懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

預け先がポイント!預金と貯金の違いを理解して賢くお金を貯めよう!

更新

お金を貯めることを「預金」や「貯金」という言葉で表現することが多いですよね。普段何気なく使っている預金や貯金ですが、同じ意味として使っている人が少なくありません。実は、預金と貯金はお金の預け先によって使い分けされています。

また、お金を増やす方法には預金や貯金だけでなく、株式投資やFXといった方法もあります。

預貯金と投資もまた、さまざまな点で違いがあるのです。お金を貯めるためには無理のない方法で続けることが、着実に資産を増やすことにつながります。

そこで、お金を貯める意味を持つ言葉について、その正しい意味や違いについて理解することが先決です。

ここでは、特に間違われやすい預金や貯金の違いや、投資との違いについて詳しく紹介していきます。

お金を預ける金融機関の違い!預金と貯金を区別するポイント

預金と貯金の大きな違いは、お金の預け先です。主に都市銀行や地方銀行にお金を預けることを預金と呼び、ゆうちょ銀行やJAバンクが預け先の場合は、貯金と呼んで区別しています。

用語を正しく使い分けできるように、その違いについて詳しく見ていきましょう。

お金を保管する場所や金融機関で区別

貯金と預金はどちらもお金を預ける言葉ですが、その預け先によって区別します。

預金とは
主に都市銀行や地方銀行、信用組合といった金融機関にお金を預けることを預金と呼びます。

預金にもいろいろな種類がありますが、種別を問わず都市銀行などにお金を預けた場合は預金です。

貯金とは
一方で貯金は、郵便局(ゆうちょ銀行)、農協(JAバンク)、漁協協同組合(JFマリンバンク)にお金を預けるときに使います。

また、金融機関だけでなく自宅の金庫や貯金箱にお金を貯めることも貯金と呼びます。

預けた預金を保護する制度の違い

お金を預けている金融機関が万が一倒産してしまった場合、預けたお金を保護する制度があります。預金と貯金とでは、お金を保護する制度も異なります。

預けたお金を貯金と呼ぶゆうちょ銀行やJAバンクが倒産してしまった場合、貯金保険制度によって預けたお金が保護されます。

一方で、銀行や信用金庫に預ける預金は、預金保険制度が適用されるのです。保証先が異なるとはいえ、保護内容は同じ。

どちらも元本1000万円までが保証対象となります。本来、貯金と呼ばれる対象となるゆうちょ銀行への預け入れですが、実は民営化に伴って預金保険制度の対象となりました。

民営化によって預けたお金が預金と同じだと判断されたからです。

対象が違ったから|呼び名が異なる理由

なぜ、預金と貯金という言葉で区別するようになったのかは、歴史的な背景が関係しています。

貯金誕生の背景
昔は現在ほどお金が流通していなかったため、金融機関のお金を預けて管理するという概念がありませんでした。

そのため、万が一のときに必要な蓄えがない人がほとんどで、国全体が貧困に陥っている原因でした。

そこで、一般庶民にも広くお金を貯めてもらおうと導入されたのが、郵便貯金。郵便貯金は貧しい農民を中心に一般庶民を対象に、広くお金を集めることを推奨しました。

預金誕生の背景
銀行が日本に誕生したのは明治6年ごろのこと。当時銀行にお金を預けたのは、都市部で商いを行っている商人や企業が中心でした。

庶民が利用できなかったのは、預けられる金額に最低ラインが設けられていたからです。最低貯金額が現在の約20〜30万円に決められており(当時の教員や警察官の初任給の約3倍以上)、とても気軽に利用できる額でなかったからです。

つまり、預金と貯金とでは対象となる人が違ったため、呼び方や制度を区別して使い分けていたのです。

知っておきたい預貯金の種類|口座種別を選んでお金を増やす

銀行や郵便局で扱っている預貯金には、いくつかの種類があります。お金を預ける口座の種類によって、利率や決まりなどが異なります。

賢くお金を管理し、増やすためには適した口座の種類を選ぶことがポイントです。そこで、預貯金の主な種類と特徴について、詳しく理解しておきましょう。

お金を自由に出し入れできる流動性預金

銀行に預ける預貯金には、主に2つの種類があります。お金を預ける期間の定めがなく、出し入れも自由なのが流動性預金です。参考までに、流動性預金には以下の種類があります。

普通預金
好きなときに口座からの預け入れや引き出しが可能。金利は変動で預け入れた金額に応じて利子がつきます。給与振込や公共料金の引き落とし口座として最適です。
決済用普通預金
普通預金と違うのは、万が一銀行が破たんしてしまっても預け入れた金額は全額保証の対象となること。

ただし、利息はつきません。お金の預け入れや引き出しはいつでもできることと、公共料金やクレジットカードの引き落とし口座として使えるのは、普通預金と共通しています。

当座預金
個人よりも法人向けの口座です。普通預金と違って利息がつかず、ATMなどから入出金できないのが大きな特徴です。

引き出しの際は小切手や口座振替がメインで、預け入れの際は当座預金入金帳が必要です。

そして、当座預金では当座借越ができるのがポイント。口座開設の際に当座借越し契約を締結しておくと、借越限度額を設定できます。

そのため、万が一引き出しのときに残高が不足していても、定められた範囲内で金融機関から借り入れができるのです。

貯蓄預金
預け入れ、引き出しともに自由。変動金利で利子がつくので、普通預金とほぼ内容は同じです。

普通預金との違いは、公共料金やクレジットカードなどの引き落とし口座として使えないことと、最低預入金額が決まっていることです。

普通預金よりも制限が多いことから金利が高く設定されているのが魅力でしたが、近頃は普通預金との金利差は低くなっています。

流動性預金は、給料や生活費に使うお金の管理を行う、いざというときに必要なお金を貯めておくのに便利です。

貯蓄性の高い定期性預金

預け入れの期間が定められているが、流動性預金よりも利率が高くお金を増やすのに適した口座です。

定期預金
月や年で預け入れる期間を決めて、満期まで引き出せないのが定期預金です。固定金利で利子がつくので、利回りのよいものを選んで預け入れることが可能。

ただし、満期前に引き出してしまうと元本割れする商品もあるので、予備資金を預け入れるのが適しています。

また、定期預金にもさまざまな商品があるので、使用目的や時期などをよく考えて商品を選ぶようにしましょう。

ほかにも、定期積金、期日指定定期預金といった種類があります。また、ゆうちょ銀行の場合は、銀行などで預金という名称が付けられているものが貯金に変わるだけで、内容はほぼ同じです。

元本割れするかどうかがポイント|投資と預貯金の違い

お金を増やす方法には、株式や投資信託といった投資も含まれます。預貯金だけでお金を増やすのは限界があるので、もっとお金を増やしたいなら投資を検討してみるのも手段の一つです。ここでは、投資と預貯金の違いについて見ていきましょう。

元本保証と利回り!投資と預貯金の違い

投資と預貯金の違いは、元本保証と利回りです。金融機関にお金を預けると、一部の商品を除いて預けた金額を大きく下回ることはありません。

一方で、投資では投資に失敗した場合、全て自己責任となるため預けたお金を失うリスクがあるのです。

大きな利回りに期待!投資のメリット・デメリット

元本割れするリスクがあるとはいえ、投資を行うことで資産を大きく増やせる可能性があります。そこで、投資のメリット、デメリットについて理解しておきましょう。

投資のメリット
投資した金融商品で儲けることができれば、大きく利益を増やすことができます。

昔と違って、金融機関にお金を預けていても金利で得する時代ではなくなりました。

長期間に渡ってお金を預けていても、利息は微々たるもので、振込手数料などで消えてしまうかマイナスになってしまうことも少なくありません。

投資なら、金融機関のお金を預けるよりも、高い利益が得られるチャンスが広がります。

投資のデメリット
利回りが大きい分、失敗してしまった場合のリスクも大きいのがデメリットです。

場合によっては、投資した金額よりも大きく損することもあります。

初心者にもおすすめ!投資の主な種類

預貯金でお金を預けていても、なかなかお金を貯められないのが現状です。そこで、投資を始めて、資産を増やすことも検討してみましょう。投資を始める前に、投資の主な種類について理解しておくと役立ちます。

個人向け国債
銀行の預金よりも高い利率を期待するならおすすめ。リスクがほとんどないので、安全志向の方におすすめです。
個人向け社債
満期まで保有していると、決まった利息が受け取れる投資商品。個人向け国債よりも高いリターンが期待できます。
投資信託
国内外のさまざまな金融商品の中から、組み合わせて選択できます。しかも、プロに運用を任せられるので初心者向けの商品だと言えます。

ただし、手数料が高くつくことがあります。投資信託をiDeCoやつみたてNISAで利用すると、税制面で優遇措置を受けられてお得です。

iDeCo
毎月若しくは一年に一回拠出を行って、60歳以降に年金や一時金として受け取れる制度です。

税金の優遇措置が受けられるので、節税効果も期待できますよ。また、銀行口座と連携させることで普通預金の金利で優遇措置が受けられることがあります。

つみたてNISA
投資によって得られた利益が一定額非課税になる制度です。本来、投資で利益を得ても、所得税や住民税、復興特別所得税が課税されてしまい、手元に残るお金がその分少なくなります。

つみたてNISAなら、運用で得た利益をそのまま受け取れるのでお得です。

預貯金の違いと口座の種類を理解してお金を貯めるのに役立てよう

預金や貯金と普段何気なく使っているお金を貯める言葉には、大きな違いがあります。歴史的な背景から、預け先の違いによって使い分けられているのです。

預貯金の違いと主な口座の種類について理解を深めると、お金を貯める方法を考えるときに役立ちます。

さまざまな預貯金の口座を使い分けたり、投資を始めたりしてお金を増やすのに役立ててみましょう。

この記事をシェア

 
チャンスイット