懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

月曜日は怖くない!憂鬱を吹き飛ばす前夜と朝の過ごし方

更新

休みの前の日はとてもうれしいものですが、お休みが終わり翌日の出勤は非常に気分が重いものですね。サザエさん症候群などと言われますが、日曜日の夜は憂鬱になってしまう人がとても多いようです。
休み明けの月曜日というのは、なぜそんなに憂鬱なのでしょうか?火曜日や水曜日など、他の曜日とほとんど変わらないのに、精神的に落ち込んでしまうものです。落ち込む理由は特別見当たらないのに、月曜日というのは家を出るのが億劫なもの。
その原因が分かれば、少しは憂鬱が軽減されるかもしれません。
毎週憂鬱な月曜日なんて嫌なものです。月曜日の憂鬱を吹き飛ばす方法を紹介しましょう。

どうして月曜日だけ憂鬱?その理由

他の曜日に比べて、なぜ月曜日だけが憂鬱なのでしょうか?その理由には、次のようなことが考えられます。

朝、起きるのがつらい!睡眠の質が悪いのが理由

週末も普段と同じ時間に起きる、という人は少ないでしょう。多かれ少なかれ、平日よりも遅く起きるものです。しかも、週末の夜は遅くまで起きているので、自然と翌朝の起床時間は遅くなります。
そうすると体内時計が狂い、月曜日の朝はスッキリ起きることができなくなります。日曜日の夜に寝付けずに、睡眠不足で朝を迎えてしまうのです。そのため、睡眠不足で

  • 眠い
  • 起きるのがつらい
  • 体を動かすのが億劫
  • このまま寝ていたい

となってしまい、憂鬱になるのです。

休日との切り替えがうまくいかない

多くの人が仕事よりも楽しい休日の方が好きです。緊張する会議もなく、上司に叱られることもなく、好きなだけ家族と遊びに出かけたり、デートを楽しんだりできるお休みは、とても楽しいもの。しかし、休日はアッという間に過ぎ、また1週間が始まります。
楽しかった休日とまた仕事に戻らなければならない感情の切り替えがうまくいかないと、憂鬱になってしまうのです。

現在の仕事が合っていない

仕事が楽しければ、月曜日の憂鬱度合は違ってきます。仕事をすることにやりがいを感じ、リラックスして仕事ができる環境であれば、会社に行くのがイヤではなくなるでしょう。そう感じられないのは、今の状態にストレスを感じているからかもしれません。

  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 仕事が楽しくない
  • 胃が痛くなるほどストレスを感じる
  • 上司など会社でのコミュニケーションが取れていない
  • 仕事上での悩みが多い
  • 会社でトラブルが多い

など、ストレスを抱えてしまう環境で仕事をしていれば、月曜日は特に逃げたくなるほど会社には行きたくないでしょう。

不安や恐怖を解消!月曜日の憂鬱対策

理由はよく分からないけれど、逃げ出したくなるほど月曜日が怖い、という人も少なくないでしょう。そんな状態を少しでも緩和できる方法を紹介します。

体内時計を狂わせない!睡眠の質を上げる

体内時計が狂って、睡眠不足になる。その状態を防ぐことが必要です。質のよい睡眠を取るためにも、週末だからといって、いつまでも寝ていないで、できるだけ平日よりも起床時間のずれは1時間程度にとどめておくことが大事です。さらに、睡眠の質を高めるためにも、

  • 軽い運動をして寝る
  • アロマを焚くなどリラックス環境を作る
  • 睡眠の質を下げるスマホやテレビを寝る直前に見ない
  • 湯船にゆっくり浸かる

などといった睡眠不足対策をしましょう。

ご褒美を用意。月曜日に楽しみを入れる

楽しいことがあれば、気分が紛れるはず。月曜日にご褒美となる楽しいことを入れましょう。

仕事帰りのおいしい食事
月曜日は仕事を早めに切り上げ、話題のレストランで食事、気の合う友人とカラオケ、など楽しいイベントを用意してみるのはどうでしょう?気持ちもワクワクしてくるのではないでしょうか。
おいしい朝食
おいしいと評判のパン屋さんでパンを買っておいたり、デザートを用意したりするなど、優雅な朝食を用意してみましょう。朝から気分もよくなりますよ。
カフェでリフレッシュなどいつもと違う朝にする
いつもとは違った雰囲気で、朝食をとるのもいいでしょう。カフェでおいしいパンケーキとカフェオレなどでお腹も満たされれば、リラックスして会社に行けるはず。

楽しい環境で楽しく仕事をする

今日はこうやって仕事を工夫してみよう、とか今日は情報収取に没頭しよう、など、楽しくできる仕事の予定を立てるのもおススメです。楽しく、やりがいを持って仕事ができれば、月曜日でも憂鬱さが軽くなるでしょう。月曜日は頑張り過ぎずに、リラックスしながらできる仕事をするのも、一つの方法です。
または、楽しく仕事ができるよう、文具などを新しくそろえてみるのもいいでしょう。名刺入れを新しくしたり、かわいいメモ帳を買ってみたり。毎週高額なものばかり買いそろえるのは無理がありますが、ノートやボールペンなどを買ってみてはいかがでしょう?

ちょっとしたことですが、自分好みのグッズに囲まれて仕事をするのも、気分がいいものですよ。楽しく仕事ができると思えば、憂鬱さも減るでしょう。

会社に行くまでは何も考えない

「あーホントに憂鬱」と感じてしまうと、ますます会社に行くのが不安になってしまいます。月曜日は憂鬱といっても、会社に行って仕事が始まれば、憂鬱さも消えてしまうことも多いでしょう。本当に憂鬱なのは、日曜日の夜から月曜の朝ではないでしょうか?
その時間に憂鬱な気分にならなければいいのです。

憂鬱になりそうな時間帯は、趣味に没頭したり、友だちと会話を楽しんだりして、何も考えないようにしましょう。朝起きたら、メイクや服選びに集中し、通勤途中も読書などで“考える時間”を作らないことです。

気分次第で月曜日の憂鬱を解消

ブルーマンデーなどとも呼ばれる月曜日の憂鬱。休みに入った途端に月曜日のことを考えてしまう人もいるでしょう。しかし、なぜ月曜日が憂鬱なのか原因を探ってみても、考えつかないということも多いものです。
憂鬱さは睡眠不足など、体調にも左右されるものですが、気分次第で解消できることもあります。そうはいっても気にしない、というのは難しいもの。それなら、気分を高めたり、リラックスできたりする環境を作るといいでしょう。
また、好きな人が会社にいれば別ですね。むしろ、月曜日が楽しみでたまらない、ということに。会社に楽しみを作る、というのも月曜日の憂鬱を解消する近道でしょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット