懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

オール電化で電気代の節約に?導入前に知りたいメリットデメリット

更新

家中のエネルギーを電気でまかなうオール電化。暖房や給湯器を安く便利に使うことができ、光熱費の節約にもなるということで、多くの家庭が導入しています。

オール電化は次世代のエネルギーシステムというイメージもあり、ガスと電気を長年使ってきた人の中には興味がある人も多いでしょう。

節約になるとはいえ、光熱費が今と比べてどのくらい安くなるのか、そしてデメリットになる部分はないのか、気になる点がいろいろあると思います。

オール電化はメリットもデメリットも考慮したうえで、自宅に導入するかどうかを決める必要があります。

今回はオール電化の電気代と、メリットデメリットを説明します。節約しながら使う方法も紹介するので少しでも興味がある人は、ぜひ当記事をご覧ください。

オール電化の電気代はどのくらい?安いと言われる理由も!

それでは早速、気になるオール電化の電気代を解説していきましょう。現在の光熱費と比較しながらご覧ください。

また「オール電化は安い」と言われるのは、オール電化特有の仕組みが関係しています。その理由についても説明します。

オール電化の電気代は、だいたい1ヶ月1万円から

オール電化の電気代は、世帯人数によって変わります。おおよその金額の目安は、次の通りです。

  • 1人…10,000円
  • 2人…12,000円
  • 3人…14,000円
  • 4人以上…14,900円

基本的に人数が増えるほど金額が上がっていきますが、4人以上はあまり変わらないようです。

また、電気代は季節によっても変動し、一般的に夏より冬のほうが高くなる傾向にあります。

現在の電気代とガス代の合計がこの金額を上回るようなら、オール電化のほうがお得ということになります。

オール電化が安いと言われる理由は「夜間の使用」にあり

オール電化は、電気料金が安い夜間に翌日分の湯沸かしや蓄熱を行います。これが、オール電化は安いと言われる理由です。

ちなみに夜間の電気料金を安くするには、オール電化向けの電気プランに加入する必要があります。

一般の電気プランとオール電化向けプランで夜間の電気料金を比べると、次のようになります。

<夜間の電気料金の例>

  • 一般的な電気プラン…27円/1kWh(※24時間共通)
  • オール電化向けプラン…11円/1kWh

なんと、オール電化向けプランは一般的なプランの半額以下です。

逆に言うと、オール電化向けプランでなければ電気代は割高になってしまうことになるので、オール電化は専用の電気プランに必ず加入して使用しなければなりません。

なお、オール電化向けプランは夜間の電気料金が安い代わりに昼間の電気料金が高くなります。詳しくは後述します。

オール電化で生活はこんなに快適に!導入したくなるメリット

オール電化で電気代の節約ができる仕組みがわかりましたが、他にもオール電化のメリットはあります。

読んでいるだけで、快適な生活が思い浮かぶポイントを紹介します。

ガスを使わない

オール電化はその名の通り、給湯や暖房などガスを使う部分も全て電気でまかないます。そのためガス代は発生しません。

オール電化にすると、これまでのガス代が電気代に組み込まれます。毎月の支出がわかりやすくなり、節約を考えるのも楽になります。

また、ガスを使わないということは火を使わないことでもあります。

火事や事故の危険性が少なくなるので、お子様のいる家庭でも安心して調理や暖房の使用ができます。

暖房やお湯を安く使える

冬の時期は、暖房の使用で電気代が跳ね上がります。エアコンはただでさえ消費電力量が高いですし、ファンヒーターは電気代に加えて灯油代もかかります。

しかしオール電化なら、蓄熱暖房機を使って電気料金が安い夜間に熱を貯め、日中に放熱して使うので電気代をかなり抑えられます。

さらに蓄熱暖房機は自然放流という仕組みにより、室内全体を均一に暖めることができるので快適さもアップします。

エアコンやファンヒーターだと一部分しか暖まらないということがよくありますが、蓄熱暖房機はそのようなことはありません。

そして、暖房と同じように冬の時期に使用費が高くなりやすいのがお湯です。

お風呂など、他の季節よりも高い温度で使用することが多くなるので、こちらもガスや一般的な電気プランで使っていると節約が難しいです。

ですが、お湯も夜間に沸かしておいたものを使うことで電気代を安く抑えることができます。

冬に暖房やお湯の使用を控えるのはとてもつらいので、やむを得ず高い光熱費を払っていた人も多いと思いますが、オール電化にすれば簡単に節約ができてしまうのです。

電力会社によっては、季節ごとにも電気料金が変わるオール電化向けプランを設けていることもあります。

知っておかないと損する可能性も?オール電化のデメリット

先ほどオール電化のメリットばかりを挙げましたが、残念ながらデメリットがないわけではありません。

何も知らずにオール電化を導入しようとすると、逆に損をする可能性があります。

あとで後悔しないために、デメリットも知ったうえで導入するかどうかを決めましょう。

初期費用と設備購入・設置の手間がかかる

オール電化を導入するとなると、IH調理器や温水器(エコキュート)などさまざまな設備を揃える必要があります。

安くても30万円近く、そのうえ設置工事にも費用がかかります。

そういった初期費用の元が取れるまでには数年かかる家庭が多いようなので、本当に初期費用を払って導入するだけの価値があるかどうかを考えましょう。

なお、オール電化の温水器は屋外に置くようになりますが、これが結構な場所を取ります。

定期的にメンテナンスを行うことも考えて幅200cm、奥行100cmはスペースを確保しなければなりません。

オール電化を導入するには初期費用と温水器を置くスペースの確保・設置工事と、最初に手間がかかる部分が多いことを知っておきましょう。

昼間の電気プランが高い

オール電化向けの電気プランは、夜間が安いぶん昼間は高いのが特徴です。

夜間に作った熱とお湯で日中の生活に必要な分をまかなうことができればいいのですが、足りなくなったときが問題です。

1日の途中で熱やお湯が足りなくなった場合は追い焚きが必要になり、昼間の時間帯にそれを行うと電気代が高くついてしまいます。

たまにならやむを得ないこともあるかもしれませんが、もし頻繁に追い焚きを使っていると電気代が割高になり、夜に蓄熱や湯沸かしを行っている意味がなくなってしまいます。

オール電化の電気プランは、昼間はほとんど使用しないことを想定して設定されています。

オール電化は、電気プランに合わせて効率よく使うことが求められるシステムと言えるでしょう。

IH調理器で使える調理器具が限られる

オール電化の場合、ガスコンロが使えないのでIH調理器を使用することになりますが、IH調理器は使用できる調理器具が限られています。

〈IH調理器で使えないもの〉

  • 土鍋
  • アルミ・銅のやかんや鍋
  • 直火用焼き網
  • アルミ製容器(一人用のうどんや鍋料理が入っており、直接火にかけて調理する簡易容器)

IH調理器は磁力を利用して鍋やフライパンを加熱するので、磁力が効かない性質のものでは熱が通りません。

最近では土鍋でもIH対応のものや、IH非対応の土鍋でもIH調理器で使えるようになるグッズが販売されていますが、買い替えや使用に手間を加えないといけないのは不便です。

停電に弱い

ある意味、一番のデメリットかもしれません。オール電化の住宅が停電になると、電気が関わる全ての機能が使えなくなります。

唯一、温水器に沸かしたお湯が残っていればそれを使うことはできますが、新たに湯沸かしをしたり、IH調理器で食事の準備をしたり、生活に必要なことのほとんどはできなくなります。

仮にガスと電気を併用している住宅なら、停電してもガスの部分は使えることになります。

オール電化を導入する場合は、停電時の対策やライフハックを調べておき、いつでも実践できる状態にしておきましょう。

オール電化で電気代の節約を叶えるために!使うときのコツ

オール電化のメリットとデメリットをそれぞれ見ると、電気代を節約するなら仕組みを理解し、使い方に気をつけなければいけないことがわかります。

安いと言われるオール電化を、本当に安く使うためのコツを紹介します。

夜間に家事を済ませる

オール電化は主に暖房と温水に活用されますが、家の中で電気代がかかるのはそれだけではありません。

洗濯機や炊飯器など、家事に使われる電化製品にも別途電気代がかかります。

そこで電化製品を使う家事は、なるべく電気料金が安い時間帯に済ませるようにしましょう。

洗濯機や炊飯器はタイマーがついていますので、工夫して夜と朝の時間帯をうまく利用することをおすすめします。

電力会社によっては、夜間に加えて朝も電気料金を安くしたプランを設けていることもあります。

もし、現在契約している電気プランに納得がいかない場合、他の電力会社と比較して乗り換えるのもおすすめです。

追い焚きをしない

オール電化の追い焚き機能は、基本的に使わないのが電気代節約のコツです。

温水器のタンクごと温度を変えてお湯を作るので、どうしても電気代が高額になってしまうからです。

翌日の予定を確認し、たくさんお湯を使いそうな日は多めに沸かしておくなどして、追い焚きせずに済むようにしましょう。

また、お風呂のお湯は追い焚きではなく「高温足し湯」モードを使いましょう。それならタンクの温度が変わらずに済みます。

その他、自動沸き上げなどの機能を使わないときはオフにすると、より電気代の節約になります。

浴室乾燥機を使わない

浴室乾燥機はとても便利ですが、電気代はダントツで高いです。消費電力量が1000Wを超え、仮に3時間使用するとなんと100円前後の電気代がかかってしまいます。

これが毎日続いたら、浴室乾燥機だけで1ヶ月に3000円、年間では40000円近くも電気代がかかっていることになります。

浴室乾燥機も基本的に使わず、どうしても洗濯物を早く乾かさないといけないときなど、使う機会を絞ったほうがいいでしょう。

オール電化は電気代節約方法の1つ!導入するならうまく活用しよう

オール電化にはメリットとデメリットの両方がありますが、このシステムは良いか悪いかの問題ではなく、「各家庭に合うかどうか」が大切です。

家族構成やライフスタイルにより、どこに重点を置くかは違います。オール電化は電気代だけでなく、生活の利便性向上も大きなメリットです。

デメリットを上回るメリットが得られると思ったら、オール電化の導入を決めてもいいでしょう。

オール電化は、何も考えずに使うと電気代が高額になってしまう可能性があります。そうならないよう使い方のコツは必ずおさえておき、計画して生活に取り入れましょう。

オール電化を導入しても、ガス・電気の併用を続けても、どちらでも電気代の節約は可能です。それぞれのご家庭に一番合う方法で、これからも節約を続けてください。

この記事をシェア

 
チャンスイット