懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

育休明けの職場復帰が不安。好印象を与える挨拶でスムーズに復帰

更新

長いようで短かった育児休業ももうすぐ終わり。
保育園入園の準備とともに考えておかないといけないのは職場復帰の挨拶です。
入れ替わり立ち替わり育休に入っているような、ママばかりの職場ならまだいいかもしれませんが、独身女性や既婚でも子どもがいない女性が多いところでは少し気を使いますね。
復帰後の仕事をスムーズに気持ちよく進めるためにも、復帰した時の挨拶をどうするか、しっかり考えておきましょう。

育休明けはどんな挨拶が好印象?好感度の高い挨拶

育児で休むことは法律上認められている当然の権利ですが、

  • 長期間休んでいたことに対するお詫び
  • その間仕事をカバーしてもらったことに対するお礼

この2つを伝えることが大きなポイントです。

不在だったことに対する謝罪

元々それなりの仕事を持っていたのですから、長期にわたって不在にしている間、誰かが自分の仕事をカバーしてくれていたわけですね。
そのおかげで心置きなく休むことが出来て、スムーズに復帰も出来たのです。
長い間お休みして申し訳なかったということを最初に伝えましょう。

育児に専念できたことへのお礼を

そして、育児休業をとることが出来たおかげで育児に専念できました、とお礼の気持ちも伝えましょう。
特に、直接自分の仕事をカバーしてくれた方には、個別にきちんと挨拶したいものです。

勤務時間が変更になる場合も伝えておく

仕事復帰と同時に時短勤務になったり、フレックスや退社時間の変更など勤務時間が変更になる人も多いと思います。
それが周りの人に伝わっていないと、「○○さんは?帰っちゃったの?この書類に印鑑が欲しかったのに!」ということにもなりかねません。
勤務時間や勤務形態の変更は、関係する人に必ず伝えておきましょう。

今度の努力について

仕事に復帰したら、出産前とは同じように仕事はできません。自分の都合で残業することも出来ないし、子供の病気で休む、早退するなどの必要も出てきます。
そんなとき、どうしても周りの人の協力が欠かせません。自分一人では、これまで通りの仕事は出来ないのです。
だからこそ、これまで以上に頑張りますという姿勢が大事です。
限られた時間の中で精一杯努力しますという姿勢を挨拶でもしっかり表明していきましょう。

挨拶は簡潔に

上記を踏まえて、実際に挨拶する内容を考えてみたいと思います。

◆挨拶例
「本日より仕事に復帰いたします○○です。
長期のお休みを頂いたことでご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。おかげさまで育児に専念することが出来ました。ありがとうございます。今後は保育園の送り迎えの関係で9時から16時の勤務となります。何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、今後は一層努力をして参りますのでどうぞよろしくお願いいたします」

挨拶は簡潔に、

  • 謝罪
  • お礼
  • 勤務について
  • 今後の努力について

を盛り込んでおけば大丈夫です。
復帰の挨拶なので、子供の今の様子などあまり細かく話す必要はありません。

手みやげはケースバイケース

復帰の時の手みやげは必須ではありませんが、ちょっとしたお菓子などがあると挨拶もしやすいかもしれないですね。
あくまでも気持ちなのでそんなに高級なお菓子は必要ありません。

お昼休みなどに挨拶がてら一人一人に手渡しをしていくと、改めてお礼の気持ちを伝えることが出来るでしょう。

お菓子を持っていく時は、もらった人がすぐに食べない場合もあるので、

  • 個装になっているもの
  • 日持ちするもの

を配るようにした方がいいでしょう。

社内メールで挨拶する場合

同じ部署の人には口頭で挨拶しますが、他部署で関係する方々にはメールで挨拶する場合もありますね。
その際は、復帰初日にメールを送るようにしてください。
メールの文面の例ですが、このように書いてみてはいかがでしょうか。

件名:復帰のご挨拶/○○(自分の名前)です
本日より育児休業から復帰いたしました。
休職している間皆様にはご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に申し訳ございませんでした。
1年間育児に専念できましたことを改めて感謝申し上げます。
今度はさらに努力を重ねて参りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

メールでも私生活に関することを書く必要はありません。あくまでも挨拶なので、さらっと済ませましょう。

取引先にもひと言

取引先の方にもひと言ご挨拶をしておいた方がいいですね。とりあえずは復帰初日にメールで挨拶をし、次回会社に伺った時などに改めて挨拶をすればいいと思います。
メールの文面は上記同様、簡潔に、今後の意気込みなどを伝えればいいでしょう。

必要以上に子供の話を自分からしないこと

職場には色々な人がいます。今まさに育児中だと子供に関することで頭がいっぱいになってしまい、子供についてあれこれ話したくなってしまうかもしれません。挨拶の時に、「子供が可愛くて仕方ない」と話したくなるかもしれません。
でも、職場には独身の人もいますし、既婚者でも子供のいない人もいます。

子供に関する問題は非常にデリケート。子供が欲しくてなかなか授からない人もいれば、子育てしながら働くことに否定的な人もいます。

色々な考え方や立場があるのです。子供が授からなくて悩んでいる人は、人の子供の話を聞いても素直に喜べないこともあるでしょう。
独身の人が「子育てが大変で」と聞けば、「じゃあ辞めればいいのに」と思うかもしれません。
同じ子供がいるママでも、子育ての悩みは十人十色。あなたの悩みを誰もがわかってくれるわけではないです。
だから、聞かれもしないのに子供のことをあれこれ自分から話さない方がいいでしょう。
復帰後しばらくして、職場の今の状況がわかってくれば、「この人とだったら子供の話が出来るな」ということもわかると思います。話をしたい時はそういう相手を選んで話をした方がいいでしょう。

大事なのは復帰してからの仕事ぶり。何事も前向きに頑張ろう

今の日本では「社会全体で子育てをする」という意識があまりありませんから、育児に関して休むことを「迷惑」と受け取る人が多いのも事実です。悲しいことだと思いますが。
だからこそ、仕事で結果を出していくというのはとても大事なことなのです。他の人なら文句を言われないことでも「だから子持ちは」と言われかねないからです。
復帰後の挨拶はあまり気負うことなく、これから頑張りますという気持ちを伝え、その言葉は実際の仕事で見せていきましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット