懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

一般NISAはつみたてNISAと違う?しくみやメリットを紹介

更新

投資や資産運用に興味はあるけれど、何を始めたらいいのか分からない。

また、資産運用などで得た収益に税金がかかるなら損をするのではと思っている人がいるかもしれません。

収益に税金がかかるのが嫌という人や、少額から投資や資産運用を始めてみたいという人でもできるのが一般NISAです。

一般NISAと聞いてもどういうものか分からないし、「投資」「資産運用」「株式」という言葉が並ぶとやはり躊躇してしまうこともあります。

一般NISAもしくみや概要、どういうメリットやデメリットがあるか知ることで始めやすくなります。

ここでは、一般NISAについてのしくみや概要、他のつみたてNISAとどこが違うのかなどについて紹介していきます。

一般NISAとはどういうものか知ろう

一般NISA(一般ニーサ)は聞いたことがあるけれど、どういったシステムになのか知らない人もいると思います。

ここでは一般NISAとはどういうものなのかを紹介していきます。

一般NISAの概要

一般NISAとは、2014年1月からスタートした、少額から投資をするための非課税制度のことを言います。

次のようなものが非課税対象となります。

  • 投資信託に投資して得られる分配金
  • 売却時に得られる譲渡益

あくまでもNISA口座のものが対象になります。

また、一般NISAで取り扱っているものは、次のようなものがあります。

  • 国内上場株式
  • 国内不動産投資信託(REIT)
  • 上場株式投資信託(ETF)
  • 公募株式投資信託
  • 外国株式

多くの商品を取り扱っているので、自分の納得のいくものを選ぶことができます。

表にまとめると次のようになります。

利用できる人 日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座
非課税投資枠 新規投資額で毎年1200万円が上限
(非課税投資枠は5年間で最大600万円)
非課税期間 最長5年間
投資可能期間 2014年~2028年

(出典:金融庁「NISAとは」)

まずは、一般NISAの概要を知ることから始めましょう。

一般NISAの非課税制度を理解しよう

一般NISAは少額から投資をするための非課税制度のことを言いますが、その制度を理解することが大事です。

一般NISAには非課税対象枠があり、次のようになっています。

  • 購入できる上限は毎年120万円
  • 年間120万円×非課税期間5年間となるため、投資総額は最大で600万円が上限になる
  • 非課税投資枠内で購入して得られた収益は最長5年間非課税だが、ロールオーバーすれば最長10年間非課税となる
  • 非課税投資枠は翌年以降に繰り越しができない

一般NISAで気を付けたいのが非課税期間です。

つみたてNISAは最長20年間と長いですが、一般NISAは5年間と短いためすぐに満了となります。

満了になると、次のどれかをしなくてはいけません。

  • 売却する
  • 普通口座などの課税口座に移管する
  • 6年目以降のNISA口座への移管する(ロールオーバー)

全額ロールオーバーできますが、値上がりして120万円を超える金額の場合、非課税投資枠を超えるため、その年は新たに商品購入ができません。

一般NISAを始めるためにしなくてはいけないこと

一般NISAを始める時、銀行に口座があるからすぐできるというものではありません。

一般NISAを始めるには、いくつかやらなくてはいけないことがあります。

始める前に「NISA口座」の開設をする

一般NISAを始めるには、まずNISA口座を開設しなければいけません。

口座を開設する時にも、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。

  • NISA口座は1人1口座しか作ることができない
  • 口座は現在国内に居住する満20歳以上の人でなければいけない
  • 1年単位で別の金融機関への変更はできるが、その都度手続きが必要

また、口座を作る場合、普通口座のように銀行や証券会社に行ってすぐに新しい口座を貰えるわけではありません。

一般NISAの口座を作る手順は、次のようになっています。

  1. 金融機関(銀行、証券会社など)で一般NISA専用の口座を開設する
  2. 一般NISA口座開設申込書(非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書)を取り寄せる
  3. 必要事項を記入し、本人確認書類(運転免許所やパスポート)のコピーやマイナンバーカードもしくは通知カードのコピーなどを添付して金融機関に提出する
  4. 税務署による申請内容の確認を行い、完了後に口座を開設した金融機関へ通知が届く
  5. 金融機関が一般NISA口座を開設、一般NISA口座開設完了の通知が届く
  6. 一般NISA口座で運用開始

口座を開設に行ったら終わりではなく、口座開設申込書を取り寄せて記載、送付が必要ですこれをしないと一般NISA口座は正式に開設されません。

また、一般NISとつみたてNISAは併用ができないので、注意しましょう。

金融機関によって商品が違う!各金融機関の取り扱う賞品をチェックする

一般NISA口座が開設したら、次は投資する商品と金額を決めていきます。

商品はどこの金融機関も同じものを取り扱っているわけではありません。株式などは証券会社で購入はできますが、銀行では買えません。

NISAは1人1口座しか開設することができないため、口座を開設する前に自分が購入したいと思っている商品をどこが取り扱っているかを調べてから口座開設をするようにしましょう。

一般NISAのメリット・デメリット

一般NISAは年間120万円の非課税投資枠があるので、投資をしたいという人にはとてもいい制度ですがメリットばかりではありません。

一般NISAを始める前に、メリット・デメリットをきちんとチェックしておきましょう。

メリットその1.譲渡益、配当金・分配金等が非課税になる

本来、株式や株式投資信託で得た利益には、税金が20.315%かかります。

しかし、NISA口座で購入した商品の配当金、分配金、譲渡益は非課税になるため、利益がすべて手元に入ることになりますし、節税にもなります。

ただし1つ気を付けなければいけないのが、非課税対象となる金額です。

非課税投資枠は年間120万円となっていますが、その中の90万円分で購入して利益込み130万円で売却した場合、40万円の売却益が非課税対象となります。

メリットその2. 投資の回数や数に制限がないのでリスク分散ができる

一般NISAの場合、つみたてNISAのように毎月決まった金額を積み立てるわけではありません。

非課税投資枠が120万円になので、その枠内であれば投資回数は何度でも可能です。

1つのものに120万円投資することもできますし、細かく分けて投資することもできます。そのため、リスクも分散することができます。

ただNISA全般に当てはまることですが、1年間に投資枠内の金額を使わなかったからといって翌年にそれを繰り越すことはできません。

例えば今年80万円を投資したので、来年は今年の余り枠40万円分を来年に持ち越して160万円分投資ができるわけではないので注意が必要です。

メリットその3.ロールオーバーすれば最大10年間非課税で運用できる

一般NISAの非課税期間は最大5年間となっていますが、満了後にNISA口座に移すことでさらに最大5年間非課税で運用することができます。

しかし、NISA口座は1人1つしか持てないため、5年間の満了後に同一の金融機関にNISA口座を開設しなければいけません。

メリットその4. 国外の株式を購入できる金融機関がある

一般NISAは様々な商品を取り扱っています。その中には、国内の株式や株式投資信託だけではなく、海外の上場株式、海外ETF、REITなどもあります。

取り扱う商品は金融機関によって異なるためどこの金融機関でも購入することができるわけではありませんが、国外株式を取り扱っている金融機関を選べば海外の商品購入も可能となります。

デメリットその1.損益通算や繰越控除ができない

一般NISAだけではありませんが、全てのNISAが損益通算できません。

いくつかの金融機関で取引をしている場合、例として「A証券会社で30万円の損失、B証券会社で50万円の利益」といったことがあります。

このような時、利益と損失を相殺して損失が出た時は利益から差引いたトータルの利益から税金を算出することができます。これを損益通算と言います。

しかしNISAの場合は損益通算対象ではないのでできません。

また、利益と損失を差引いて損失が多かった場合、残った分を3年間にわたって繰越し、次年度以降の利益から差引いていくことができます。

これを繰越控除と言いますが、NISAは損益通算ができないため、繰越控除もできません。

デメリットその2.ロールオーバーをしても最大10年間しか運用できない

これはつみたてNISAと比較してのデメリットですが、つみたてNISAの場合、非課税期間が20年間と長いのに対し、一般NISAは5年間しかありません。

ロールオーバーの手続きをしても最大10年間しか運用ができないので、長期で投資信託を考えている人にとっては運用期間が短くなります。

デメリットその3. ロールオーバーの手続きをしないと課税対象になる

一般NISAはロールオーバーができますが、そうするためには手続きが必要です。

一般NISAの非課税期間が満了に近づいても連絡がない場合もあるので、自分で管理をしなくてはいけません。

また、手続きができる期間が決まっているため、その時期に手続きを逃してしまうと課税口座に払出しされてしまうため、課税対象となってしまいます。

デメリットその4. 時代に合わせたサービスに変更される可能性がある

一般NISAは2014年1月にスタートし2023年で制度が終了となっていましたが、個人の資産運用や社会保障、イノベーションへの投資等に関する諸制度の見直し・新設を盛り込んだ「令和2(2020)年度税制改正大綱」で、一般NISAは2028年まで延長となりました。

このように、時代に合わせたサービスに変更される可能性があるため、一般NISAの制度がいつ終了するかというのが確実ではありません。

ロールオーバーができても、2028年に制度が終了となると、遅くても2022年中に一般NISAを利用していないと、ロールオーバーはできなくなります。

一般NISAとつみたてNISAの違いを知る

一般NISAを調べていると比較の対象として出てくるのが、つみたてNISAです。

一般NISAを始める際に、つみたてNISAのことも調べて2つのNISAの違いや自分にどちらが向いているかをまずは考えてみましょう。

一般NISAとつみたてNISAを比較

一般NISAとつみたてNISAは対象商品や年間限度額など違う部分があります。どこがどう違うのかを、表にまとめてみました。

一般NISA つみたてNISA
投資方法 通常買付、積立買付 積立買付
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託 投資信託(ETF含む)
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円
非課税投資期間 5年間 20年間
途中の引き出し 可能 可能
商品移管
(ロールオーバー)
できる できない

一般NISAは通常買付もできるため、選べる商品数もつみたてNISAより多いのが特徴です。

また、年間の非課税投資枠も120万円と大きくなっていますが非課税投資期間は5年とつみたてNISAより短くなっています。

非課税期間が満了した後は、次のどれかを選びます。

  • 売却する
  • 課税口座に移す
  • ロールオーバーする

一般NISAの場合、5年間の非課税期間が満了した後、翌年の一般NISA非課税枠へ移管することができます。

そうすることで、さらに5年間非課税投資枠で保有が可能です。

しかし、ロールオーバーするにはいくつかの条件があります。

  • NISA口座を開設している金融機関で定められた期限内に手続きを行う
  • 同一の金融機関にNISA口座を開設し非課税期間延長を行う

同一の金融機関ではないところに口座を作った場合、ロールオーバーができないので注意が必要です。

もう1つのNISA「ジュニアNISA」とは

NISAについて調べていると、つみたてNISA以外にも「ジュニアNISA」というものが出てきます。

ジュニアNISAの概要は次のようになります。

  • 20歳未満を対象としたNISA
  • 株式、投資信託等の投資から得られた分配金、配当金、譲渡益が非課税対象
  • 非課税投資枠は年間80万円
  • 非課税期間は最長5年間
  • 投資可能期間は2023年まで
  • 親権者等が孫や子供の代理で運用できる

ジュニアNISAで1番気を付けなければいけないのが、名義者(孫、子供)が18歳になるまで払出しができないということです。

非課税期間が過ぎたからといって払出しをしようとしてもできないので注意しましょう。

投資や資産運用を勉強したい人は一般NISAがオススメ

一般NISAはつみたてNISAのようにコツコツと毎月積み立てるという投資ではありません。

年間の非課税投資枠も120万円と大きいため、投資をしながら勉強をしたいという人に向いています。

また、非課税期間も最長5年、ロールオーバーをしても最長10年とつみたてNISAより短いため、老後資産というよりは5~10年後の資産運用が目安となります。

いろんな投資信託に興味がある人は、まずは一般NISAから始めてみるのもいいかもしれません。

この記事をシェア

 
チャンスイット