懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

保育園を土日祝日でも利用したい!利用方法と預けられないときの対処法

更新

勤め先によっては、土日祝日休めるとは限りません。また、普段は土日祝日が休みでも、冠婚葬祭やイベント、出張などで土日祝日に保育が必要になることもありますよね。
保育園は土曜日保育を行っているところはありますが、日曜祝日まで対応してくれるところはあまり聞いたことがありません。
しかし、子供を預けることができなければ仕事に行くことは難しくなります。探してみると、土日祝日でも預かってくれる保育園はあります。
そこで、土日祝日に保育園を利用する方法や、預けられないときの対処法について紹介していきたいと思います。

日祝保育を実施しているところを探すのが困難、土日祝日保育の状況

保育園が開園しているのは月曜日から土曜日というところがほとんどです。しかし、中には土曜日保育を行っていないところもありますので、保育園に確認が必要です。
土日祝日保育が必要なケースと、土日祝日の保育園の運営状況について解説していきます。

土日祝日に保育園を利用するのはどんなとき?

土日祝日が休日の仕事に就いていれば、土日祝日の保育の必要性をあまり感じないかもしれません。しかし、必要とすることが今後出てくるかもしれません。土日祝日保育を必要とするのは以下のようなケースです。

仕事
土日祝日休める仕事でも、土日祝日の出勤を求められることがあります。また、サービス業や医療関係は毎週土日祝日が休めないことがほとんどでしょう。
冠婚葬祭
急に予定が入ってしまったとき、旦那さんや祖父母に預けられないときも出てくるかもしれません。
体調不良
子供の世話が難しくなるくらい体調が悪くなってしまったとき、しかも他に子供の面倒をみてくれる人がいないときは、子供を預かってほしいと思うでしょう。
普段保育園に子供を預けていない人でも、土日祝日の一時保育を利用できたらと思うことがあるようです。

土曜日の保育園利用は可能

保育園に預けるためには、保育園が土日祝日保育に対応してくれるかどうかを調べなくてはいけません。基本的に土曜日に保育園を開園しているところがほとんどです。
しかし、ほとんどの保育園では保育士を確保する必要性から、土曜日の利用に制限を設けています。土曜日が仕事である場合や緊急の用事以外では、利用できないことが大半でしょう。
また、一時保育についても利用人数に制限が設けられていることがあります。利用を希望している保育園に、土曜日の利用について確認しておくといいでしょう。

日曜祝日の利用は限られている

日曜と祝日まで保育を行っている園はかなり少数です。しかし、探してみると保育を行っている保育園がみつかることがあります。

休日預かり保育
認可保育園でも場所によっては日曜祝日の休日預かり保育を実施しています。また、自治体の保育園が持ち回りで休日預かりを行っていることもあります。詳しいことは役所のこども課(保育園を管轄している部署)に聞くといいでしょう。
認可外保育園
認可保育園ではなく、認可外保育園では日曜日と祝日の保育を行っていることがあります。認可外保育園に関する情報も、役所のこども課などに聞いてみましょう。

数は少ないですが日曜祝日の保育を実施しているところはあります。保育園に直接連絡をするよりも、役所の窓口にきいたほうが、詳しい情報を教えてくれるかもしれません。

利用条件や定員を確認すること!日曜祝日に保育園を利用するポイント

土曜日に保育園の預け先を見つけるのはそれほど難しくはないと思います。大変なのは日曜祝日保育を実施しているところを探すことです。
そこで、日曜祝日に保育を利用するときのポイントについて解説していきます。

利用条件を確認しよう

土曜日と比べると日曜祝日に保育を実施している園は少数です。そのため、利用条件が設けられているところが多いと思われます。

  • 就労
  • 冠婚葬祭

といったように、適切な理由がないと預かってもらえないところが多いのです。(認可保育園の場合)ただし、認可外保育園の場合は、特別な理由がなくても子供を預けられることがあります。
条件については、日曜祝日保育を実施している園か、役所の担当部署に確認しておきましょう。

利用申し込みの方法

利用の申し込み方法についても、利用条件とともに確認しておくようにしましょう。保育士を確保する必要性から、日曜祝日保育は早めに申し込みを締め切ることがあるからです。

利用申し込みの際には、就労証明書や結婚式の招待状など、保育の必要性を証明するものの提出を求められることがあります。

預かり料金について確認

預かり料金についても、預け先や自治体によって異なります。詳しい料金や支払方法について知りたいときは、預ける予定の園か役所に確認しておきましょう。

利用時の注意点を確認

日曜祝日も、普段利用している保育園に預ける場合でも、注意点について確認しておくようにしましょう。

  • 当日の持ち物
  • 利用時間

などについては、利用前に確認しておくようにします。

ベビーシッターを利用するなど、日曜祝日に保育園が利用できないときの対処法

日曜祝日の保育園利用は人数にも限りがあり、毎回利用できるとは限りません。土日祝日に保育園が利用できなかったときは、どこに子供を預けたらよいのでしょうか。

ベビーシッター

利用料が高額となってしまうのが難点ですが、急な依頼でも対応してもらえる可能性が高いのがベビーシッターです。万が一のことも考えて、利用できるベビーシッターをピックアップしておく、短時間でも試験的に預けてみると安心かもしれません。

ファミリーサポートセンター

自治体が行っているサービスです。事前に利用登録が必要ですし、預け先の人と面談を行うことがほとんどです。
利用する可能性がある場合は、登録と面談だけでも早めに行っておくことをおすすめします。

料金は比較的リーズナブルですが、土日祝日は平日よりも利用料金が高くなることがあります。

ただし、預け先が見つからないこともありますし、緊急時は対応してもらえないことがあるのが難点です。

実家や義理実家を頼る

近くに実家や義理実家があると、もしものときに助かります。実家や義理実家が遠方である場合も、来てもらうことができればお願いしてみましょう。

ママ友にお願いする

近所に住んでいるか、保育園が一緒のママ友に子供の面倒をお願いするのも手段のひとつです。ただし、相手の予定もありますし、頻繁にお願いするのはおすすめできません。
ママ友に子供を預けるときは、長時間にならないように、お礼の品を持っていくなどして感謝と気遣いを示すことが大切です。

土日祝日保育は可能!事前リサーチはしっかり行うことが大切

土日祝日でも保育園を利用することは可能です。土曜日はそれほど難しくはないかもしれませんが、日曜祝日となると保育を実施しているところを探すのが大変です。
普段は利用することが少なくても、今後保育を必要とすることが出てくるかもしれません。
その場になって慌てないためにも、日曜祝日の保育について事前リサーチをしておくことをおすすめします。
また、保育園が利用できない場合の預け先についても調べておく、事前に登録しておくなとしておくともしものときに安心です。

この記事をシェア

 
チャンスイット