能性の高い場所は、あらかじめ把握しておきましょう。特に、通学や習い事に通う時の道に、電波が届かなくなる場所はないか、そこを通って行き来するルートは無いかを確認しておきましょう。
GPSの電波は、以下の様な場所でよく入らなくなります。

  • 建物の中、特に地下
  • 高層ビル等の、高い建物の間
  • トンネルの中
  • 一部の森や林
  • 高架下や高圧電線の近く
  • 高圧の電力を扱う施設や設備の近く

この他にも、GPS機器によって電波が入りにくい場所や、元々電波の通りが良くない地域等もあります。実際にGPSを持って、良く使うルートを歩いて確認してもいいでしょう。
また、天候によってもGPSは繋がりが悪くなります。

  • 台風
  • 大雪
  • 大雨

この様な天気の時は、GPSにだけ頼らずに他の連絡手段を取る等しましょう。

バッテリー切れや故障、紛失にも注意

携帯やスマホタイプ、GPS端末タイプ共通で気を付けて欲しいのが、機器の劣化です。バッテリーや電池が切れれば、当然GPSも使えなくなります。普段からバッテリーや電池の残量には気を付けて下さい。
また、故障にも注意が必要です。いざという時に使う機能が使えなければ、どんなに素晴らしい機能が付いていても意味がありません。定期的に故障していないかのチェックをしましょう。
GPSは子どもが持ち歩かないと正しい位置情報を把握できません。普段からGPSを放置・紛失しないよう、子どもに言い聞かせておいて下さい。
特に、GPS端末はコンパクトな物が多く、無くしやすいです。定期的にちゃんと持ち歩けているか確認しましょう。

子ども用GPSは子どもの安全を守ってくれる強い味方

子ども用GPSは、子どもの安全を守ってくれる心強い味方です。機能や使い方を把握し、いつでも正常に使えるよう、訓練やメンテナンスを怠らないようにして下さい。

この記事をシェア

 
チャンスイット