懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

365日貯金は楽しい貯金!ぬりえ貯金の仕組みとコツを紹介

更新

貯金の中には楽しみながらできる貯金があります。365日貯金、又はぬりえ貯金と呼ばれる物も、その一つです。

365日貯金、ぬりえ貯金は、自分がどれだけお金を貯めているかが一目で分かるようになっています。

ぬりえの様に貯金した金額をシートに塗っていくので、貯金すればするほど絵やグラフを完成させる事ができ、そういった形でも楽しさを感じられる貯金方法です。

楽しみながらできる365日貯金のやり方、メリットとデメリット、成功させるコツをまとめました。貯金に対してモチベーションが維持しにくい人、楽しみながら貯金をしたい人は、ぜひご覧下さい。

365貯金(ぬりえ貯金)とは

まずは365日貯金(ぬりえ貯金)のやり方について解説します。この貯金がどの様な貯金方法なのか、始めるにはどうしたらいいかについて説明していきます。365日貯金についての知識がない方は、こちらからご覧下さい。

365貯金のやり方

365日貯金は、マスや塗り絵シートを使う貯金のやり方です。ぬりえ等を活用する為、ぬりえ貯金とも呼ばれます。

365日貯金に必要な物は、以下の道具です。

  • 専用シート
  • 色を塗る鉛筆や道具
  • 貯金箱

始める前にはこれらの道具をそろえるのを忘れないようにして下さい。

365日貯金の専用シートには、マス目やぬりえの塗る部分に、それぞれ金額が書かれています。この金額に従い、貯金箱にお金を入れて貯金する事で貯金をしていくのです。

シートを見ると、

  • 1日1円を入れるタイプのシート
  • ぬりえの塗る部分によって金額が変わるシート

等、様々なシートがあります。

このシートにかかれている金額を1日1回、貯金していくのです。最初は微々たる金額から始まりますが、それを1年続ければある程度まとまった金額を貯金できるようになっています。

例えば、1日1円を入れていくシートだと、最初は1円、次の日は2円…と、貯金していく金額がどんどん増えていきます。これを1日も欠かさずに行っていくと、365日目、つまり1年目には66,795円もの金額になっているのです。

ぬりえタイプの場合だと、貯金をすればするほど、絵に色が入り完成していきます。

ある程度塗っていけば、空白部分を埋めるために貯金する金額を工夫する必要も出てきます。まるでゲーム感覚でお金を貯める事ができるようになっているのです。

365貯金のぬりえシートの手に入れ方

365日貯金に使うぬりえシートですが、手に入れる方法は複数あります。

  • ネットにある無料ダウンロードできるシートを活用する
  • 365日貯金のワークブックを購入する
  • スマホアプリを活用する
  • 自作する

365日貯金用のワークシートは、ネットで無料ダウンロードできる物が配信されています。

ダウンロードしたシートを印刷すれば、後はそれを貯金額に合わせて塗っていけばいいのです。ダウンロードと印刷ができる環境なら、一番お手軽な入手方法になります。

365日貯金のシートはワークブックの形で販売されています。

  • シート全てを塗り終わると特定の金額になるよう設定されているタイプ
  • 名画等がぬりえになっているタイプ

等、バリエーションも豊富です。

ネット環境や印刷する環境が無い人は、こうしたワークブックを活用するといいでしょう。

この他、スマホアプリの中には365日貯金用のシートがあります。手軽に管理したければ、スマホアプリを活用するといいでしょう。どの方法でも自分の気に入る物が無ければ、自作するのもおすすめです。

365日貯金用のシートは、手に入れる方法が複数ある為、シートの種類もバリエーションがかなりあります。貯金を始める前の準備として、自分が使いたいシートをある程度絞っておくようにしましょう。

365日貯金のメリットとデメリット

楽しみながらできる365日貯金には、メリットだけでなくデメリットもあります。

貯金を成功させたいなら、メリットだけでなく、デメリットにも目を向ける事が大切です。それぞれの特徴についてまとめましたので、こちらにも目を通しておきましょう。

365貯金のメリット

まずは365日貯金のメリットから見ていきましょう。365日貯金のメリットをまとめると、以下の様になります。

  • 楽しみながら貯金が出来る
  • 貯金額や自分の努力が一目でわかる
  • 小銭の処分がしやすくなる

365日貯金はシートや塗り絵を塗る事で、ゲーム感覚で楽しむ事ができます。

その仕組みから、貯金にありがちな我慢のストレスを緩和する事ができます。貯金する金額も最初は小さい金額から始められるので、無理なくできるのもこのメリットを強めている要因です。

また、シートに色を塗っていく事で、一目で自分がどれだけお金を貯められているかが分かるようになっています。これにより、貯金を成功させている事に対する達成感が感じやすくなります。

家計簿やお金の管理アプリでの貯金ができなかった人でも、365日貯金なら成功できる場合があります。それは、この貯められる金額の分かりやすさによる達成感や、モチベーション維持効果によるものなのです。

365日貯金は、始めは1円等の小さい金額から始めます。小さい小銭を多用する事になるので、お財布の中に小銭が貯まりにくくなります。これにより、お金を探す手間や、お財布の重さをある程度改善する事ができます。

貯金とはあまり関係ない部分ではありますが、これも立派なメリットといえるでしょう。

365貯金のデメリット

メリットがたくさんある365日貯金ですが、デメリットもあります。そちらもしっかり覚えておきましょう。

365日貯金のデメリットは以下の3点です。

  • ワークシート等の準備が必要
  • 貯金した後にシートを埋める手間がある
  • 小銭を用意する必要がある

365日貯金は道具が必要になります。貯金方法によっては思いついたらすぐ始められるような物もある事を考えると、この初めの準備が必要な点は、デメリットと言えるでしょう。

また、貯金をした後にシートを色塗りする必要があります。ずぼらな人によっては、この手間がわずらわしい場合もあります。365日貯金のシートには、メリットだけでなくデメリットもあるのです。

また、ある程度シートを埋めていくと、普通にしていては埋められない金額が出る事もあります。この場合、その金額に合わせてお金を用意しなくてはなりません。この手間もデメリットの一つと言えるでしょう。

365日貯金を成功させる為のコツ

365日貯金にはメリットもデメリットもあります。メリットの効果を高め、デメリットの効果を抑えるには、その為のコツを押さえておく事が大切になります。365日貯金におけるコツを紹介しますので、貯金成功に役立てて下さい。

大き目の金額が書かれている部分からぬっていく

365日貯金のシートは、普通に行っているとどうしても金額の大きい所だけ残ってしまいがちです。金額の大きい所は、その額の小銭やお札を要する必要がある為、何も意識せずにやっていると、自然と残ってしまいます。

そのままやっていると、その内小さい額の所がすべて埋まってしまいます。そうなると、大きな金額ばかりを貯金箱に入れないといけなくなるため、貯金のストレスを感じやすくなってしまうのです。

これを避けるためにも、最初は大き目の金額を用意し、貯金する事から始めていきましょう。こうすれば、大き目の金額だけ残る状態を防げます。最初に一番大きな金額を埋め、後は小銭で出来る部分を埋めていく、という形でやっていくのです。

この大きな金額から埋めていくやり方は、始めの時だけでなく、

  • お給料やお小遣いが手に入った時
  • 比較的お金に余裕がある時

等に必ず大き目の金額を入れるようにすると、バランス良くマス目やぬりえ部分を埋める事ができます。これも覚えておいて下さい。

自分のやりやすいペースや金額でやる

365貯金は基本的に、1日1回貯金していくやり方です。しかし、お財布の中身は規則正しく小銭が用意できるという訳ではありません。この1日1回ルールに縛られ過ぎると、それが貯金のストレスに繋がります。

365日貯金は自分のペースで行っていきましょう。

  • 小銭がある時
  • お財布の中の金額に余裕がある時

等、貯金をしたい時に行い、シートやぬりえを埋めていく方が上手くいきます。

基本ルールは1日1回ですが、それに縛られ過ぎないようにして下さい。自分のペースで、ストレスにならないように行っていきましょう。

道具はカラーペンとシールがおすすめ

365日貯金はシートだけではできません。マス目やぬりえをぬる道具が必要です。貯金背を成功させたければ、このぬる道具にもこだわりましょう。

道具でおすすめなのが、カラーペンです。カラーペンならサラサラとした書き心地で色をぬる事ができます。色むらもできにくいので、誰でも簡単に色をぬれます。色もはっきりしているので、貯金の出来の確認にも役立ちます。

この他の道具だと、マス目タイプはシールを活用するのがおすすめです。ぬりえタイプに比べると地味に見えるマス目タイプですが、好きなシールを選び、貼り付ければぬりえタイプにも負けない位、可愛らしいシートにする事ができます。

シールなら一々塗る手間も省けるので、ずぼらな人でも簡単にできます。そういった意味でもおすすめです。

金額だけじゃなく、明確なゴールも決めておく

365日貯金のシートの中には、金額を自由に決められるタイプがあります。このタイプは自分で貯めたい金額を設定する事が可能です。

このタイプに限らず、365日貯金をする時は、明確なゴールも決めておきましょう。ただお金を貯めるのではなく、目標を設定しそれを目指していく事で、モチベーションを維持できるようになります。

また、貯金の習慣が無かった人は、このぬりえ貯金の目標を設定する事で貯金の習慣を身に付ける事ができるようになります。

最初に小さい金額と目標を設定し、それをこなしていきます。そうする事で、貯金の成功体験を積む事ができるのです。成功体験によって身についた自信と習慣があれば、他の貯金方法に挑戦しても、うまく運用できるようになります。

貯金をしたことがある人もない人も、大きな金額や目標を立てて貯金を行う場合は、週ごとや月ごとの目標を決めておきましょう。これにより、定期的に目標を達成する事で、達成感やモチベーションを得られるようになります。

大きな金額や目標の貯金は、中だるみが一番の敵になります。365日貯金はちょっとの工夫でこの中だるみを防止できるのです。

家族にも協力してもらうのも良い方法

貯金の目標が家族全員に関係あるものなら、家族にも貯金を協力してもらいましょう。

  • 小銭が出たら貯金箱に入れてもらう
  • 色ぬりを子供にやってもらう

等、家族みんなで行う事で、家族みんなの楽しみとして行う事ができます。

自分ができない時でも、家族にやってもらえばお金を目標まで貯める事ができます。応援してもらう事で、中だるみを防止する効果も期待できるでしょう。

家族と一緒にできるという点は、365日貯金の大きな強みです。うまく活かして活用しましょう。

365貯金は楽しみながらできる小銭貯金

365日貯金は楽しみながらできる小銭貯金です。自分の好みの絵やシール等を選び、それを使う事で、楽しみながら行う事ができます。入れる金額はほとんど小銭なので、貯金する負担も少ないのが嬉しい点です。

そんな365日貯金にもメリットとデメリットがあります。ここを正しく理解して、中だるみややる気の減少を防ぎましょう。ちょっとの工夫でこれらは防ぐ事ができます。貯金だけでなく、貯金の為のコツもうまく活用してお金を貯めていきましょう。

365日貯金は自分だけでなく、家族も参加できる貯金です。出来るなら、家族とも協力して行えば、より早く、楽しくお金を貯める事ができます。みんなで工夫しながら貯金を楽しんで行って下さい。

この記事をシェア

 
チャンスイット