懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

外食でも節約は可能!美味しいものでお腹も心も財布も満足するコツ

更新

毎日生きていくうえで欠かせないことの一つが食べること。しかし、食費には意外とお金がかかるもので、2人以上の世帯の食費は月平均で約74,000円(外食を含む)と言われています。

家計のスリム化を目指したときに、出費の多い食費を削ろうと考えるかもしれません。食費節約するために、外食を我慢する人も多いのではないでしょうか。

それは、「外食=食費が高くなる」と思ってしまうからです。しかし、息抜きや自分へのご褒美に、たまにはおいしいものを食べたいですよね。

工夫次第で外食しても節約できるのです。ここでは、外食しても食費を押さえるコツや、コスパのよいお店について紹介していきます。外食が好きな人は、必見ですよ!

クーポンやお得になる日を有効活用!外食で節約する9つのテクニック

おいしいものを食べたいけれど、節約中だといくらかかるのかが気になります。金額が高くなるようであれば、外食自体を控えたり、安いメニューやお店を選んだりして節約に努めるでしょう。

我慢しなくても、やり方次第で好きなお店で好きなものが食べられるかもしれないのです。ここでは、外食費を抑えるコツについて紹介していきます。

出かける前にクーポンをチェック!クーポンで食事代を割引に

外食したいお店が見つかったら、まずはお店の割引情報を調べてみましょう。お店の多くがウェブサイトを持っていて、メニューやサービスの内容を掲載しています。そこに、割引クーポンが掲載されている確率が高いのです。

割引クーポンが使えると食事代の割引や、メニューやドリンクの一部が無料になるなど、さまざまな特典が受けられます。

割引クーポンですが、お店のウェブサイトだけでなく、クーポンマガジンなどに掲載されていることがあります。

クーポンを使うとお得ですが、使用時には以下の点に注意してください。

条件をチェック
ランチの時間は不可、○○円以上ご利用の場合など、クーポン使用時の条件が付けられています。

せっかくクーポンを持っていても使用できなければ、お得に食事ができません。また、条件を満たすために必要以上にたくさん注文してしまうと、節約効果が薄れます。必ず、使用条件を確認してから出かけるようにしましょう。

有効期限をチェック
クーポンには有効期限が設けられていることがほとんどです。期限が切れていると、クーポンが使えなくなるので、期限を確認して期限内に使うようにしましょう。

