懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

ガス代の節約は難しくない!家庭でも簡単に出来る節約法まとめ

更新

ガス代の節約は光熱費の節約において、避けては通れないポイントです。ガス代をどれだけ節約できるかによって、光熱費の金額は変わっていきます。可能な限り節約したい料金でしょう。

そんなガス代を節約するテクニックを多数集めました。

節約の方法を、

  • ガス代の根本から見直す方法
  • お風呂で使うガスを見直す方法
  • キッチンで使うガスを見直す方法

の3つの方法に分けて紹介しています。

家庭でも簡単に取り組めるものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ガス代の根本から節約する節約術

ガス代を抑えたいと思ったら。まずはガスの種類や会社、料金プラン等を見直してみましょう。

ガスの種類やガス会社、料金プランについては、「ガス代が高いときの対処法!ガス会社の見直しや節約グッズの活用まで」の記事でも紹介しています。

ガスの種類を変える

ガスは2つの種類があります。

  • 都市ガス
  • プロパンガス

都市ガスは供給所からガス導管を通じてガスが供給される仕組みになっています。その為、ガスボンベがありません。また、料金を国が定めた設定に則って設定している為、ガス代が控えめなのも特徴です。

プロパンガスは家にガスボンベを取り付け、そこからガスを供給する形で使用します。家の周囲にガスボンベが置かれていたら、プロパンガスを使っているとみていいでしょう。

プロパンガスは料金設定が自由化されており、ガス会社が自由に設定できるようになっています。その為、都市ガスに比べてガスが高い傾向にあります。

ガス料金を控えめにしたいなら、プロパンガスよりも都市ガスの方が向いています。

しかし、都市ガスの場合、ガス導管を入れる関係から初期費用がかなりかかります。持ち家の場合は、初期費用についてもよく考えてから導入するようにしましょう。

賃貸の場合は、導入を大家さんに交渉するよりも都市ガスを使っている物件に引っ越してしまった方が早いかもしれません。あまりにもガス代高く、気になるようなら、引っ越しも検討してみましょう。

ガス会社や料金プランを変える

ガス料金が抑えにくいプロパンガスでも、契約しているガス会社や料金プランを変えることでガス代を抑えることができます。

プロパンガスの場合、会社によって金額が自由に決められるので、会社を変えるだけでも節約できる可能性があるのです。

ガス会社を変えたいと思ったら、まずは見積もりを出してもらってください。複数の会社からもらうようにしましょう。

その上で、自分の契約している会社と比べて安くなるところはないか探してみてください。

また、同じ会社でも契約プランによってガス代が変わる場合があります。

利用状況に合わせた契約プランに変更してみるのも1つの手です。

ガスの支払い方法を変えてポイントを活用

ガス関連で変えられるのは、ガスの種類や料金プランだけではありません。ガスの支払い方法も変えることができます。

ガスの支払方法には次のようなものがあります。

  • 振り込み
  • 引き落とし
  • クレジットカード

この中のクレジットカードによる引き落としは、クレジットカードのポイントを溜めることができます。カードのポイントを溜めれば、ガス代やその他のことにもそのポイントを活用できるのです。

クレジットカード以外でも、電子マネー、電子マネー搭載のキャッシュカードでもポイントを貯められることがあります。

支払方法はガス会社によって違います。ポイントが貯められたり使えたりする支払い方法はないか確認してみましょう。

ガスを使用する機器を見直す

ガスは、給湯機やガスコンロ等のガス機器を通して使用します。これらの機器の見直しが節約につながることも。

ガスを使用する機器が劣化していると、ガスを余分に使ってしまうことがあります。この危機によるロスは、ガス代を引き上げる原因の1つ。

また、新しい機器の中には、ガス代の節約機能等が搭載されている場合もあります。

ガス料金に直結した部分だけでなく、ガスを利用する機器も同様に見直しをしてみましょう。

お風呂でのガス節約術

ガスを一番使うのは、大量のお湯を使用するお風呂です。お風呂にかかるガス代を節約することができれば、ガス代を大きく節約できる可能性があります。この章ではお風呂で出来るガス代節約術を紹介していきます。

なお、「お風呂のガス代はガスの使い方が重要!節約テクニックまとめ」の記事でもお風呂のガス代の節約について触れていますので、あわせて読んでみてください。

お風呂の温度は低めに設定

お風呂の給湯器によっては、供給するお湯の温度を調節できる場合があります。この場合、お湯の温度を低めに設定すれば、ガス代の節約が可能です。

お湯を沸かす時、水をガスの力で温めることでお湯を沸かします。沸かす設定温度が高ければ高いほど、温めなくてはならない水の温度が低ければ低いほど、ガス代がかかってしまうのです。

湯船に溜めるお湯やシャワーのお湯を、低めの温度に設定すれば、こうしたガスの無駄をなくすことができます。

お風呂のガス代を節約したい場合は、給湯機の設定や温度を確認してみましょう。

お風呂を使う時間を短くすればガス代も安くなる

お風呂で使うお湯が多くなるほど、ガスが必要になります。次のような行動はガス代を高くすることにつながってしまいます。

  • お風呂のお湯溜めの時間をきっちり計らない
  • 追い炊き機能を何度も使う
  • シャワーの時間が長め

給湯機の中には、お風呂のお湯張りを蛇口で行うものもありますね。この場合、お湯が溜まっても蛇口を閉めない限りはお湯が出続けますから、流しっぱなしにしているとガス代の無駄になってしまいます。

お風呂のお湯張りは時間をしっかり区切って行うようにしましょう。

また、お風呂によって追い炊き機能が搭載されている場合があります。この追い炊きにもガスは必要。追い炊き機能を使えば使うほど、ガス代がかかってしまうのです。

次のような工夫をすれば、ガス代を減らすことができますよ。

  • 一人一人が入浴する時間を短くする
  • お風呂に入る時間を家族でまとまった時間で取るようにする

お風呂に入る時間が長ければ、その分お風呂の温度は下がります。そのため追い炊きが必要になるのです。これを避けるには、お風呂に入る時間を最小限にとどめることが必要。

また、お風呂にお湯を張ってそのままにしておくと、自動で追い炊きをして温度を保つ給湯器もあります。

隙間時間が長ければ長いほど追い炊きは発生しますから、ガス代の無駄につながってしまうのです。

お風呂に入る時間を決め、まとまった時間に家族全員がお風呂を済ませることができれば、その分ガス代を節約できる、という訳です。

家族の事情によっては、難しい場合もあるかもしれません。でも可能な限り家族に協力してもらうようにすれば大きな節約効果が期待できますよ。

シャワーの時間にも注意して

お風呂の湯船だけでなく、シャワーもガス代が発生します。シャワーのお湯も使えば使うほどガス代がかかりますから、使う時間を短くする工夫が大切です。

次のようなことを心がけるとよいでしょう。

  • シャワーの時間をタイマーで区切る
  • 湯船のお湯で代用できる所はお湯で代用する

節水グッズはガス代節約にも役立つ

蛇口やシャワーに取り付けられる節水グッズがあります。これらの節水グッズはガス代の節約にも有効です。

こうした節水グッズは少ない水で蛇口やシャワーの用途を済ませられるように設計されています。使用するお湯の量が少ない分、そのお湯を用意する為のガス代も節約できるのです。

節水グッズは費用としては数千円程度で準備出来る物がほとんど。気軽に使える物が多いですから、自宅の蛇口やシャワーヘッドに合ったものを活用してみてはいかがでしょうか。

キッチンでのガス節約術

次に、キッチンで出来るガス節約術について紹介します。

キッチンで出来る節約術は、特別な道具がなくてもできる物が多いです。気軽に取り組める分、習慣として身に付けることができます。お風呂だけでなく、キッチンでの節約術も生活の中に取り込んでいきましょう。

蓋や落し蓋を活用する

鍋やフライパンの蓋や、煮物等を作る時に活用する落とし蓋は、ガスを節約する効果があります。

蓋をすることで調理器具の中にある熱を逃がさず、効率的に料理に火を通すことができるのです。熱の通りを早めるため、調理時間の短縮にも役立ちます。

ガスはお風呂でもキッチンでも、使えば使うほどガス代がかかってきます。調理器具の蓋を上手く使ってガス代を節約しましょう。

同時調理や再利用はガス代節約にもつながる

当たり前のことですが、ガスを使う時間が短ければ、ガス代を節約できます。

  • 同じ鍋で複数の物を煮る
  • ゆで汁に具材を入れて再利用する

このような工夫をして、1つの鍋で複数の料理を作るようにすると、食べ物に火を通したり、お湯を沸かしたりする時間を短縮することができます。結果ガス代を減らすことにもつながるのです。

この方法は調理時間や調理に使用する水や食材のロスを減らす効果もあります。ガス代だけでなく、他の費用も節約したい時に活躍する方法です。

ガスの量は「煮る」「蒸す」「炒める」の順で少なくなる

ガスは調理時間がかかればかかるほど必要になります。そのため、調理の方法によっても、ガス代のかかり方に違いがあるのです。

ガスを利用する時間は、

煮る → 蒸す → 炒める

順で短くなっています。

ガスは炒める料理を作るときに主に使うようにするとガス代は節約できます。それ以外の調理法は、レンジ等を活用するのもよいでしょう。

冷凍物は解凍してから調理する

冷凍野菜等の冷凍物は、凍っている分火が通りにくいです。そのまま使ってしまうと、食材を解凍する所からガスを使うことになります。

冷凍している食材は必要分を解凍してから使うようにしましょう。

傷みやすい食材でも、冷蔵庫に入れておけば解凍することが可能です。

レンジやオーブンをフル活用

  • お湯を用意する
  • 煮物や蒸し物を作る
  • パスタ等の麺類をゆでる
  • 食材の下茹で

これらは全て電子レンジで行うことができます。

耐熱容器や専用の容器があれば、ガス代を使わずに調理することが可能です。ガスを使わなければその分ガス代を節約することができます。

レンジを使えば、電気代がかかってしまいます。しかし、ガス代よりも電気代が安ければ、電気代が多少増えたとしてもガス代を抑えた分で賄えてしまうのです。ガス代が高い場合には一度試してみてください。

オーブンレンジのオーブン機能やオーブントースター等もグリルの代わりで活用できますよ。

レンジやオーブンなどで使える便利グッズは多数販売されています。普段よく食べる料理に合わせて購入し、活用してみて下さい。

ガス代は色々な工夫で節約出来る!節約の習慣を身に付けよう

ガス代が高いと思うのなら、まずはガスの種類や料金などを調べるところから始めてみてください。ガス会社や料金プランを変更することで節約になることもあります。

お風呂やキッチンでのガスの使い方を工夫することでもガス代の節約は可能です。

給湯器の設定温度を低くする、シャワーを出しっぱなしにしない、調理時には蓋を活用するなど、簡単なものもたくさんありましたね。

普段のガスの使い方を見直し、自分にもできそうな方法から工夫を始めてみてください。自分に合った節約方法を生活習慣に取り込んでみましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット