懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

営業のモチベーションをアップさせるコツ、業績アップに効果!

更新

同じ会社の中にもいろいろな職種がありますよね。どの職種でも当てはまるのですが、モチベーションの高さがその成果に大きく影響するのが営業職です。
モチベーションが低いと、営業のセンスがあったとしても成果につながらないことがあります。営業職はその成果が給料に反映されることが多いですよね。
営業職として働くなら成果を上げてお給料もアップしたほうがうれしいでしょう。そこで、営業のモチベーションアップの秘訣につういて、紹介していきます。

モチベーションアップのために試してみたい対策

モチベーションをアップさせることも大切ですが、モチベーションを維持することも重要ですよね。
モチベーションが一時的に上がったとしても、それをキープできなければ成果につながらなくなってしまいます。
ここでは、モチベーションアップに効果的な対策を3つ紹介していきます。

まずは成果を出すこと

営業活動に力を入れても成果が出ないことがありますよね。頑張っても成果が出ないと、次第にモチベーションも低下してきてしまいます。
そこで、まずは成果を出すことが大切です。1件でも成果を上げられるとそれが自信につながります。
なぜ結果が出ないのかをよく考えて対応策を考えてみる、その結果成果を出すことができたら仕事にもやりがいを感じられますよね。

成果が出ない原因を自分で分析できないときは、先輩や同僚にアドバイスを求めてみるのも手段のひとつです。人の意見を聞くことで解決の糸口が見えてくるかもしれません。

目標を設定する

目標があるかないかで、仕事に対する姿勢ややる気が大きく変わってくるものです。営業職にノルマを課す企業も多いのですが、それ以外にも自分で目標を作ってみるといいでしょう。
最初から達成できそうもない目標を設定してしまうと、挫折しがちです。そこで、最初は達成できそうな目標を設定して、徐々にハードルを上げていくやり方がおすすめです。

営業職に役立つ勉強をする

営業で成果を上げるためには、スキルも必要です。そこで、営業職に役立つ勉強をしてみるのも、モチベーションアップに効果的ですよ。

営業トーク
営業はお客様と接する仕事です。だからこそ、お客様に好印象を与えることが大切です。
たとえ、良い商品やサービスを扱っていても、営業の接し方が良くなければ顧客はその商品やサービスに魅力を感じないこともあるほどです。営業トークを身に付けるためには、セミナーや本などが役立ちます。
身だしなみを整える
営業職は外に出て顧客に対応するのが主な仕事です。顧客に好印象を持ってもらうためには、身だしなみも大切です。
スーツやシャツにはしっかりとアイロンをかけて、清潔感を与えられるようなヘアスタイルやメイクになるように研究してみましょう。
商品、サービス知識を増やす
成果を上げるためには、自社の扱っている商品やサービスの魅力を効率よくアピールできるかどうかがカギになります。
そのためには、類似商品やサービス、自社のサービスや商品の研究が欠かせません。

営業職に役立つ勉強をすると、顧客からの質問に対してもスムーズに、丁寧に答えられるようになります。それが信頼を得ることや成果をあげることにつながっていきます。

モチベーションアップの次はキープへ、モチベーションを維持する8つの方法

モチベーションをアップすることができても、それをキープするのは意外と難しいものです。
モチベーションをキープすることができれば、業績アップにもつながりやすくなります。ここでは、モチベーションを維持するための方法8つ紹介していきます。

成功体験を思い出す

自分なりにいろいろ努力しているのに、成果が出ないことがありますよね。なかなか成果が出ないと、モチベーションも下がりがちに。

そんなときは、成功体験を思い出してみましょう。成果を出すことができたときの状況や、そのときの自分の気持を思い出してみるのです。達成感や成功体験を思い出してみると、やる気が奮い立つことがありますよ。

気持を楽にする

自分にプレッシャーをかけすぎてしまうと、失敗したときの落ち込みも大きくなってしまいます。それが、モチベーション低下にもつながってしまいます。そこで、気持ちを楽にすることも大切です。
強いプレッシャーを感じてしまうと、気持ちが焦ってものごとが上手くいかないことも多いので、仕事を楽しむくらいの姿勢を保つことが大切です。

ご褒美を設定する

仕事を頑張った自分に対して、ご褒美を設けてみましょう。ご褒美があると仕事に対するモチベーションも自然とアップするようになります。

特にモチベーションを失ってきたときに、この方法はおすすめです。何をご褒美にしたらモチベーションアップに効果的なのかをよく考えてみましょう。

プラス思考で考える

せっかく営業活動をしても、断られることが続くと気分も落ち込みがちになります。そこで、上手くいかないときこそプラス思考に切り替えることが大切です。
たとえば、断られたときも「自分の営業力がなかった」と落ち込むのではなく、「次の営業先で頑張ればいい」と気持ちを切り替えるようにします。

落ち込んだまま次の営業先に回っても、良い結果を得られる可能性は低くなります。ダメなときが続いても、プラス思考で明るく乗り切ることができれば、必ずチャンスがやってくると信じましょう。

休むことも大切

肉体的にも精神的にも疲れているときは、モチベーションも下がりがちに。やる気が起きなくて行き詰ってしまったときは、仕事を早く切り上げて休むことも大切ですよ。
可能であれば有給休暇を使って数日休むのもおすすめです。休んで仕事から離れることで、客観的に自分を見つめ直すことができたり、新たな発見ができたりすることがあります。

営業のやり方を考えてみる

努力しても結果が伴わないと、モチベーションが下がりがちになります。それを転機と捉えてみましょう。今までの営業スタイルに問題があったので、うまく行かなかったのかもしれません。
そこで、営業スタイルを研究してみていろいろな営業スタイルを試してみるのです。営業スタイルを変えることで、うまくいくこともありますよ。

得意先を回って自信をつける

断られることが続くとモチベーションが下がるので、親しくしている得意先に回るのもおすすめです。
得意先で新たな契約を結ぶことができたり、他の顧客を紹介されたりすることがあるからです。契約を取ることができれば、自信が持てるようにもなりますね。

褒めてもらう

誰かに自分のやっていることを認めてもらえると、自信がついてモチベーション回復や維持につながります。結果が出ないときは、自分の頑張りを誰かに認めてもらうといいかもしれません。

  • 上司
  • 先輩
  • 友達
  • 両親

など、仕事の話をして自分の頑張りを認めてもらいましょう。誰かに仕事の悩みを話すだけでも、気持ちがスッキリしますよ。

モチベーションアップ、キープで営業成果につなげよう!

営業職ではモチベーションアップが大切だと、頭ではわかっていても実際にモチベーションを上げるのは意外と難しい物です。
そこで、目標を設定するなどして自分なりのモチベーションアップの方法を試してみましょう。また、モチベーションをアップさせてもそれをキープすることはとても難しいことです。
モチベーションを維持できる方法についても知っておくと、常にモチベーションを高い状態に保つことができるでしょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット