懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

契約社員と正社員の違いや、契約社員のメリットを知ろう!

更新

雇用形態には様々な形があり、契約社員もその一つです。契約社員には正社員とはまた違ったメリットがあります。
契約社員のメリットは、キャリアアップを目指す人や、人生を充実させたいと考えている人に役立つ物が多いです。
この契約社員のメリットを正しく理解するには、契約社員という雇用形態についても理解しておかなくてはなりません。
契約社員という雇用形態がどの様な物なのか、正社員とはどの様な違いがあるのかを知っておく必要があるのです。
契約社員とはどの様な形で働くのか、正社員との違いはどこにあるのかを解説しつつ、契約社員のメリットを紹介していきます。キャリアアップや転職を考えている方は、参考にして下さい。

契約社員のメリットを理解する為にも、まずは契約社員と正社員の違いを理解しよう

まずは契約社員というものがどの様な物なのかを解説していきます。契約社員のメリットはこの雇用形態から生まれている物ですから、しっかり理解しておきましょう。

契約社員とはどういう雇用形態か

契約社員とは、有期の雇用契約を結び、その契約の範囲内で働く雇用形態の事です。
具体的には、

  • 労働時間
  • 労働期間
  • 勤務地
  • 仕事内容

等が全て契約によって決められている状態で働きます。
全ての契約は雇用主と話し合って決められており、その内容は雇う企業によって微妙に違いがあります。とても簡単に言うと『契約によって決められた範囲内で働く雇用形態』となります。

正社員との違い

正社員と契約社員との違いは、あまりありません。というのも、正社員も契約社員も、法律上の規定は存在していないのです。どちらも法律的な違いというよりは、会社内の規定による違いによって分けられています。
とは言え、大きな違いはあります。それが、働く期間です。
正社員は働く期間は定年等を除き、ほとんど決まっていません。いつまでも働く事ができます。対して、契約社員の場合だと、働ける期間が決まっている事が多いです。多くの場合、年単位で働ける期間が決められています。
会社の方針や会社との関係によっては、雇用契約を新しく結び直す形で働く期間を延長する事もあります。しかし、そうでない場合は雇用契約に定められた期間が過ぎたら、会社を去らなくてはなりません。
また、

  • 賞与
  • 手当
  • 福利厚生

等、会社側が用意している制度や待遇面での違いがあります。
正社員でもらえる賞与や使える福利厚生が、契約社員だと使えない場合もあるのです。こうした給与や待遇面に関する違いは、雇用契約を交わす時に説明されます。
契約社員として働く際には、雇用期間等だけでなく、賞与や待遇にも注意して契約する必要があるのです。

契約社員になるメリットは3つ。しっかり理解しよう

正社員とはちょっと違った働き方をする契約社員には、その働き方だからこそのメリットがあります。契約社員のメリットをまとめると、以下の3点となります。

契約期間が限定されているので、ライフプランやキャリアプランを考えやすい

契約期間が限定されているので、それに沿ってライフプランやキャリアプランを考える事ができます。

  • 大学や専門学校への入学
  • 留学
  • 資格試験や公務員試験等への挑戦
  • 結婚
  • 妊娠・出産

この様に、年単位で考えなくてはならないライフプランやキャリアプランでも、雇用契約に合わせて考える事ができるので、他の働き方に比べて次の行動に移りやすいのです。
実際、

  • 学校への入学
  • 留学
  • お金のかかる習い事
  • 起業

を始めたい人の中には、契約社員で働きながら次のステップに必要なお金をためている人もいます。
また、専門的な知識や技術が必要な業種や職業に契約社員として就き、雇用期間を過ぎたら独り立ちをする、といった計画を立て、実行している人もいます。
退職する必要があった場合でも、雇用契約の満了時にその旨を伝えればいいですから、退職時の手続きも他の雇用形態に比べてスムーズに終わらせられます。

自由な時間が確保しやすい

契約社員はあらかじめ働く時間や日数が決められています。
正社員の様に、

  • 休日出勤
  • 残業

をしないで済みます。その分、自由な時間を確保しやすいのです。
自由な時間を確保しやすいという事は、その時間を仕事以外の事につかえるという事でもあります。

  • 習い事
  • 趣味
  • 勉強
  • 育児
  • 介護
  • 副業

等、仕事以外に力を入れたい事や、仕事ではないが、欠かさずにやらなくてはいけない事がある人でも、安心してその活動に力を入れる事ができるのです。
限定されているのは、時間だけではありません。

  • 異動
  • 転勤

等も、雇用契約書に勤務地や部署が明記されていれば、それ以外の部署や勤務地で働く事はありません。
先に勤務地が決まっている為、

  • 通勤時間
  • 交通費

も固定された状態になります。
時間やお金のイレギュラーがほとんど発生しなくなるので、

  • 仕事以外の活動にかかる時間を確保したい
  • 計画的にお金を貯めたい

といった時でも、時間やお金の計算や契約が立てやすくなります。

仕事内容がある程度限定されている

契約社員は仕事内容も雇用契約によって定められており、正社員程広い範囲で仕事を任せられる事がありません。その分、責任の重い仕事も任せられる事が少ないです。

  • 決まった仕事をルーチンで片付けるのが得意
  • 仕事をする範囲をあらかじめ決めておいてほしい
  • 責任の重い仕事を任せられるのがとても苦手
  • 仕事に関するストレスをできるだけなくしたい

という人でも、契約社員なら安心して働く事ができます。
時間や勤務地等も決められているので、

  • 持病がある
  • 大きな病気・怪我から回復したばかり
  • 仕事をしていなかった期間が長くある

といった人にも向いています。
事情があり、正社員と同じ位働けない人でも、契約社員としてなら無理なく働く事ができるのです。

契約社員のメリットを理解して、自分の人生やキャリアに活かせるか考えてみよう

契約社員は正社員に比べて、細かな違いがあります。そして、その違いが契約社員として働く際のメリットを生み出しているのです。ライフプランやキャリアプラン、自分や家族の状態によっては、このメリットは強い味方になります。
自分の将来とその仕事について考えたい時は、契約社員の形態とそこから生まれるメリットを考えてみましょう。もしかしたら、自分のライフプランにそのメリットを活かせるかもしれません。ぜひ一度、考えてみて下さい。

この記事をシェア

 
チャンスイット