高級店でお得に食事!クレジットカードや福利厚生サービスをチェック

クレジットカードや福利厚生のサービスとして、グルメ優待サービスを提供しています。

これを利用することで、食事代が割引になったり、一部のメニューがサービスされたりと、特典が受けられるのです。

たとえば、NTTグループのゴールドカード所有者なら、通常料金の半額程度で食事ができることがあります。

クレジットカード会社や企業の福利厚生で利用できるグルメ優待サービスは、主にホテルや高級料理店など、外食費が高くなりがちな場所での節約効果が高いのです。

記念日など、特別な日には高級ホテルやレストランで食事をしたいですよね。そんなときに、グルメ優待サービスを利用するととてもお得です。

クレジットカード会社や福利厚生はたくさんの特典やサービスを提供していますが、フル活用してないケースが少なくありません。

利用できるサービス内容を知っておくと、食事代だけでなくほかの部分でもお得になる可能性が高いのです。再度、サービスの詳細をチェックすることをおすすめします。

時間をずらして1日2食に!外食費を節約

基本的には朝・昼・晩と1日3食食べるのが基本ですが、少しの間、食欲を我慢すれば食費を節約できるのです。

ファミレスや喫茶店など、一部のお店ではモーニングメニューを提供しています。モーニングメニューはお得な価格で設定しているので、外食費を安く済ませられます。

しかも、モーニングの終了時間を遅め(午前11時くらい)に設定しているお店は、ランチと兼用できるので節約効果が高くなります。

また、ランチも同様で、ランチメニューの提供を夕方くらいまで行っているお店を利用すると、ランチとディナーを兼用できるのです。

休みの日など、普段より遅く起きたときに朝食と昼食兼用にしたり、ランチを我慢して早めの夕飯を取ったりすると、1日2食で外食費と食費の両方を節約できますね。

食べ放題で満足!1日2食で食費を節約

食べ放題のお店は、たっぷり食べても元が取れないと思われがちですが、外食を節約したいならおすすめです。

料理の満足度が大きい
よほどの大食漢でない限り、食べ放題で元を取るのは難しいと言われていますよね。

確かに、払った金額以上食べるのは難しいかもしれませんが、食べ放題は満足度が大きいのが魅力です。

メニューが豊富なだけでなく、前菜からメイン、デザートまでそろっているお店がほとんどです。

しかも、種類が豊富で好きなものを好きなだけ食べられるので、お腹も心も満足します。

外食に出かけても、おいしいものや食べたいものを食べられないと、満足度が低くなります。

それでは、外食する楽しみやメリットが半減してしまうので、せっかくなら食べたいものを食べて満足しましょう。

1日2食にできる
食べ放題では、元を取ろうと普段よりたくさん食べる人がほとんどです。満腹になるなで食べるので、しばらくはお腹も減らないでしょう。

また、食べ放題に行くと決めたときは、たくさん食べるために、あえて食事を抜いて出かける人もいます。結果的に食事の回数を減らして食費を節約できるのです。

全てのメニューが食べ放題ではなくても、サラダやデザート、スープなど一部のメニューを食べ放題にしているお店もあります。

たくさん食べられないからといって損すると考えるのではなく、満足度を高める目的なら食べ放題はおすすめですよ!

事前に予算を決めて食費を削減

毎月の食費を予算取りしておきましょう。自宅でご飯を作るときに使う材料は、どの程度、外食にはどの程度の費用をかけるのかをあらかじめ決めておくのです。

外食にかけられる予算があらかじめわかっていれば、その範囲内で食べられるお店や麺ニューを提供してくれるお店を選べます。

予算を決めるときのコツは、予算オーバーになってしまっても神経質にならないこと。食事は生きていくのに欠かせないだけでなく、楽しみでもあります。

食費を削ることに神経質になりすぎてしまうと、楽しみが半減してストレスがたまります。

外食費が少しくらいオーバーしてしまっても、食費の中で調整できればよしとしましょう。

お得になる日を狙って外食!食事代を安く済ませる

お店によって、決められた日にキャンペーンを実施しているので、その日を狙って外食すると節約効果が高まります。

たとえば、多いのが焼肉など肉料理をメインで提供するお店は、毎月29日に特定のメニューを半額にしたり、割り引いたりと、普段より食事代がお得になるサービスを提供しています。

ほかにも、以下のお店で日にち限定のお得なサービスを提供しています。

  • 丸亀製麺 釜揚げうどんが半額に
  • ポムの樹 オムライスSSサイズが30%オフ

など、公式サイトなどでお得な情報を発信しているのでチェックしてみましょう。

食べたいけれど我慢!ドリンクやデザートは頼まない

外食に出かけたついでに頼みたくなるのがドリンクやデザート。単価もそれほど高くないからいいかと思って頼んでしまうと、会計のときに値段が高くてビックリすることも。

確かに、外食のときにドリンクやデザートがあるとうれしいですが、それが外食代を上げる原因になっています。

また、ドリンクやデザートが含まれているセットメニューはお得度が高いと考えがちですが、計算してみると単品のほうが安いことがあります。

どちらがお得なのかをよく考えてから、注文するようにしましょう。どうしてもドリンクやデザートが欲しいときは、食事帰りにコンビニやスーパーで買ったほうが得かもしれません。

ほかの部分で節約!外食でプチ贅沢

外食を我慢するとストレスになるくらいなら、ほかの部分で節約しましょう。仕事や家事が忙しかったりすると、ご飯を作るのも面倒になりますよね。

そんなとき、外食でプチ贅沢できたら心も体もリラックスできるでしょう。特に食べることが大好きな人なら、外食による癒し効果は抜群です。

そのようなタイプの人は、無理して外食を我慢すると長続きしない可能性大です。それよりも、ほかの部分で節約をして外食を楽しんだほうが、無理なく節約が続きます。

外食する日と予算を決めて節約効果をアップ!

外食で無駄遣いしてしまうのは、外食頻度や1回当たりに使う金額が多いことが原因です。そこで、外食する日を決めておくと無駄遣いを防げます。

今日はご飯を作る気がしないから、疲れたからといった理由で外食を繰り返していると、外食費が膨れがちになってしまいます。外食する日を決めておいたほうが、生活にメリハリもつき節約しやすくなります。

コスパ最強!外食費を無理なく抑えられるお店

外食費を抑えたいときはお店選びも重要です。お店によって料理の内容や価格が異なるので、お得なお店を選んだほうが節約効果も高まります。

ここでは、外食費を無理なく抑えられるコスパ最強のお店をいくつか紹介していきます。

お肉と野菜を堪能!ステーキガスト

ガスと系列のお店でステーキをメインで扱っているのが「ステーキガスト」。メイン料理よりも注目したいのがサラダバーです。

ステーキガストが提供するサラダバーには以下のものが含まれています。

  • 野菜
  • パン
  • カレー
  • スープ
  • ご飯
  • デザート

サラダバー単品だと800円前後かかりますが、メイン料理を頼むとお得にプラスできます。サラダバーだけでも十分満足できるので、ガッツリ食べたいときにおすすめです。

節約効果も高い回転寿司は家族連れにおすすめ!

回転寿司はメニューのほとんどが1皿100円と明朗会計。しかも、お寿司以外のメニューも豊富。

  • ラーメン
  • うどん
  • 味噌汁
  • 唐揚げ

といった、子どもが喜ぶメニューもたくさんあります。さらには、割引サービスが充実しているのもうれしいポイント。

  • 平日は1皿90円(税抜き)
  • 割引クーポン配布
  • 自治体発行の子育てパスポートによる割引

など、店舗ごとにさまざまな割引を実施しています。特にチェーン展開している回転寿司は、便利でお得なサービスを多数提供しています。

会員登録しておくと事前予約できたり、会員限定のクーポンが届いたりします。しかも、無料で登録できるので会員になって損はありません。

毎月1日は半額に!丸亀製麺

外食で麺類を食べるならおすすめしたいのが丸亀製麺。普段の値段設定もお手頃ですが、毎月1日は釜揚げうどんが半額になるサービスを実施しています。

  • 釜揚げうどん並 290円 → 140円
  • 釜揚げうどん大 390円 → 190円
  • 釜揚げうどん特 490円 → 240円

しかも、半額になったときに出てくる端数の5円分も値引きしてくれています。また、ねぎと天かすが入れ放題なのもうれしいポイント。

特盛にかき揚げなどをトッピングしても、かなりお得においしいうどんが食べられるので、特盛を頼んで家族でシェアするのもおすすめです。

野菜たっぷりでヘルシー!リンガーハット

リンガーハットは長崎ちゃんぽんのチェーン店です。ちゃんぽんは野菜がたっぷり入っているので、ヘルシーですよね。

長崎ちゃんぽんのお得なポイントは、無料で麺を2倍にできるところ。ちゃんぽんを1皿頼んでおけば、子どもとシェアするのにちょうどいいですね!

外食は我慢する必要なし!おいしく楽しく節約しよう

食費や家計を節約しようと考えたときに、外食を我慢する必要はありません。外食は自炊よりも食費が高くなるというイメージがありますが、工夫次第で節約が可能です。

クーポンなどのサービスをフル活用したり、お得になる日を狙って外食したりすることで、外食代金をお得にできます。

また、外食の予算をあらかじめ決めておくと、無駄遣いを防ぐことにつながります。さらには、お得度の高いお店を知っておくとお店選びのときに役立つでしょう。

食べることが好きな人にとって、外食を我慢することは大きなストレスになります。無理なく外食を楽しんで、心とお腹を満たしましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット