懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

一番の節約は買わないこと!無理せずものを買わないコツを紹介

更新

いろいろな節約術を試しているのに、なかなか効果がないと嘆く人も多いでしょう。お金がたまらないのは収入と支出が同じくらいか、もしくは支出が収入を上回ってしまうからです。

お金をためたいのならお金を使わないのが一番の節約。とはいえ、食料品や日用品など生活に欠かせないものまで削るわけにはいきません。

また、買いたいものを我慢するのは相当なストレスになることがあります。そこで、おすすめしたいのが「買わないこと」に慣れることです。

お金がたまらないのは、収入が少ないからだけではありません。実は無理に使う必要がない場面でお金を使ってしまっているからです。

ここでは、無理なくものを買わない習慣を身に付けるコツについて紹介していきます。買い物がストレス発散というタイプの人は、特に必見ですよ!

買わないことは我慢じゃない!買わなくてもいいと思えるコツ

買わないことは節約よりもたくさん我慢をするイメージがありますよね。買い物にお金を使えないことが強いストレスになるのは、お金に対する考え方やお金を使う習慣が関係しています。

ものを買わなくても十分満足できる状況を作れば、買わないことが我慢ではなくなってくるはずです。

ここでは、ものを買わなくてもいいと考えられるようになるコツを紹介していきます。

まずは断捨離を実行!不要なものを処分しよう

少し前にもブームになった断捨離が、買いたいと思う気持ちを抑えるのに役立ちます。

断捨離では、自分の持ちものをチェックして、要らないものと必要なものにわける作業です。

断捨離することで、自分がどれだけ不要なものを持っていたのかに気が付けます。不要なものを持ちすぎていると、無駄遣いにつながるのです。その理由を理解しておきましょう。

同じものを買ってしまう
また、ものであふれかえっていると、どこに何があるのかがわかりづらくなります。

自分の持ちものを把握できていないと、持っているものなのに持っていないと思って、新たに買ってしまうことにつながるのです。

スペースを無駄にする
たくさんのものを収納するために、片付ける場所が必要になりますよね。最近の家では収納が付いているタイプが多いですが、見やすく整理するために収納ボックスなどのグッズを買いそろえる必要が出てきます。

それらの収納グッズを買うだけでも、かなりの費用がかかることがあります。人によっては自宅だけでものが収まりきらず、レンタルスペースを利用することもあるでしょう。

片付けにお金を使う
ものがたくさんありすぎると、収納のやり方が悪いのでは?と考えてしまいます。

そこで、効果的な片付けに無駄なお金を使ってしまうのです。「整理収納アドバイザー」と呼ばれる資格も登場し、片付けや整理が注目されています。

有資格者に自宅の片づけを依頼したり、収納関係の書籍を購入したりして、身の回りの整理整頓を行うのです。

適した収納方法を理解するのは悪いことではありませんが、必要なものだけを持っていれば、そもそも収納場所に困ることは少ないのです。

不用品の処理にお金を使う
思い切って要らないものを処分するときに、廃棄費用がかかってしまうことがあります。

リサイクルショップなどで買取してもらえればよいのですが、そうでなければ自分で処分するしかありません。大きなものや大量のものを処分する場合、費用が高くつくことがあります。

結局、不要なものを処分できなければ、無駄遣いをする習慣を改めるのは難しいでしょう。

断捨離で不要なものを処分するだけで、かなり身の回りがすっきりするはずです。中には、あまり使っていないものでも、もったいなくて捨てられない人がいます。

処分できないものはまとめておいて、しばらく時間が経ってから捨てるようにするのがおすすめです。

購買意欲をかきたてるので要注意!コンビニの利用を控える

帰り道などで気軽に寄れるコンビニは、無駄なものを買う確率が高いので立ち寄らないことをおすすめします。

ちょっと立ち読みでもと気軽な気持ちで入ってしまって、お菓子やらいろいろ買ってしまったという経験はありませんか?

コンビニは夜でも明るい照明をつけて、気軽に立ち寄れる雰囲気を作っています。どこのお店でもそうですが、コンビニは消費者心理を研究してものを買わせようという戦略のもとで、商品を陳列しています。

買うつもりがなかったのに買ってしまったものは基本的に必要がないものです。その積み重ねが出費の増加につながります。

コンビニに寄りたいという気持ちを我慢できれば、無駄なものを買わなくても済むので、買うものが決まっているとき以外は利用しないと決めましょう。

お金をかけるもの、かけないものを見極める

女性は、洋服や靴などで流行を取り入れたい気持ちが強いでしょう。おしゃれのためにファッションアイテムを買いたいときは、買うアイテムによってお金のかけ方を見極めることが大切です。

シーズンごとに流行の組み合わせやアイテムが出てくるので、トレンドのスタイルを身に付けたい気持ちはとてもよくわかります。

しかし、流行の入れ替わりも早いので、少し前に購入したアイテムが短期間で流行遅れになってしまうことが少なくありません。

何でも値段を気にせずに買ってしまっていては、洋服代がばかになりません。だからといって、買いたいものを我慢するのはストレスです。

そこで、流行ものはプチプラでベーシックアイテムはよいものを購入しましょう。流行りのアイテムはすぐに身に付けられなくなる可能性大です。

  • 100円ショップ
  • リサイクルショップ
  • ファストファッション

といった低価格でもトレンドアイテムを購入できるお店はたくさんあります。期間限定でしか身に付けないアイテムは、これらのお店を利用して購入しましょう。

一方でベーシックなアイテムは流行に左右されず長く身に付けられるので、よいものを買うことをおすすめします。

買うときに値段が高いと感じるかもしれませんが、よいものは着心地やシルエットがきれいで、洗濯を繰り返してもダメージが少ないなど長くその品質をキープできます。

プチプラのベーシックアイテムを短期間で買い替えるよりも、最初に高いものを買って長く身に付けた方が、結果的に無駄遣いを防げるのです。

必要ないのに買う習慣を改善!買う必要ないものを見極める!

今まで外で買っていたものを、自宅から持参してみましょう。たとえば、毎日出先で買ってしまう飲み物。

100円前後だからいいだろうと軽い気持ちで毎回購入していても、買う頻度が高ければそれなりの金額を使っているのです。

ペットボトルを毎日1本買っている場合、1本あたり100円だとしても1カ月で約3000円のお金を使っていることになるでしょう。

また、お昼ご飯を毎回コンビニなどで済ませている人も、ランチ代だけでかなりの出費になっています。

飲み物はマイボトルに入れて、ランチは自宅からお弁当を持参すれば、無駄な出費を減らせますね。

買い物で妥協しない!欲しいものを買う

買い物をするときは、自分が本当に欲しいものを買うことが大切です。買う物で迷ったときに、値段で妥協したことはありませんか?

確かに安く購入できてその場は満足かもしれません。しかし、本当に欲しいものを買ったわけではないので、すぐに飽きてしまったり、嫌になったりして、結局また新しいものが欲しくなってしまうのです。

欲しいものを購入すれば気に入って長く使うので、結果的に無駄遣いにならないのです。

安いから買いに行くのはNG!買い物の習慣化を見直す

○曜日は特売の日だから必ず買い物に行くと言ったように、自分なりの買い物ルールが決まっていたら、改めることをおすすめします。

いくら特売をやっているといっても、本当に行く必要がわからないからです。冷蔵庫の中が食材で満たされているのに買い物に行き、値段に惹かれてつい要らないものまで買ってしまうことがあります。

結局食べきれずに無駄にしてしまったら意味がありません。食品の買い物に出かけるときは。

必ず冷蔵庫をチェックしてから本当に買い物が必要かを判断するクセを付けましょう。

これ以上ものを増やさない!洋服の購入はルールを決める

洋服は増えやすいアイテムなので、自分なりのルールを作ることをおすすめします。

ファッションに関心が高い人にとって、流行のアイテムを購入したり、さまざまな組み合わせをしたりするのが楽しみだと思います。

とはいえ、好きなようにアイテムを買っていたら、収納場所がいっぱいになってしまいます。そこで、自分の持つ洋服の量を最初に決めておくのです。

洋服や小物の収納場所を作ったら、そのスペースに収まりきらないほどのアイテムを買わないようにします。

アイテムを1つ買ったら、1つ処分するといったように、アイテムを買い足すことでこれ以上ものが増えないようにするのです。

お金がたまって節約効果大!買わない生活を実現するメリットとは

ものを買うことがストレス解消になっている人も大勢いると思います。そのような人にとって、ものを買わないことはつらいことしか想像できないでしょう。

しかし、ものを買わないことで得られるメリットはかなり大きいのです。メリットに目を向けてみると、買わないことを前向きに考えられるようになるかもしれません。

節約意識が向上しお金がたまる!

買わないことで節約意識が向上し、結果的にお金がたまります。出費が多いのは決して必要なものだけを買っているのではなく、不要なものまで買っているからです。

不要なものを買わないようにするだけで、節約になるのです。必要と思って買ったものでも、結局食べない・使わないのではお金を無駄にしていることになります。

不要なものを買わないようにするだけでも、かなり高い節約効果が得られることを理解しておきましょう。

シンプルな暮らしになる

買わない生活を送れるようになると、シンプルに暮らせるようになります。ネットやお店でたくさんのものが販売されていると、「欲しい」という気持ちが出てくることがあります。

欲しいと思っても、不要なものかそうでないかを判断できれば、自然と買うか買わないかを見極められるようになります。結果的に、必要なものや好きなものにだけ囲まれて生活できます。

ものを大切にできるようになる

買わないことで、ものを大切に思う気持ちが芽生えてきます。好きなものや必要なものにだけ囲まれていると、そのものを大切に使おうという気持ちが出てきます。

壊れたり使えなくなったりしたものでも、修理したりリメイクしたりして、何とか使いたいと考えるので、結果的にゴミを減らすことにもつながるのです。

ものが少ないと見た目もスッキリ!部屋がきれいになる

たくさんのものに囲まれていると片付けが大変になりますが、ものが少なければ片付けが楽で部屋をきれいに保てます。

無駄なものを買わなくなるので、ものが増えなくなります。片付けるものが少ないと収納スペースにも余裕が生まれ、部屋全体が散らかりにくくなりますよ。

必要なものだけで豊かに!断捨離と買い物クセ改善で買わない習慣を

買わない習慣は節約以上にハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、自分の持っているものを見直したり、買い物に対するクセや考え方を変えたりすることで、無理なくものを買わない習慣を身に付けられるようになります。

まずは、断捨離を実行して不要なものを処分することです。自分がどれだけ要らないものを持っていのかがわかると、不要なものと必要なものが判断しやすくなります。

また、本当に必要なものだけを購入したり、流行のものは安く買ったりと買い物の習慣や考え方を改めることで、必要以上にものを買わなくなるのです。

せっかく買ったものを捨てるのはもったいないかもしれませんが、それが買わない習慣を身に付ける第一歩です。節約のためにも早速チャレンジしてみましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット