懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

支払い方で使えるお店が変わる!dポイントの使い方をご紹介

更新

貯めたdポイントは、いろいろなお店で使えます。

dポイントがそのまま使えないお店でも、d払いや電子マネー「iD」払いなどの支払い方に切り替えるだけで、貯めたdポイントが使えるようになります。

dポイントの使い方はいろいろな方法がありますが、複雑です。このため、まずはこのページで基本的な使い方を学びましょう。

このページでは、dポイントの使い方と、それぞれの使い方で利用できるお店をまとめています。

またスターバックスやAmazonなどの有名店でのdポイントの使い方もまとめています。

基本的な知識はまとめたので、なんとなくでもdポイントの使い方は分かってくるはずです。

基本的な使い方が分かれば、応用も考えやすくなります。

使えるお店に注意!dポイントをショッピングの支払いで使う方法

dポイントの代表的な使い方といえば、ショッピングです。ただし支払い方によって、使えるお店は異なります。

dポイントの使い方と使えるお店をご紹介します。

dポイントをそのまま買い物で使う

貯めたdポイントは、そのまま1ポイント=1円として買い物で利用できます。

ただし貯めたdポイントを使うためには、利用者情報登録が必要です。利用者情報登録は、スマホやPCで、最短1分で行えます。いざ使いたい時に使えない、とならないようにdポイントカードを手に入れたらすぐに登録するとよいでしょう。

以下でdポイントを使えるお店の一部をご紹介します。

【dポイントの支払い方】

  1. 会計時dポイントで支払う旨を店員に伝える
  2. dポイントカードやdポイントカードアプリなどを提示する
  3. 店員の指示に従い会計をすます

【コンビニ】

  • ローソン
  • ローソンストア100

【ファーストフード・カフェ】

  • マクドナルド
  • すき家
  • ドトール
  • サンマルクカフェ

【ショッピング】

  • マツモトキヨシ
  • どらっぐぱぱす
  • シメノドラッグ
  • ダルマ薬局
  • くすりのラブ
  • ミドリ薬品
  • エディオン
  • 100満ボルト
  • クスリの龍生堂薬局
  • ドラッグイチワタ

以下で紹介するd払いとは、支払い方が大きく異なるので注意が必要です。

ファミマなどのd払い加盟店で使うならdポイントをd払いで使おう

dポイントを貯められるお店は多いのですが、dポイントをそのまま使えるお店は限られます。

dポイントを利用できるコンビニはローソンのみです。他のコンビニでも手軽に利用できたらよいのですが、何かよい方法はないのでしょうか。

そこでおすすめしたいのは、d払いで支払う方法です。

d払いとは、買い物の支払いを電話料金やクレジット払いで、あとでまとめて支払う買い物のしかたです。ドコモユーザー以外も利用できる支払い方で、クレジットカードを発行しなくても利用できます。

d払いは、スマホにd払いアプリをダウンロードし、設定することで利用できるようになります。

【d払いアプリの会計方法】

  1. 会計時、d払いであることを伝えアプリを起動する
  2. 支払いバーコードを表示させる
  3. 店員にスキャンしてもらう
  4. 支払い完了

dポイントで支払いたいときは、バーコード表示画面に「dポイントを利用する」ボタンが表示されるので、そのボタンを押してからレジに提示しましょう。

d払いが利用できるお店の一部をご紹介します。

【コンビニ・スーパー】

  • ローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • オークワ
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • ミニストップ

【ドラッグストア】

  • マツモトキヨシ
  • シメノドラッグ
  • ウエルシア
  • ミドリ薬局
  • ハックドラッグ
  • スギ薬局

このようにdポイントで支払えるお店と、d払いで支払えるお店は違うので注意が必要です。d払いは多くのコンビニで利用できるのが、大きなポイントです。

オンラインという使い道!dポイントが使える通販サービス

街のお店だけではなくネットショップでもdポイントは利用できます。

注目してもらいたいのが、ドコモの通販サイト「dショッピング」です。dポイントで、食料品から家具や家電まで買い揃えられます。

dポイントがお得に貯まるキャンペーンも開催されているので、dポイントでポイ活をしたいのなら、ぜひチェックしておくべきサイトです。

使えないサービスに注意!期間・用途限定のdポイントの使い方

dポイントを利用するうえで忘れてはいけないのは、期間・用途限定のdポイントの存在です。

通常は4年の有効期限があるdポイントですが、期間・用途限定のdポイントの有効期限は、dポイントを獲得したサービスによって異なります。そのうえ、一部利用できないサービスもあります。

通常のdポイントだけをたくさん集められたらよいのですが、そういうわけにもいきません。

なぜならキャンペーンなどで獲得できるdポイントは、多くの場合期間・用途限定のdポイントであることが多いからです。

dポイントでポイ活をするのなら、期間・用途限定のdポイントの活用方法もよく考えなければなりません。

【期間・用途限定ポイントで利用できるサービス】

サービス名称 dポイント 期間・用途限定ポイント
街のお店でつかう
ネットのお店でつかう
dマーケットでつかう
d払いにつかう
ドコモ商品につかう
ケータイ料金の支払いにつかう
データ量の追加につかう
スゴ得のクーポンにつかう
賞品が当たる抽選につかう
寄付につかう
交換商品につかう
チケットの優待購入につかう
(4thステージ以上)

dポイント(期間・用途限定)が利用できるのは、ショッピングが中心です。

ケータイ料金の支払いはdポイントに、ショッピングではdポイント(期間・用途限定)で支払うように意識してポイントを貯めるとよいでしょう。

スタバでも使える!よく利用するお店でdポイントを活用する方法

マクドナルドなどのチェーン店や、Amazonなどの巨大ネットショップなど、多くの人が利用するお店でdポイントが使えたら便利です。

そんなお店でもdポイントは活用できるのか解説します。

ギフト券の購入は不要!dポイントはAmazonでそのまま使える!

以前はdポイントをdカードプリペイドにチャージしなければ、dポイントをAmazonで利用できませんでした。

しかし2018年12月から、Amazonでもdポイントが利用可能になり、dカードプリペイドカードを介しなくてもAmazonで買い物ができるようになりました。

ただしdポイントで買い物をするためには、下記の条件を満たさなければなりません。

  • ドコモのケータイであること
  • d払いの支払い方法が電話料金合算払いであること

つまりドコモユーザー以外は、dポイントを使ってAmazonで買い物をすることはできません。

そしてdポイントを使ってAmazonで買い物をしたいのなら、Amazon側とドコモ側でそれぞれの設定が必要です。

  • Amazonの支払い方法の管理で、支払い方法に携帯決済を追加する
  • ドコモの充当方法の設定画面での事前設定

上記の2つの設定が必要になります。

設定が少々手間ですが、設定してしまえればdポイントでお得に買い物ができるようになります。

ドコモユーザー以外がAmazonで買い物をする方法

ドコモユーザー以外の人が、dポイントを使ってAmazonで買い物をする場合、dカードプリペイドを利用するとよいでしょう。

  1. ドコモプリペイドカードを用意する
  2. 貯めたdポイントをdカードプリペイドカードにチャージする
  3. dカードプリペイドカードを使ってAmazonで買い物をする

dポイント(期間・用途限定)は、dカードプリペイドにチャージできませんので注意してください。

dカードプリペイドは、Mastercardが利用できるお店でも利用できます。dポイント払いやd払いができないお店でも、dカードプリペイドなら利用できる可能性があります。

dポイントは楽天で利用できる?できない?

Amazonで使えるなら楽天でも使えるかもしれない、と思われる人は多いかもしれません。しかし楽天はd払い非対応です。dポイントをそのまま楽天で利用することはできません。

ちなみに楽天でdポイントは使えませんが、貯めることはできます。

dカードポイントアップモールを経由して楽天で買い物をすると、1.5倍のポイントを貯められます。

dポイントをマクドナルドで利用する方法

ファーストフードの王様マクドナルドでは、dポイントはそのまま利用できます。

ただしd払いは利用できません。このためマクドナルドでdポイントを利用したい場合、dポイントカード(dカードでも可)かモバイルdポイントカードをレジで提示しなければなりません。

d払いアプリは利用できないので注意してください。

dポイントをスターバックスで利用する方法

スターバックスでは、dポイントをそのまま使ったりd払いをしたりすることはできません。

しかし貯めたdポイントを、スターバックスカードに交換できます。

交換レートは3,000ポイント=3,000円分です。dポイントクラブで、交換が行えます。

貯めたdポイントをマイルやPointaポイントに交換する

dポイントは、JALマイルやPontaポイントに交換することも可能です。どのようなポイントを交換できるのかご紹介します。

dポイントが交換できるポイント

dポイントは他のポイントへ交換ができます。

  • JALマイル
  • Pontaポイント
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • ドコモiDキャッシュバック
  • 自治体ポイント

dポイントから交換できるポイントは少ないです。

dポイントそのものが使い勝手がよいポイントなので、交換することはなかなかありません。

dポイントをJALマイルに交換

dポイントはJALマイルに交換ができます。

レートは、dポイント5,000ポイント=JALマイル2,500マイルです。

逆にJALマイル10,000マイル=dポイント10,000ポイントに交換することもできます。

交換はdポイントクラブより可能です。

dポイントをPontaポイントに交換

dポイントはPontaポイントに交換ができます。

レートは、dポイント1ポイント=Pontaポイント1マイルです。

交換は5,000ポイントから可能で、手数料として250ポイントかかります。

逆にPontaポイント1ポイント=dポイント1ポイントに交換することもできます。

こちらは100ポイントから交換が可能です。

dポイントをPontaポイントへ交換するのは、dポイントクラブからできます。

商品交換を活用しよう!dポイントを現金に換金する方法

ドコモでは、dポイントをいろいろなポイントや電子マネーに交換できます。

  • dポイントをそのまま使う(dポイント加盟店で利用可能)
  • d払いで使う(d払い加盟店で利用可能)
  • dプリペイドカードにチャージする(Mastercard・iD加盟店で利用可能)
  • iDキャッシュバック(iD加盟店で料可能)
  • ポイント交換(スターバックスカード・ドトールバリューカード)

いずれかの方法を利用すれば、ほとんどのお店で支払いが可能になります。

このためあまり現金化するメリットは薄いです。

しかしどうしても現金化したいのなら、dポイントをAmazonギフト券と交換したり、商品と交換したりするとよいでしょう。

dポイントを直接現金化する方法はありません。このためまずはdポイントを、他のギフト券や商品と交換する必要があります。

dポイントクラブでは、dポイントを商品と交換することもできます。

そして交換したものをフリーマーケットサイトやオークションサイトで販売すれば、現金を受け取れます。

使い方次第でdポイントの利用方法が変わる!調べるクセをつけよう

dポイントの特徴は、使い方次第で利用できる場所が大きく異なるところです。

よく行くお店で貯めたdポイントを使いたいと思ったら、まずは「d払い加盟店」か「dポイント加盟店」か、を調べるとよいでしょう。

「dポイント加盟店」であれば、dポイントカードなどを利用してdポイントを支払うことになります。「d払い加盟店」ならd払いでdポイントを利用できます。

「d払い加盟店」か「dポイント加盟店」でもない場合、電子マネー「iD」対応か「Master card加盟店」なのか調べるとよいでしょう。

どちらかに対応していれば、貯めたdポイントをdカードプリペイドにチャージすれば利用できるようになります。

このように一見dポイントが使えなさそうでも、工夫次第で使えるようになります。dポイントをどうにかして使えないか、調べるクセを付けるとよいでしょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット